1. TOP
  2. 投稿小説
  3. ギルドの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード ギルド
R指定 R指定なし R15 R18
  • 31
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 51 24h.ポイント : 14
    俺はたくま。 趣味はシミュレーションゲームで武器屋を経営すること。 そのゲームがなんとVRに対応すると聞き、 さっそく遊んでみることにした。 馴染みのあるゲーム仲間とギルドを組んで遊んでいたが、 市長がとんでもないことを俺たちに告げる。 なんと俺たちは、近親相姦を続けたその村に 外部の血を混ぜるために呼ばれたという…。 メンバーがどんどん襲われていく中、 俺の手を掴んだのは居酒屋の店主を営んでいるおっさんだった。 …え?待って俺とじゃ子ども生まれませんよおっさんぎゃあああああ!!!
    文字数 16,495 最終更新日 2022.1.4 登録日 2021.9.7
    BL
  • 32
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 21 24h.ポイント : 7
    淫夢に悩むギルド職員の話
    文字数 5,514 最終更新日 2020.10.7 登録日 2020.10.7
  • 33
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 7
    光あるところに影あり。そして影によって光は強さを増す。 国の繁栄の裏側で暗躍する彼らは何を思い、何処へ向かうのか。 願いの果てに得るのは希望か、絶望か。 世界を股にかけて活動するある闇ギルドがあった。そのギルドの名は『ナイトダンス』。主人公のエルは恋人でギルドマスターの『黒』や仲間達と共に、今日も愉快にそして冷酷に刃を振るう。
    文字数 2,093 最終更新日 2020.8.14 登録日 2020.8.13
  • 34
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 7
    あまり頭のよろしくない獣人・アトラスはある日、冒険者ギルドで受けた依頼のため向かった森で、あるものを拾った。 ※メモ帳漁ってたら出てきた超短編です さも続くみたいにぶった切ってますが続きません
    文字数 1,371 最終更新日 2019.5.15 登録日 2019.5.15
  • 35
    ショートショート 連載中 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    『血統鑑定士の災難』で登場する、オネエ教皇の過去話。 その昔、まだ誰とも出会っていなかった頃、サマリティシア教を布教するべく、トゥマエレ司祭があちこち行脚する話。 ※本編のトゥマエレ教皇(オネエ)とは全く違います。 オネエ好きな方はご注意ください。全く居ません。 他人視点、本人視点、色々で思いついたら書いていこうと思います。 性愛の伝道師(笑)ですから、予告なしでR-18が展開されます。 きったない喘ぎ声、語尾に♡などが、出てきます。 本編と違い、直接的な表現で書いています。 抵抗が無い方のみどうぞ。 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 第一話 自分の性的指向が村の中では異常なんだと思い悩む青年が、サマリティシア教を知り、それを国教とする国へと旅立ったが、その矢先にサマリティシア教を布教するため旅をしているトゥマエレと出会う。 その出会いは青年にとって物凄く衝撃的で忘れられないものになる。そして、あれよあれよというままに、美味しく頂かれて・・・ 第二話 トゥマエレは、ルーカによって思い出された司祭がいた街へと向かった。その先に同郷の幼馴染みと出会う。 突然居なくなった幼馴染みのトゥマエレ。それが突然目の前に現れる。互いに動揺するも、自然と昔の様に戻っていく。 が、トゥマエレが妖しい雰囲気を出してきて・・・ 第三話 幼馴染との再会から月日は流れ、トゥマエレはまだ布教活動という趣味と実益をかねた旅を続けている。 傭兵ギルドへと賞金首を連れて行くと、酒に溺れた青年に絡まれる。トゥマエレは何かをその青年に言い残し受付へ・・・その後、傭兵ギルドに登録していない司祭が、ちょっとオイタをしていた子達におしおきをする話。 第四話 お仕置き終了後の傭兵ギルドの受付の家へと帰ったトゥマエレと、受付の青年のお話。 純粋に慕ってくれる青年に夜な夜な悪戯してたら・・・ (7月30日0時公開)
    文字数 77,116 最終更新日 2021.7.30 登録日 2021.7.16
  • 36
    短編 完結 R18
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 0
    大人気VRオンラインゲーム通称LBW(ラックブルーワールド)を友人慈恩(じお)から勧められた青鳥水(あおとりすい)は食費をケチった貯金でVRを買いに行く途中、怪我をした青い鳥を拾う。 一命を取り留めた青い鳥を慈恩のSNSで拡散してどうにか飼い主を突き止めたが横暴な態度で謝礼金すら支払われず残ったのは医療費の借金のみ。 ようやく三年かけて借金返済とLBWを購入した水(スイ)は可愛らしいモフモフライフに憧れテイマーを選択した。しかし全体のステータスが他の職種に比べ一番低く、餌代などお金がかかるいわば余裕がある人向けのサブ職で初心者のメイン職にしてはいけなかったのだ! 協力を仰ごうにも慈恩(ジオ)はトッププレイヤーとして降臨しており、近づいただけで他のギルドメンバーに邪険にされてしまう始末。 絶望的なスタートかと思いきや、幸せの青い鳥が目の前に現れて! モフモフテイマー目指して頑張ります! 過保護金持ち攻め×不運貧乏受け
    文字数 19,556 最終更新日 2021.10.1 登録日 2021.9.20
  • 37
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 34 24h.ポイント : 0
     鈴木庸平(すずき ようへい)は剣道場の息子。鈴木家はなぜか不思議な力を持って生まれる者が多く、普通に暮らせるように「凡庸」「平凡」を重ねて「庸平」と名付けられた。  結果は一族最強の特殊能力者。スカウトされて退魔師ギルドに登録し、国宝級の太刀を貸与される。 鈴木庸平(すずき ようへい) 175cm 65kg  剣道場の息子。 冴(さえ) 80cm 0.8kg/185cm 80kg  太刀の付喪神(つくもがみ)。 深雪(みゆき) 100cm 25kg/170cm 55kg  白い毛の人狼。
    文字数 18,568 最終更新日 2022.1.31 登録日 2021.2.26
  • 38
    短編 完結 R18
    お気に入り : 22 24h.ポイント : 0
    ツイッターで作ってもらったあらすじ 『俺が好きと言ったものを用意してくる恋人。 それはいいんだが、持ってくるもの全部ズレてる。 俺が好きなのはロリータ、お前のそれはローター。 俺が好きなのはギルド物小説、お前のそれはディルド物小説。 なんで全部性具なんだよッ!』 を元に書いたお話です ツイッターなどでこういうの貰えたら書けそうな分は書きたいので良かったらおねしゃす! ※♡喘ぎ・濁点喘ぎ・淫語・モロ語などの要素がいつもより強いです(試験的) ※他サイトにも投稿しています ※ご意見ご感想お待ちしてます
    文字数 7,602 最終更新日 2020.9.6 登録日 2020.9.6
  • 39
    ショートショート 連載中 なし
    お気に入り : 23 24h.ポイント : 0
    未開の地がある大陸の最果ての冒険者ギルド。 治療士のエルレグは面倒見のいい性質で、仲間たちから信頼されていた。パーティメンバーとして編成されることも多く、今は剣士のザクをリーダーとするバラエティに富んだパーティに身を寄せていた。 しかし、エルレグは冒険の途中で仲間の狩人テックに襲われる。年下で人付き合いの苦手なテックは、お節介焼きのエルレグに好意を抱いて自分の想いを遂げようとしたのだ。 精神的なショックを受けて、一旦パーティを抜けて休養することになったエルレグ。帰還した彼をギルドのある街で待っていたのは、パーティのサブメンバー、銃士のサイードだった。 ※ファンタジー風味ですが設定も描写も薄いです。 ※タイトル変更有 ※2章目は番外編の位置づけですので短いです。 ※3章以降はまったり・不定期更新になります。
    文字数 14,918 最終更新日 2020.11.1 登録日 2020.9.6
  • 40
    短編 完結 R18
    お気に入り : 44 24h.ポイント : 0
    落ちこぼれの俺は、せめてゲームの中だけでもクラスメイトに必要とされたくて親の金で課金しまくった。 課金総金額は100万円を超え親に怒られ、未成年だからとどうにか請求を取り消してもらったがアプリゲーム❮ワンダーギルド❯から永久追放された。 クラスメイトからは相手にされなくなり孤独に成人を迎えた。 「成人したなら、あの時未成年だからって理由でキャラにしてやった金額を働いて支払え」とアプリゲームのギルドマスターがやって来て、ゲームの世界へと連れていかれてしまう。 待ってここってゲームの世界だよな? 何で俺NPC になってんの? ギルド職員の職務をこなす日々が始まる。
    文字数 29,427 最終更新日 2021.1.10 登録日 2020.12.20
  • 41
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 109 24h.ポイント : 0
    「女顔だから」と言う理由でいじめられていた、セイ。ある日、ひょんな事から女のいないファンタジーな異世界へ転移する。 異世界で新規一転頑張るぞ!と意気込んだものの、何故か一緒に神様がついてきてしまった!?? 「なんで神様もついてきてるんです!?」 「1人だと心細いだろう?」 なんやかんや言いくるめられ、セイは神様に溺愛されながら異世界を生きていく事に。 さらには、ギルドマスターや王子からも言い寄られて……!?? 素人なので暖かい目で見て下さい。 エロ入ってきます、苦手な方は逃げてください。 多めに入る所は☆をつけます! 書き終ったら投稿、って形なので投稿頻度はばらつきがあります。
    文字数 15,514 最終更新日 2019.12.29 登録日 2019.10.15
  • 42
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    人間ではない種族や異能力がある世界 とある異能力者が設立したギルドに所属する異能力者たち 永久の時間に絶望した者 他人を信じようとした者 寂しさに心を壊した者 行き過ぎた愛に狂った者 ただ全てを受け入れる者 自由が故に苦しむ者 守りきれない無力さに嘆く者 何も分からない者 彼等が藻掻く先は ハッピーエンドか バットエンドか
    文字数 3,348 最終更新日 2019.2.25 登録日 2019.2.25
  • 43
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 96 24h.ポイント : 0
    イスティアの番外編的な、同じ世界の別の主人公の物語です。 舞台は同じ王国。 「疲れた」とある日、唐突に思った若きSランク冒険者のリドネルは、思い立ったが吉日、と冒険者を辞めることにした。 田舎に帰ることも憚られ、どうするかと迷っていると、そう言えば東には行ったことが無かったと思い出す。 王国の地図を見て、東の都市、アドラギと言う名を見つけた。 リドネルはその街に心惹かれ、王都冒険者ギルドを退職したのち、東の地で無理せずゆったり生きることを決意した。
    文字数 32,413 最終更新日 2019.9.29 登録日 2018.10.11