1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 双子の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 双子
R指定 R指定なし R15 R18
  • 151
    長編 完結 R18
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 7
    男のからだ男のにおい 海帆(みほ)は18才の音大生でピアノを専攻。彼の右手には大きな傷あとがありピアノを弾く時、時々音が飛んでしまう。彼の手の傷は治っていて、それは心の問題だと言われ、カウンセリングを受けている。実は手の傷がどうしてできたのか、海帆自身が意識の中に封印してしまったため記憶にない。海帆は顔も名前も女みたい、と言われ男性には人気がなくて、女性にもてているが彼は女性に全く興味がない。バイオリストの龍聖(りゅうせい)に、女みたいと言われて振られて泣いている時に、星五(せいご)という逞しいジム経営者と出会い結ばれるが、海帆が手の傷によるトラウマのため人生に消極的になり、他の人に彼を譲る形で二人は別れてしまう。海帆は星五に鍛えてもらい、4カ月後立派な男の身体を手に入れる。海帆はファッションモデルの頼潔(よりきよ)と出会うが彼に、「女とはヤれない。」と拒否されてしまう。しかし海帆が服を脱ぐと頼潔は彼の男らしい身体に驚いて、海帆とベッドを共にするのだった。頼潔と同じモデルエージェンシーに入った海帆は、男らしい身体と中性的な魅力を兼ね備えた、ユニークなモデルとして話題になる。ドイツの有名なピアノメーカーのモデルに選ばれるが、その時海帆の右手の傷のため、「悲劇のピアニスト」がキャッチコピーになり、その傷がどうしてできたのか、マスコミの好奇の目にさらされることに。思いやりのないマスコミに追われる海帆は、次第にパニックに陥るようになる。そして手から血を流している過去の自分自身の幻覚を見るようになり、ストレスで14才に退行してしまう。星五は海帆を助けようと、海帆の双子の妹、花帆(かほ)に電話をかける。14才の時、海帆は学校で女っぽい外見と、ピアノを弾けるため女生徒にもてることが原因で、酷い虐めを受けていた。海帆は自分を憎むことでなんとか精神のバランスを保とうとした。ピアノコンクールで全国大会へ出場する直前、悲劇は起こった。自分を憎むあまり、自殺するよりもっと酷いことを自分にすべく、彼は自分で自分の手を傷付ける。 14才に退行した海帆は全てを思い出し、やっとピアノがちゃんと弾けるようになり、星五と再び結ばれる。
    文字数 49,151 最終更新日 2017.12.22 登録日 2017.12.22
  • 152
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 423 24h.ポイント : 7
    【BL】クレッシェンド ※2021.10.25より修正再開中です。途中、話の辻褄が合わない場合がありますが、パッションでお読み頂ければと思います。 「や、やめろっ」 「……もう逃がさないよ?」 なぜ? どうしてこうなった? 俺たちの関係は一夜にして変わるーー。 この物語は双子のお話しになります。 近親相姦やエロが苦手な方は回れ右……左?をお願いします。シチュエーションやプレイの案があれば、ぜひぜひ下さいませ。 ※途中シリアス予定ですがハピエンです。気長にお付き合い下さい。
    文字数 96,635 最終更新日 2021.10.30 登録日 2017.8.5
  • 153
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 49 24h.ポイント : 7
    白樫学園記  お金持ちばかりが通う、全寮制男子高校を舞台に繰り広げられる どきどき、胸きゅんの長編青春ラブストーリーです。  右も左もわからない庶民の可愛い双子が突然超金持ち全寮制学園に入学! 山田兄弟のどきどきハラハラ1年間。  この小説は山田兄弟、希&歩の各視点からお楽しみいただけます。 性的表現のあるページには★マークが付いています。 nanoは蜜とらむによる創作ユニットです。
    文字数 361,976 最終更新日 2019.4.30 登録日 2017.1.31
  • 154
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    幽霊が見える双子は、自分の身を守るため自己流で幽霊を除霊していく。 ※2012~2014年に小説投稿サイトで投稿した物を、再アップしております。 投稿終了後に、再編集する可能性がございます。
    文字数 2,041 最終更新日 2022.6.18 登録日 2022.6.17
  • 155
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    【双つの足跡】 二卵性双生児の高校生、園宮初芽と園宮二葉。 実の兄弟でありながら当然のように関係を持つ二人と、異常さを理解しつつ双子に想いを寄せる友人・芦崎颯真。 おかしな友人達に頭を抱える苦労人・橘和樹。 高校生らしく遊んだりエロい事したり、心中したがったりする彼らのお馬鹿な日常話です。
    文字数 6,585 最終更新日 2022.6.6 登録日 2022.6.5
  • 156
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    テレパシー いつも同じふたり 「妄想」からの始まり、いつも同じふたりは「歳の離れた双子」。革靴売り場での出会い。ホワイトデーも一緒に…そしてシリーズ第三弾「テレパシー」いつも同じふたりに事件が… 突然、僕に送られてきたメッセージは、「助けて…」という、田村君の声だった…。にわかに信じがたい、空耳に、戸惑う僕。 僕の身体をはった勝負の行方は…(^^)
    文字数 9,340 最終更新日 2022.6.6 登録日 2022.6.5
  • 157
    短編 完結 R18
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 0
    2人の執事と1人のご主人様が、ひたすらイチャイチャしているだけの話です 「双子のイケメン執事達と身も心も繋がりました」のその後ですが、これだけでも楽しく読めます! 双子のイケメン執事の篤と悟には、ある不満があった。それは、主の勇人が呼び捨てしてくれない事。 双子は、なんとか呼び捨てしてもらおうと、風呂場でエッチに勇人を追い詰める。
    文字数 2,387 最終更新日 2022.5.7 登録日 2022.5.7
  • 158
    短編 完結 R15
    お気に入り : 29 24h.ポイント : 0
    新しいご主人様である勇人に夢中のイケメン双子の篤と悟。とにかく勇人を甘やかす2人の話です。 後半、篤が勇人の親指を舐めるシーンは、ちょっと色っぽいです。 「双子のイケメン執事から告白されてキスされました」の、イケメン双子と庶民出身の坊っちゃんの話です。
    文字数 2,467 最終更新日 2022.4.25 登録日 2022.4.25
  • 159
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 1,905 最終更新日 2022.4.24 登録日 2022.4.24
  • 160
    ショートショート 完結 R15
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    俺はサガリ。 来月から新入社員になる、ギリ大学生だ。 ある日、双子の妹のマリヤに言われた。 俺の親友でもあるイチと同棲する部屋の内見に代わりに行ってくれと。 その待ち合わせからの、もろもろ。 ☆R18若干匂わせ 全3話、完結しました。
    文字数 4,423 最終更新日 2022.3.19 登録日 2022.3.17
  • 161
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    双子の弟に身長がとどかない‼︎ 十六歳の兄弟、虹間紀利兎と虹間亜紀兎は、双子にも関わらず、あまりにもかけ離れた見た目をしていた。兄の紀利兎は、男子中学生にも関わらず身長が150cm弱で、女の子のような見た目だ。それに比べて弟の亜紀兎は、身長180cm以上と高身長で、男らしい見た目。しかし性格は、全くの真逆で、紀利兎は気が強く、しっかり者。亜紀兎は心優しく、どこか抜けている。そんな二人は、性格や見た目の真逆さから、大きくなるにつれて疎遠がちになっていた。特に紀利兎は亜紀兎に嫌悪感を抱いており、キツく当たる。しかしある出来事を通して、その嫌悪感はどうしようもない「好き」という気持ちから来ていることに気づく。凸凹な二人の、恋の行方は……?
    文字数 11,971 最終更新日 2022.3.18 登録日 2022.3.11
  • 162
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    双対性理論 双子の兄弟。 同じ見た目で違う中身。 弟×兄 こういう概念が好きです、という筆者の癖です。 かなり昔に書いていたものなので、いつかきちんと内容を加筆しつつ文体を整えたいなと思っています。 ■味気はなくともR18です。 閲覧するにあたり、年齢制限をお守り下さい。
    文字数 4,090 最終更新日 2022.2.21 登録日 2022.2.21
  • 163
    短編 完結 なし
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    真っ白な世界にいた。何でも手に入る世界。何も不自由ない世界に双子が来た。
    文字数 2,317 最終更新日 2022.2.11 登録日 2022.2.11
  • 164
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    双子の片割れに恋人が出来た 俺もアイツも気づかないうちに。 ──でも、知りたくなかった。片割れに恋人ができてほっとしている自分を ダラダラ投稿です。長い目で見てください。投稿されてたらラッキー、くらいで オリジナルは処女作です!温かい目で見てください。
    文字数 1,631 最終更新日 2022.1.30 登録日 2022.1.23
  • 165
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    皇帝様、君への借りを返さなければならないみたいだ。 私の名は、アレン・リヴァート かの有名な帝国 トレイドの第3皇子として 生まれた。 だがあの事件以降兄さんと離ればなれで暮らすことに。 再会した双子の恋愛について よかったら見ていってくれませんか? なんて、 あいつらの恋路を1番応援していない 俺が説明することではないな… ??「…アレン、世界一愛してる」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    文字数 9,745 最終更新日 2022.1.16 登録日 2022.1.14
  • 166
    長編 完結 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    自分のことを好きだという真人と暮らす司。 朝は勝手に布団に入ってきたり、キスしてきたりと翻弄される。 だが、あることから司は過去を思い出す。 そして、身も心もすべて結ばれた。 「愛される意味」のその後です。 真人と司が初めて結ばれる初々しさが伝わればいいのですが。
    文字数 6,752 最終更新日 2022.1.6 登録日 2022.1.6
  • 167
    短編 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    恋人として初めての朝を迎えた葵と啓介。だが、葵は双子の弟である司への罪悪感から、啓介から離れようとするが。 幼馴染みの2人が恋人へとなる瞬間を書いています。 「練習台でよかったはずなのに」と「今更気がつく君への気持ち」の続きとなります。 もちろん、この2つを読んでなくても十分楽しめます。
    文字数 1,074 最終更新日 2022.1.4 登録日 2022.1.4
  • 168
    短編 完結 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    恋人である司と、なかなか身体を重ねられない啓介。司の兄である葵が見かねて、練習台として身体を差し出す。葵と関係を持ってからというもの、啓介は葵が気になって仕方がなかった。 そして、自分の気持ちに気がついてしまう。 「練習台でいいから」、「練習台でよかったはずなのに」の続きになります。
    文字数 2,216 最終更新日 2022.1.3 登録日 2022.1.3
  • 169
    短編 完結 R18
    お気に入り : 27 24h.ポイント : 0
    練習台として、好きな男に抱かれた葵。1度だけと思ったのに、なぜかもう1回抱かせてくれと言われて心が揺れる。 不器用な幼馴染み同士の恋です。
    文字数 2,854 最終更新日 2022.1.2 登録日 2022.1.2
  • 170
    長編 完結 R18
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 0
    佐々木葵は、双子の弟である藤堂啓介に恋をしていた。司とのセックスに不安を抱く啓介に、葵は自分を練習台にすればいいと誘う。
    文字数 3,366 最終更新日 2022.1.1 登録日 2022.1.1
  • 171
    長編 完結 R18
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 0
    愛する人の恋人を死なせた。俺とは双子の兄弟だった。 俺が殺したようなものだ。 酷い男だ。 愛されているのをいいことに、言葉と仕草で好き勝手に振り回して。 そのくせ自分は、真実、愛して無いから平気で心に傷をつける真似が出来る。
    文字数 86,137 最終更新日 2021.10.30 登録日 2021.10.27
  • 172
    長編 完結 R18
    お気に入り : 21 24h.ポイント : 0
    【BL】初春や 桜吹雪の 十三夜 俺と契りて 妻になれっ! ※R18※ご神託で国を動かす神子様の、日々の『お勤め』とは…。一般リーマン×神子様!  僕の名前は、四つあった。  家人(けにん)は僕の事を『よび様』と呼ぶ。  でもお勤めの最初には『皇城充樹(すめらぎみつき)』と名乗る。  参拝者様は僕を『神子様(みこさま)』と呼ぶ。  父である先代だけが、僕の事を『珠樹(たまき)』と呼んだ。  物心ついた時にはすでにそうだったから、僕にはそれが当たり前だった。  僕にしか出来ない神聖な『お勤め』をこなし、ご神託を占い、四角い木の格子のある部屋で僕は俗世の穢れから『守られて』いた。  生まれて二十年間、変わらなかった世界は、だけど二十歳の誕生日に一変した。  政臣(まさおみ)さんという男性と娶せられる事になり、秘密の多い関係が始まった。  初めて屋敷の外に出て、初めて自動車に乗って、初めて動物園でぱんだの赤ちゃんを見て。  政臣さんの涼しげな奥二重が僕に微笑むのを見ると、何だか足元がふわふわする。  それは確かに、新聞連載の物語で読んだ事のある、『初恋』という心地のような気がするのだった。
    文字数 74,199 最終更新日 2021.10.31 登録日 2021.10.2
  • 173
    短編 完結 なし
    お気に入り : 61 24h.ポイント : 0
    天使と悪魔の双子を拾ったお兄さんは、保護者として大事に育てることに致しました!
    文字数 11,196 最終更新日 2021.10.13 登録日 2021.9.25
  • 174
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 0
    僕は双子の兄に育てられた。 幼稚園からの腐れ縁の幼馴染みの大地は気がつけば僕の隣を陣取っている。 それが当たり前になっていた。 二人は兄×僕、時々、幼馴染み。
    文字数 5,788 最終更新日 2021.9.22 登録日 2021.9.20
  • 175
    短編 完結 R18
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 0
    La Roue de Fortune〜秘蜜の味〜 アルファが支配する世界──本当に……? 眉目秀麗な双子のオメガに隠された秘密とは…… ※当作品は他サイトさまでも掲載しております。
    文字数 41,390 最終更新日 2021.10.2 登録日 2021.10.2
  • 176
    ショートショート 連載中 R15
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 0
    二人は、仲のいい双子だった。いつも一緒に居て、大学まで同じ大学に通っている。 二卵性の双子である二人は、性格や趣味、顔なども全く違う。 そんな二人は、密かに思い続けている事があった……
    文字数 13,627 最終更新日 2022.1.21 登録日 2021.8.27
  • 177
    短編 完結 R18
    お気に入り : 30 24h.ポイント : 0
    高校生の増本勇樹の心配は、おっとりしている双子の兄の椿だった。ある日、教師の平田にレイプされそうになっている椿の姿を見かけた勇樹は椿を救出。帰宅し、バスルームに直行した勇樹は、何をされたのかを聞きながら、椿にエッチな拷問を続けた。やがて、我慢できずに椿を犯す勇樹。
    文字数 1,703 最終更新日 2021.7.27 登録日 2021.7.27
  • 178
    長編 完結 R18
    お気に入り : 29 24h.ポイント : 0
    天使は甘いキスが好き 記憶喪失になった恵を、龍之介の親戚だという崎山が誘拐した。龍之介は恵の父親、太一と恵の救出へ向かうが。 女王様気質のツンデレな鈴の恋が、平方に届いた。 一方、龍之介と別荘へ訪れた恵に、魔の手が迫る。 高校受験を控えたある日、母かおるが双子を妊娠して早期入院する中、家事手伝いをする恵は、父太一の浮気発覚に嫌悪し距離を置いてしまう。そこへ図書館で出逢った龍之介に、禁断の恋心を抱く。 恵を取り巻く環境の中、龍之介との仲を裂こうと元彼女が現われて?
    文字数 148,465 最終更新日 2021.8.8 登録日 2021.7.17
  • 179
    短編 連載中 R15
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    学園退屈しのぎ 健全ですが下ネタ連発なのでR指定を設けました。 「俺は除夜の鐘108つでは足りない……308はないと足りないと呼ばれている男!」 そいつは煩悩の塊で有名な、クラス1いや、学園1騒がしい男! ルックスハンサム、内面欲望の塊、ちょっと大変な家生まれの彼には、実は結構深刻な秘密があって。 ドタバタ学園ラブコメディアクション、性描写無し健全BL。 登場キャラ紹介 剱崎 惇まこと 剱崎家の三男。自分にだけ辛くあたる長兄に認めてもらいたい。これでも剱崎家では一番ドノーマルな性格。 中谷  剱崎の溺愛する片思いの相手。 剱崎 櫂矢かいや 剱崎家の長男。学園を力とカリスマ性によって支配している。 高校三年生。 剱崎 柴生しのう 剱崎家の次男。櫂矢の双子の弟。常に無感情で櫂矢とは違う意味で怖くて危険な人物。 剱崎 浮貴矢うきや  剱崎家の四男。女装娘。惇とは違い、剱崎家では甘やかされている。兄二人とは違った意味でやべーやつ。
    文字数 5,642 最終更新日 2021.9.25 登録日 2021.7.4
  • 180
    短編 完結 なし
    お気に入り : 50 24h.ポイント : 0
    明くる朝、名前を呼んでくれたら オレには恋人である幼馴染みと、大人しい双子の兄がいる。兄が大切で、幼馴染みよりも優先すべきなのは兄のはずだった。 ------------------- 双子の兄弟とその幼馴染みの話。 完全なハッピーエンドというよりは、ややビターめの話です。 ------------------- ※web小説とはいえ著作権は放棄しておりません。無断転載、翻訳、人物名を既存の有名キャラクター名へ変更して二次創作小説へ転用することなど固くお断りします。 自サイト: https://sakkkkkkkkk.lsv.jp/ 誤字脱字報告フォーム: https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcdb8998a698847f
    文字数 6,221 最終更新日 2021.5.11 登録日 2021.5.11