1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 妖の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード
R指定 R指定なし R15 R18
  • 151
    ショートショート 連載中 R15
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    神様と妖と人間の居る場所/陸に上がってしまった人魚と、人魚を守るために閉じ込めた守り人 現代日本のような場所に住む神様のようなものや妖のようなものが暮らしている話の書きたいところを書きたい分だけ、短く書いていきます。 基本的にBLでR-15ですが、流血沙汰がある話も載せる予定…ということでつけていますので大変にぬるく物足りないことになっていると思います。申し訳ありません。 こちらは、色や石をテーマにした人魚とヒトのSSをまとめました。
    文字数 3,392 最終更新日 2019.7.5 登録日 2019.6.2
  • 152
    ショートショート 連載中 R15
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    神様と妖と人間の居る場所/あのひのいろ 現代日本のような場所に住む神様のようなものや妖のようなものが暮らしている話の書きたいところを書きたい分だけ、短く書いていきます。 基本的にBLでR-15ですが、流血沙汰がある話も載せる予定…ということでつけていますので大変にぬるく物足りないことになっていると思います。申し訳ありません。 こちらは、色や石をテーマにした色々な登場人物たちの小話をまとめています。
    文字数 13,118 最終更新日 2019.7.5 登録日 2019.6.1
  • 153
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 27 24h.ポイント : 0
    真珠の泪は毒か媚薬か 千年の時を生きる 龍桜(リュウロ)と水無瀬瑞稀(みなせ みずき)のすれ違いオメガバース 希少種である水無瀬瑞稀の謎と騒動を世界の管理者に選ばれた龍桜が振り回されながらも解き明かしてゆく
    文字数 14,176 最終更新日 2019.6.9 登録日 2019.5.12
  • 154
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    不本意だけど君が好き。 「首でも絞めてみる?」 ──そう言って妖艶に笑う君のそんな性癖すら愛しくて。 マゾヒスト美青年と、それに振り回されてあげる誑された周囲の皆様の物語。
    文字数 1,370 最終更新日 2019.5.3 登録日 2019.5.3
  • 155
    長編 完結 R15
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 0
    その白い髪、赤い瞳の美しい男は獣。 よく喋り、浮かび、世話を焼いてくるぬいぐるみと共に、田舎の一本道をのんびりと歩いていた。 目的はあるものの、目的地は未だ定まらない。 そこへ一台の車が通りかかる。 出会いにより擡げたのは妖刀の凶刃か、人の狂気か。 ※ポケットBLノベルクラブさんより加筆修正、改稿して移植したものです。ストーリー粗め。 あちらに掲載してあるものは、削除致しました。 ※小説家になろう様にも掲載しています。
    文字数 118,346 最終更新日 2019.5.13 登録日 2019.4.20
  • 156
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 44 24h.ポイント : 0
    なぜ俺は 声をかけたんだ? 今、思うと、後悔しかない!
    文字数 19,556 最終更新日 2019.6.21 登録日 2019.4.21
  • 157
    短編 完結 なし
    お気に入り : 40 24h.ポイント : 0
    ケルベロスは甘く囁く 「お前の甘さなら、いくらでもイケるな」 地獄の番犬も、時には甘く囁きます(?) ケルベロス――ギリシャ神話に登場する、三つの頭を持つ巨大な犬。 冥府の入り口を守護し、黒い双頭の犬、オルトロスとは兄弟。 竜の尾と蛇のたてがみを持つ獅子とも言われるその怪物は、実は甘いものに目がないのです。 「スイーツ好きな怪物? 可愛いーっ! いっちゃんみたーい」 「あ? ふざけんな。俺は甘いモンがこの世で一番嫌いだ」 「ふっふっふっ。そんな君がイチコロで堕ちる魅惑の果実を僕が発明したよ。さぁ、楽しい楽しいお注射の時間ですよぉ」 ――とあるパティスリーで繰り広げられるトライアングルなひと時は、激しく妖しく、甘……いのか?(笑) 『降る雪の…』のサブキャラ、秋田正親の物語。 奈倉まゆみさん(https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/901541888)の『オルトロスの咆哮』より、伊織先生をお借りしました。 表紙は、ちよこ様作画です。 ◆本文、画像の無断転載禁止◆ No reproduction or republication without written permission.
    文字数 22,614 最終更新日 2019.4.7 登録日 2019.3.27
  • 158
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    金平糖 半径三メートルで紡ぐ、確かな二人の愛の物語。 とある高校のサボり魔学生・涙流。 その唯一の友人である和は幾千年を生きる妖怪である。 誰にも見えていないくせに授業を受ける和を見送り、昼寝に勤しむ涙流のサボり場所である屋上に現れたのは、一匹の鳥だった。 「用があるのはお主ではなく和の方じゃ。さっさとあいつを呼べぃ」 喋る謎の鳥にいわれ、不服ながらも和に連絡すると、まさかの 「逃げろ、涙流!」!? 言われるままに逃げるも、捕まってしまい……!? えっ、和に許嫁!? 二人を繋ぐ呪いの手錠! 急接近する二人の恋の行方は…!? ※微エロ注意 ○本作は魔法少女(仮)もか君💗(@mokapipi_runrun)さんと共同で作成しました。 ☆表紙の絵は湯ノ宮ゆのみ(@Chabashira_1111)さんに描いていただきました!素敵なイラストをありがとうございます!
    文字数 52,973 最終更新日 2019.11.30 登録日 2019.7.17
  • 159
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 354 24h.ポイント : 0
    誰もが入りたい5年連続TOP10入り企業、北条ホールディングス。倍率が高いけど入りさえすれば公務員並に 信用度高い企業。 主に輸入業から始まり今では外食業 不動産 建設 と手広くやってる割にはクリーンで 残業も1時間しか認めてない。 優良企業に受かったと隣で満面の笑みで今日も鼻高で自慢げにしてる奴の隣で、まだ就職先も決まって無い俺。 いつも アイツの引き立て役の俺は初めて本気で飲んだ俺は 車に轢かれました? 何となく 描き始めて のんびり更新して行きます。
    文字数 64,034 最終更新日 2019.6.3 登録日 2019.2.20
  • 160
    長編 完結 R15
    お気に入り : 53 24h.ポイント : 0
    川口 建輔 は、「なんでも屋」を営んでいる。 なんでも屋とは読んで字のごとく何でもやる商売だが、健輔は頭が固いため融通が利かず、ありきたりな商売しかしていなかった。そんなある日、同業者の谷塚 洋範 (たにづかひろのり)に動画を見せられ、そこに映っていた綺麗な少年、麻里 一弥(あさりかずや)に心を奪われるのだが――。 可愛かったり冷めていたり。この野郎と思わされることもしばしば。 なのに一弥自身は健輔に懐いているようで、抱いて欲しいと甘えてきて……。 一弥を拾ったことで、健輔の心は乱されていく。 ※このお話はフィクションです。「なんでも屋」のお仕事の世界観は、この作中だけのモノです。 また、刑法や法に関する事柄も現実とは違う部分があります。あくまでも作中だけの世界観ですので、それを踏まえてお楽しみいただけると幸いです。 ※第四章の各々のタイトルを変更しました
    文字数 119,320 最終更新日 2021.3.5 登録日 2019.2.2
  • 161
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    アースルーリンドの騎士達 妖女ゼフィスの陰謀 誰もが注目する王族の美姫、タニアに惚れられた近衛新兵ギュンターだが、そんな彼を利用しようと近づいく身分低いゼフィスを振ったため、恨まれて凄腕の刺客を差し向けられる。大公家の存亡をかけた戦いが繰り広げられ、巻き込まれたギュンターは愛しのローランデと二人きりで、ゆっくり過ごせる日はやって来るのだろうか?
    文字数 325,580 最終更新日 2019.3.3 登録日 2019.2.10
  • 162
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    人狼が忍び込んでしまった村。 村人達が見事に追放するが、そこには妖狐が潜り込んでいたようで、、!? 思いっきり自己満作品です。 ⚠️attention ✱BLです。 ✱文才が皆無です。 ✱自己満です。 ✱BLです。(大事なことなので2回。)
    文字数 501 最終更新日 2018.12.25 登録日 2018.12.25
  • 163
    短編 完結 R15
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
     その日はウンザリするくらいの熱帯夜だった。  暑さに浮かされたように覚えた劣情、それは悪戯好きな妖精の仕業だろうか、それとも―――。   「『夏の夜の夢』って、あるじゃん」 「あ? ――あー……確か『平家物語』」 「それは『春の夜の夢』だろ。『おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし』、儚いものの例えだ。――じゃなくて、オレが言ってるのは『夏の夜の夢』だよ、シェイクスピアの戯曲の方」     ※当作品は、シェイクスピア作『夏の夜の夢』とは一切の関係も関連性もございません。あくまでもフィクションですので、ご了承くださいませ。   ※BLにつき念のためR15とさせていただいてます、そこまで過激な描写はありません。  ※今後もし続編や番外編などが増えた場合、R18へのレーティング変更をする可能性があります。予めご了承いただけると幸いです。    ※当作品は、fujossyにて開催の《Summer Nights ~真夏の夜のBL短編小説~》に応募しています。  ↓詳細は下記にて。  https://fujossy.jp/contests/11
    文字数 9,996 最終更新日 2018.8.27 登録日 2018.8.27
  • 164
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 1,239 最終更新日 2018.7.29 登録日 2018.7.29
  • 165
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    霊や妖から常に追われ続ける主人公朝倉梓。 ある日の夜見たこともないようなかっこいい男の人と出会う。 妖からも助けてくれていい人だと思ってたのに……!? 「俺のものっていう印だ。ありがたく思え」 「あんな奴やめてオレにしない?」 「僕を選ばないとお仕置きだよ?」 新たな妖や親友まで!? ちょっともうオレの身体が持たないから、みんなキスすんなぁ!! ※ムーンライトノベルにも投稿しています
    文字数 5,964 最終更新日 2018.1.19 登録日 2018.1.16
  • 166
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 22 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 1,370 最終更新日 2017.12.23 登録日 2017.12.23
  • 167
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 59 24h.ポイント : 0
    ある日とても綺麗な少年は誘拐されました。 その理由はなんでしょうか? 拘束、無理やり R18です。 BLに理解がある方のみお読みください。
    文字数 2,116 最終更新日 2018.8.5 登録日 2017.11.3
  • 168
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 0
    帝国第三皇子、団長になる!? これは、私シグルズが団長になるまで、また仲間たちとのはちゃめちゃな日常と冒険、そして恋愛(ハーレム)生活の話ですね。 もし、主人公総攻めがダメだったり、BLダメって人はUターンですよ? ってうちのマスターが言ってましたね。 え?マスターが誰か? それは知っちゃいけませんよ? 戻れなくなりますから(妖笑)
    文字数 1,966 最終更新日 2017.10.3 登録日 2017.9.29
  • 169
    長編 完結 R18
    お気に入り : 59 24h.ポイント : 0
    妖育―忠義の果てにー  市民革命の暴動から、長年仕えてきたトゥヒム殿下を連れ出したリュドラー。彼は豪商サヒサに擁護を求めた。サヒサは言う。「商人は利益があることにしか動かない」と。一騎当千と謳われた騎士の自分を警護として雇えば、トゥヒム殿下を擁護するに足る働きになるとリュドラーは考える。サヒサはある条件を飲めば、トゥヒム殿下を擁護し不自由のない生活を約束すると持ち掛ける。心身ともに差し出す覚悟と答えたリュドラーに、サヒサは答える。「淫靡な余興の奴隷として従うのであれば、殿下にふさわしい暮らしを保証しよう」と――。
    文字数 128,693 最終更新日 2017.7.29 登録日 2017.7.1
  • 170
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 53 24h.ポイント : 0
    妖怪が見えるせいで周りからさげすまれてきた主人公。だが高校は視えるものだけが集まる学校に入学?! 妖(あやかし)のパートナーたちと無事にワクワクスクールライフを送れるのか?そして鈍感&天然主人公はみんなの隠された... 訂正、意外とオープンな恋心に気付くのだろうか。                         そして誰も知らない主人公の秘密が今あかされる。 主人公総愛されで、チートな部分もあります。 批判とかはやめてください。ガラスのハートが砕け散っちゃうので。
    文字数 16,972 最終更新日 2018.2.20 登録日 2017.6.3
  • 171
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    妖怪と人間2 ある日学校で噂が流れた 「学校の裏山に妖怪が出る」と… それを確かめに友人に半強制的に参加させられた悠太は、森で白銀の色をした毛並みを持ち、倒れている1匹の狼を見つけ…
    文字数 14,620 最終更新日 2020.2.24 登録日 2017.5.25
  • 172
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 32 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した読み切り小説です。
    文字数 1,275 最終更新日 2016.9.14 登録日 2016.9.14
  • 173
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 20 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した読み切り小説です。
    文字数 2,000 最終更新日 2016.9.11 登録日 2016.9.11
  • 174
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 94 24h.ポイント : 0
    小学生の男の子が妖怪や魔王に神様の許嫁になり異世界にトリップしたりしる話です
    文字数 3,110 最終更新日 2016.8.29 登録日 2016.8.24
  • 175
    長編 完結 R15
    お気に入り : 29 24h.ポイント : 0
    小学4年生の時に、森で遭難して死んでしまった「果奈羅 信」。 だが、16歳の彼は…生きている。確かに自分が死んだのを見た信。 その信を助けたのは、意外な人物。 なんと!!信が遭難した森に住んでいた妖怪「九尾」のアカツキだった。 心臓を貰い生きている信は、心臓の無いアカツキと共に過ごしている。しかし、その心臓を渡したせいでアカツキが苦しんでいる事など知らずに。 そしてある事が起きてしまい…アカツキが生きるか死ぬかを信が決めることになってしまう 死ネタありです
    文字数 17,347 最終更新日 2017.5.10 登録日 2016.8.21