1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 不思議の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 不思議
R指定 R指定なし R15 R18
  • 211
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 26 24h.ポイント : 0
    竜と水面に光る街 エドことエドヴァルド・アウストレームは竜が見える。 それは何かの比喩ではなく――例えば学校帰りの道のど真ん中であったり、何気なく足を伸ばした山の頂だったり、ふと見上げた空であったり――そんな日常の中に、彼らは文字通り、ふいに彼の前に姿を現わすのだ。 **** 日常を離れたい一心で、オーストラリアのブリズベンを訪れた礼一は、不思議なイルカに懐かれたがためにファンタジックなひと騒動へと巻き込まれていく。 ただ静かに暮らしたいという思いとは裏腹に。 主人公は日本人男性です。
    文字数 74,318 最終更新日 2019.5.28 登録日 2019.5.6
  • 212
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 39 24h.ポイント : 0
    双子庶務の弟、真菜斗は兄である香菜斗の真似をして生きていた。 たが不思議な転校生が現れ香菜斗や幼馴染み達が変わって行く。 絶望した真菜斗はーーー。
    文字数 7,647 最終更新日 2021.1.25 登録日 2019.3.17
  • 213
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 69 24h.ポイント : 0
     高校二年生になった有馬(ありま)は、夢の中で、若い男性と出会う。  別れ間際に『明日、迎えをよこす』と言って消えてしまう。  その日の朝、通学中に白い兎が目の前を過ぎり、追うことに。  そして、不思議の国に迷い込み、住人たちと色んな『愛の形』を有馬に注がれ、そのたった一人を選ぶ物語り。(過激かも?)
    文字数 67,678 最終更新日 2019.2.28 登録日 2019.2.13
  • 214
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    二つ目の夜空 何年も片想いしていた人にふられ、気が弱くなった青年が初恋に対して罪悪感がありながらも不思議な男性に出逢い、徐々に心を開いていく話です
    文字数 16,985 最終更新日 2019.2.20 登録日 2019.2.13
  • 215
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    マーク ※この小説には不適切な発言、または表現が描写されています。 この小説には主人公が2人存在してる それぞれが別の道を歩むはずで お互い相手を意識した事もなかったし 正直、関わりたくなかった 高校生活を送る2人の人間関係と 考え方の違いや、それらに対する認識の違い 徐々に芽生えるお互いを思う気持ちが 初々しく、時に荒々しくなる なんて言う、真逆のようで似ている2人の ちょっと変な愛の形 という感じのBL小説でございます(^∇^)💦
    文字数 9,414 最終更新日 2019.7.25 登録日 2018.12.21
  • 216
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    ○○番目の子羊棺 ふー、ふー。 焦ったように息を吐く。 ああ、ここは何処だろう。俺は何だろう… 「おはようございます、○番目の子羊」 おはようございます、何て言ったか聞こえません メーデーメーデー 「ここは棺の中ですよ」 「あなたはもう死んだんです。未練がましくも魂残しているけれど、死んだんですよ?死んでるんです。」 えーあーえーあー。解りません わかりたくないなぁ 「わかってくれて嬉しいです。ではではおさらばしましょう。身体からおさらばしましょう。ね?」 ふー、ふー ふー、ふー… あ、ああそうか。 嘘だ嘘だ。 こいつは嘘つきだ。 死んでないじゃん、今死んだんじゃん 「そうでしたっけ?○番目」 名前で呼んでよ○番目 「あなたが呼んでよ○番目」 「「どうせならお前も一緒にどうだい」」 ここには何人存在したかな ◇◆◇◆◇ 以上がこの物語を書くことに決めた一番初めの文である。適当に書きましたすみません… 今まで適当にあちこち(つっても二ヶ所)で書いていた不思議なお話、というヤツにストーリー性と一貫性を加えたものなんです、これ。 元になったネタ(?)も載せていますので、気になる方は読んでください。すみません… ファンタジー風…なのかな、これ?
    文字数 8,951 最終更新日 2019.9.4 登録日 2018.7.7
  • 217
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    爽やか好青年×不思議系男子 愛を知らない人が愛を知る。 人生に価値を見いだせないはずなのに、なぜ生きようとするの? 誰か...答えを教えて...? 人になるために2人で生きる。 そして、惹かれ合う。 君はいつも僕の隣にいてくれるよね。 助けてくれる。 ねぇ...依存してもいいですか? ※初投稿作品です!!
    文字数 1,064 最終更新日 2018.6.8 登録日 2018.6.7
  • 218
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 0
    大地統べる者 鷹栖瑠夏は母を亡くし、富豪の父に引き取られた。無関心な周りに孤独を深めていたある日、不思議な本を見つけ異世界に引き込まれる。 救世の神子だと聞かされていたのに、皇帝にとり入る悪の神父ベドジフにとらわれ意のままにされる日々。 だがそこに皇帝の従兄弟だという若き大公爵があらわれて…
    文字数 47,195 最終更新日 2018.4.27 登録日 2018.4.9
  • 219
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 51 24h.ポイント : 0
    【R18】イケメン保育士×平凡大学生 保育士を目指して実習へやって来た麻生大夢(あそう ひろむ)は、そこで同僚や保護者、子どもたちからも人気の保育士・月森彌(つきもり わたる)に出会う。 そんな彌に憧れを抱いた大夢だったが、彼の本性を知ってしまう。 そんな大夢に、彌は…。 大夢は保育所実習を無事に終えることが出来るのか? ◆彌の登場まで少し時間かかります。ちょっぴりウズウズすると思いますが、どうぞお楽しみに~♪ ★超絶亀の子更新。気まぐれ更新。 随時、加筆修正を行います。通知がご迷惑をおかけしますが、ご了承下さい。 ★他にも連載中~☆ どの小説も気分が乗ったら執筆する形なので、中途半端ですみません(>_<) 宜しくお願い致します♪ ■【コメントについて】2019.8/19 いつも優しいコメントやキャラへの愛あるたくさんのコメントありがとうございます(*´∀`) ※以下の内容にはお返事致しませんので、ご了承ください。 ■誤字脱字報告について お知らせくださり、ありがとうございます。 ただ修正するのは手間と時間が掛かるので、私が出来る時に行う様にさせて頂きます。 申し訳ありませんが、脳内で変換してお読みください。 ■フィクションです。現実の個人、団体など無関係です。犯罪を推奨するものではありません。 ■ご都合主義の創作物です。実際とは色々と異なります。あり得ないこともBLファンタジーとして全て受け流してください。 ■作者やキャラ、他の読者さまへの誹謗中傷はお止め下さい。 また物語へのクレームや執筆についての否定的な指摘もご遠慮ください。 ★自分に合わない、我慢出来ないと感じた時点で静かにページを閉じてください。お願い致します。
    文字数 26,295 最終更新日 2019.9.24 登録日 2018.3.18
  • 220
    短編 完結 R18
    お気に入り : 22 24h.ポイント : 0
    淫花《いんか》 不思議な男が見せてくれたのは鞄の中の少年ではなく。 「貴方、花はどうして咲くと思います?」 * 表紙・310さん https://www.pixiv.net/member.php?id=18743418 表紙についてのブログ ETOCORIA https://etocoria.blogspot.jp/2017/09/310.html * 他サイトにも掲載。
    文字数 6,973 最終更新日 2018.3.2 登録日 2018.3.2
  • 221
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    ウォーレン・カメロ・パトリツィアは半純血のヴァンパイアの青年。 ある晩、血を得ようと街に繰り出すも罠に嵌り返り討ちに遭ってしまった。負傷しながらも、なんとか森まで逃げ込むが、そこで意識が途切れてしまった。次に目を覚ました場所は、見慣れない部屋のベットの上だった。傷も綺麗に手当てされ不思議に思っていると、外から歌声が聞こえて来た。 声を辿って行くと一人の青年が夜空に向かって歌っていた。 青年は透き通った綺麗な声だけではなく、ウォーレンが思わず息を呑み込んむ程の美貌の持ち主で名をアドルフ・アニータと言った。傷が癒えた後もウォーレンはアドルフの元を何度か訪れ、居座るようになった。 それからウォーレンはエディの抱える闇と知識に魅了されていく。
    文字数 131,660 最終更新日 2019.6.22 登録日 2018.2.12
  • 222
    長編 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    種とゾンビ ゾンビみたい男とそれを道で拾った不思議な男のお話。 (本物のゾンビは出てきません) 他サイトにも掲載しています。
    文字数 37,392 最終更新日 2018.1.12 登録日 2018.1.12
  • 223
    短編 完結 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    整体院で事務として働いている橘紗輝♂はいとこのセンセ♂が大好き。 友達以上恋人未満な二人には不思議で些細な事件がいつも起こって?! なにも起きない系ミステリー。 続編です。
    文字数 13,972 最終更新日 2018.10.11 登録日 2017.12.12
  • 224
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    精霊さんの備忘録 瀬戸 昌(せとあきら)は偶然不思議な石を手に入れ異世界転移してしまう。 訳も分からず途方に暮れていたところ精霊に魔法を魅せられ弟子入りするお話。 ここから山越え谷越えの物語が始まる。 初めて書く小説です。生暖かく完結まで見守って頂ければ幸いです。
    文字数 10,934 最終更新日 2019.6.19 登録日 2017.6.23
  • 225
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    眠れる隣の山田くん ここ、田舎の北海道の私立全寮男子校に転入生してきたのは、男子にしては低めの身長、長い睫毛、透き通るような色白の肌、黒目がちな瞳、シャープな輪郭、まさに美少年な山田彩兎(やまだ あやと)だった。 彼と隣の席になった吉原 壱輝(よしはら いつき)は、何故か彼に気に入られて寮では同室になることに…。 男に興味のなかった壱輝だが、一緒にいるうちに不思議な彩兎が少しずつ気になり始めて… ちょいちょい修正入ります 投稿時間も日時もバラバラです あと文章量もバラバラです ついでに言うと初投稿です それでもいいよって方はどうぞ暖かい目で見てくださいm(_ _)m
    文字数 32,510 最終更新日 2019.2.4 登録日 2017.5.13
  • 226
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    学生時代同性と付き合っていた主人公、卒業式の日に今まで付き合っていたのは罰ゲームだと告げられる。 主人公は心に傷を負い、恋愛ができなくなった。 そんな日から10年、今まで不思議なほど一度もなかった同窓会が開かれる。そこで主人公は自分をフッた彼に会う。 心がまた傷をえぐり返す主人公、それとは裏腹に10年前に消え去った2人の心が、繋がり始める。
    文字数 968 最終更新日 2017.3.25 登録日 2017.3.25
  • 227
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    頭ん中 高校生になった陸は性格が最悪だった。何にも興味がなかった。そんなときニートの晃樹に出会い、不思議な関係がはじまる。
    文字数 620 最終更新日 2017.3.14 登録日 2017.3.14
  • 228
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 20 24h.ポイント : 0
    時刻探偵事務所へようこそ! 友人が消えた―――― この事件をきっかけに忠行はある探偵事務所へ迷い込む。 不思議だけれどほんのり切ない、 過去と今が交錯するオカルトファンタジー BL/微GL/微ファンタジー/オカルト/スト重視/探偵/推理/祓魔/平凡/
    文字数 205,122 最終更新日 2017.1.25 登録日 2016.11.19
  • 229
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 35 24h.ポイント : 0
    悪魔の力を持つ人間と妖怪の力を持つ俺 20××年の世界では…数年に一度不思議な力を持った子供が一人生まれる事があった。だが、ある日その数年に一度一人の子供が生まれるはずが、同じ時間、同じ日に子供が違う所で同時に子供が生まれた。ある所で生まれた子供には「悪魔の力」残りの一つには「妖怪の力」を持った人間が生まれた。 それから、約16年がたったある日。其々の力を持った子供達が初めてお互いと対面するそれから彼等は…色々な事件に巻き込まれる 続く物を書くので是非見てください
    文字数 60,168 最終更新日 2018.2.13 登録日 2016.4.24
  • 230
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 25 24h.ポイント : 0
    BL赤ずきんちゃん 童話の「赤ずきんちゃん」をもとにしたボーイズラブ小説。短編ラブコメディ。主人公の赤津錦ちゃんは可愛い高校生。同級生の尾羽亜三君のことが、ひそかに好き。風邪で休んだ尾羽君に赤津君はプリントを届けることになった。担任の丘先生は「寄り道をするな」と注意したが、上級生の大上さんに声をかけられ、赤津君は花屋に寄ってしまう。赤津君が尾羽君の部屋に入ると、尾羽君は布団をかぶっていた。赤津君が不思議に思い質問するうちに、尾羽君のベッドに引きこまれてしまう! 危機一髪のところで尾羽君のお兄さんの涼士さんがあらわれ、大上さんをやっつける。赤津君は尾羽君にプリントと花束を渡すことができた。果たして赤津君の気持ちは届くのか? 表紙絵:ちは様 @ru59_hachi
    文字数 426 最終更新日 2016.3.16 登録日 2016.3.16