1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 国王の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 国王
R指定 R指定なし R15 R18
  • 121
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    読んで下さって、本当にありがとうございます。 医者(の筈)のアーロンと、高級貴族ハリーとのお話です。 この『4 ―アルテミスの娘―』での完結を目指しておりますm(_ _;)m 今回は、前回から引き続いて、口紅を塗られたハリーとアーロンの絡みですよ。でも、章は変わります。 いやあ「なんで?」て感じです。 宜しかったらまた、広い心で読んで頂けると、幸いです。
    文字数 180,347 最終更新日 2022.6.19 登録日 2020.11.19
  • 122
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 27 24h.ポイント : 0
    ステライド王国の一番の騎士である灰夜は、国王からの指令で神達が祀られているという神殿に向かった。 そこでは、人外である「竜人」や「妖怪」など様々な種族がいた。 しかもその人外達は灰夜のことを知っていて…。
    文字数 3,987 最終更新日 2020.6.17 登録日 2020.6.9
  • 123
    短編 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    Twitterの診断メーカーでレオンが「赤ちゃん作ろ?」って言う物語を作れと仰ったので作った短編です 切ってるのは、場面変換が文で繋げれそうに無かっただけなので気にしなずに読んでいただけるといいです トントン拍子なので頭を空っぽにして下さい R18は念のため +++++ あらすじ レオン・バレンタインはサリヴァン魔王国の魔術師団長で国王とは友人でもあった。 なんとか停戦に持ち込んでから毎日悩ましてるのは、対戦国アスタリア王国との平和協定をどう結べばいいかだった。 そんな中、任務のために1週間開けていた時、国王である友人からとんでもない発言が!?
    文字数 8,340 最終更新日 2020.5.22 登録日 2020.5.22
  • 124
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    敵と敵 君が敵ではなかったのならば俺はどれだけ救われたのだろう………君が俺のたった1人の兄を殺した人物だと知らなかったのならどれだけよかっただろう………知ってしまった君の素性………戦に負けて死を覚悟した俺に君は………俺が自決することを禁じ自分の王宮に軟禁した……… 君を殺すことが出来るのなら俺は喜んで死を受け入れよう 兄を………父を………母を殺された恨みを晴らそう 恋し愛した君を殺そう……… 〜人物紹介〜 ロッドリア・ルウィーク 戦で負け死を覚悟したが殺されなかった若き青年騎士 腕は超一流で「首狩り」と呼ばれ恐れられていた 銀髪でゴールドの瞳 敵国国王だとは知らずに恋をしていた 根は優しいがジークを殺そうと目論んでは捕まっている ジーク・シュウレン ロッドリアの敵国国王 ロッドリアの兄を殺した張本人 ロッドリアに好意を寄せているが叶わぬ恋だと分かっている 弟のレイザンと仲が良い よく脱走するロッドリアを探し慣れていると同時によく殺されそうになる レイザン・シュウレン ジークの弟で騎士 近衛隊隊長 ロッドリアの噂は聞いていたがかなりの手練でまだまだ勝つには道が遠い ロッドリアの根が優しいのはわかったが一生その優しさを感じることは無いと思っている ザット・ウィーゲン ロッドリアの師匠 中立の立場であるため敵でもなければ味方でもない ロッドリアの葛藤を理解している 昔は一緒に戦地を駆け巡ったが今はやっていない 名の知れた情報屋でもあってよく脱走したロッドリアの行方を聞かれる ロッドリア「お前を殺す 絶対に」 ※本作は暴力表現及び流血表現が多数ございます 苦手な方は回覧をお控え下さい
    文字数 1,711 最終更新日 2019.10.13 登録日 2019.10.13
  • 125
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 59 24h.ポイント : 0
    恋する虎と愛しのガーディアン 自然の法則を破ってはいけない。 それは罪深く、月の女神セレナの禁忌を破る行為だ。掟にそむいた者は、それ相応の罰を受けるのだ━━ そんなこと知らない。だってぼくは彼のことが好きだから。守られるだけなんて嫌だ。今度はぼくが彼を守る番だ。きっとうまくいく。 だからぼくを置いていかないで。 お願いです、女神セレナ。ぼくから彼を奪わないで━━━ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 本作は前作「恋するバンビと絶対君主な主さま」のスピンオフです。 /登場人物紹介/ 〇アンジェラス・ジュリオ・ラタトスク 獣王ティグリスと聖獣ルーとのあいだに生を受けた恋する男の子。 行く行くは父であるティグリスから王位を継承し、神殿の長に立つ身分にある。 従兄弟のユエに恋心を抱く。自らのチャームポイントを把握し、自慢の虎耳をぴこりと立て愛くるしさを発揮するとともに、手入れにも余念がない。 〇ユエ・アスター・ホルト 人間と獣とのあいだに生を受けたハイブリッド。 父、近衛騎士団隊長オーウェンを尊敬し、努力し鍛錬を重ね入団を果たす。現在は准尉として任務に努め、故あって国王よりアンジェラスの警護を任される。 〇ラニ・アーサー・ヘルナンド・モジェ 三方を海に囲まれた最端の国モジェ王国が王太子。 若くして現世を去った父親、ジェラルドの跡を継ぎ国王となるべく教育を受けながらも、今ひとつ王位継承者としての自覚がうかがえない。 幼い頃に遊びにきたアンジェラスの愛らしさに心を奪われ、それ以降ラニは度々宮殿を抜けだしアンジェラスに逢いにグランディーを訪れる。 〇ティグリス・ミルミドル・ラタトスク アンジェラスの父親。聖獣にして虎の王。 ハリマウ神殿の獣王として、聖王都グランディーの地に加護を与える。妻であるルーと我が子アンジェラスを大切に想う、善き夫にして父親だ。 〇ルー・ラタトスク アンジェラスの母親。鹿の聖獣。 ハリマウ神殿の神官長としてティグリスの補佐をしながら、日々を甘いお菓子に囲まれ幸せに暮らす。ほんのり舌足らずがチャームポイント。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ★深月くるみさんのイラストは、すべて著作権放棄しておりません。 無断転載、無断加工は禁止です。 No reproduction or republication without written permission. 【公開開始/2018年11月2日】
    文字数 27,343 最終更新日 2018.11.9 登録日 2018.11.2
  • 126
    長編 完結 R18
    お気に入り : 19 24h.ポイント : 0
    王を守ると誓ったのに、王を殺したキングスレイヤー。罪を償うために牢に入った男のもとに、美貌の少年が訪れる。父を殺したキングスレイヤーに、狂王の子がささやく。罪を償えと。新国王に追われる傾国の王子と人狼の逃避行!
    文字数 49,542 最終更新日 2018.10.31 登録日 2018.10.31
  • 127
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 106 24h.ポイント : 0
     その日、俺はある貴族同士の結婚を許可した。相手の男は俺の長年の思い人であり、元恋人だ。  国王ほど不自由なモノはないと、本当に思う。 ……あれ?俺って結構自由? ドS臣下×ドM国王
    文字数 35,951 最終更新日 2018.11.11 登録日 2017.8.21
  • 128
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 0
    紋章という名の物語 黒髪黒瞳しか持ち得ない人間たちは魔法を使う金髪碧眼の魔法使いのことを恐れながらも、どこか憧れを抱き、こんな話を語り継いでいた――――今からおよそ20年ほど前、突然、『黒い』髪に『蒼い』瞳を持つ男が魔法使いの国、ナサニエルに現れた。その姿は魔法使いでもなく、人間でもありえない、異形の者の姿。黒髪碧眼を持つ男の魔力はすざまじく、ナサニエル国王を瞬殺すると、ナサニエル国王ただひとりが継承するはずの『王の紋章』を継承し、こう笑ったと言う。「我こそが、『魔王』」魔法使いたちは、魔王による恐怖支配を覚悟したが、何故か魔王はその言葉を残し、忽然と姿を消してしまった。ナサニエルの国王ただひとりが継承する『王の紋章』を誰にも継承せずに。それは「誰にも王の座は渡さない」という、魔王の固執した狂気。膨大な魔力でナサニエルを支えるはずの『王の紋章』を持つ国王がいなくなった今。ナサニエルは絶望の危機に瀕(ひん)し、魔王の再来を待ちわびていると言う。たとえ、魔王による恐怖支配が待ち構えているにしても――――待て。こう聞くとシリアスだが、真実を知ればコメディーじゃないか。突然『王の紋章』を継承してしまった人間、オルランド・サルヴァトールは、人間に戻るため『迷える森』の神殿へと目指すが……腹黒王子×ツンデレ王(自覚なし)官能要素高めですので苦手な方はご注意下さい。
    文字数 129,941 最終更新日 2016.6.9 登録日 2016.4.20
  • 129
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 30 24h.ポイント : 0
    連載中 (全5部分) 銀色の髪と菫色の瞳を持つ侯爵家令嬢ブランシェは、男に生まれながら『女』として育った。そんなブランシェは、従兄であり、ル・プルミエール第一皇子アレンに恋慕を抱く。秘密を抱えたまま十六歳のある日、国王との縁談が。今更男だと言えぬブランシェは悩みながら、王宮で一年振りにアレンと再会し、躯を開かれてしまう。だが、求婚したのは国王ではなくアレンと知り、漸く彼を受け入れるブランシェだったが、―――。
    文字数 20,271 最終更新日 2016.2.16 登録日 2016.2.9
  • 130
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 88 24h.ポイント : 0
    魔王の嫁入り 神国・日ノ本。通称オバネノ国と呼ばれるその国の国王は不在が多い。留守中玉座を預かる事になったユウゼンは何故自分が国王代理に選ばれたのか解らない程に自分を信用できていなかった。のらりくらりとテキトーに過ごすユウゼンの目の前に、過去の彼と向き合わせるため国王が連れて来た彼の「嫁」が現れる。が、その嫁は何故か男でしかも元魔王・・・!? ドS俺様系真っ白魔王×へらへら国王代理のファンタジーBL。
    文字数 26,772 最終更新日 2015.6.27 登録日 2015.6.25