1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 狂気の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 狂気
R指定 R指定なし R15 R18
  • 31
    短編 完結 R15
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    エンドレスシンドローム お題のBL小話三篇「エンドレスシンドローム」「かみひこーきラブレター」「硝子玉の世界より」。すべてR15。 「エンドレスシンドローム」営業で名コンビの相方、小向が欠勤をしてから、どうもおかしく、「シンドローム」という裏ゲームなるものの存在を知り・・・。 「かみひこーきラブレター」イジメられっ子が、犬も食わないなんとやらに巻き込まれつつ、そうは問屋が卸さない話。 「硝子玉の世界より」ラムネに入った硝子玉。そんな硝子玉のような瞳をした従弟と、美しさの真理を説いた従兄を巡っての、狂気めいた儚い物語。 お題を拝借した配布サイト「ペトルーシュカ」のリンクは↓にあります。
    文字数 19,618 最終更新日 2021.5.4 登録日 2020.9.25
  • 32
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    同性同士のカップルの存在も、同性同士の結婚という事実も当たり前になった世の中。 愛に興味がない俺は、狂気じみた遊び人に気に入られてしまう。 流れのままにデートしたその日。 たくさん笑った。 ただそれが愛だとは思わなかった。 それでも止まない愛の言葉、行動。 面倒なことに巻き込まれたくない一心でいった言葉。 「◯◯先輩が大学にいって、二年間大学で過ごしても、それでも俺のことがすきって言うんなら、、 付き合いましょう。」 これが俺が高校生の頃のはなしーー そして物語の本編はこの二年後。 俺が大学一年生の日々を謳歌しているところから始まる。
    文字数 61,602 最終更新日 2021.5.30 登録日 2020.9.2
  • 33
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    主人公:燈馬と幼馴染:裕幸のミステリーで不思議な"急展開すぎる"恋愛物語。 男の子同士だけど…!? 2人は最後どうなってしまうのでしょうか…。 注意:BLです。無理な方は読まないように…。なんでも許せる方は お読みくださいませ。。。
    文字数 806 最終更新日 2019.10.2 登録日 2019.10.2
  • 34
    長編 完結 R15
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 0
    その白い髪、赤い瞳の美しい男は獣。 よく喋り、浮かび、世話を焼いてくるぬいぐるみと共に、田舎の一本道をのんびりと歩いていた。 目的はあるものの、目的地は未だ定まらない。 そこへ一台の車が通りかかる。 出会いにより擡げたのは妖刀の凶刃か、人の狂気か。 ※ポケットBLノベルクラブさんより加筆修正、改稿して移植したものです。ストーリー粗め。 あちらに掲載してあるものは、削除致しました。 ※小説家になろう様にも掲載しています。
    文字数 118,346 最終更新日 2019.5.13 登録日 2019.4.20
  • 35
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 1,344 最終更新日 2016.11.15 登録日 2016.11.15
  • 36
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した読み切り小説です。
    文字数 1,652 最終更新日 2016.9.19 登録日 2016.9.19
  • 37
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 0
    紋章という名の物語 黒髪黒瞳しか持ち得ない人間たちは魔法を使う金髪碧眼の魔法使いのことを恐れながらも、どこか憧れを抱き、こんな話を語り継いでいた――――今からおよそ20年ほど前、突然、『黒い』髪に『蒼い』瞳を持つ男が魔法使いの国、ナサニエルに現れた。その姿は魔法使いでもなく、人間でもありえない、異形の者の姿。黒髪碧眼を持つ男の魔力はすざまじく、ナサニエル国王を瞬殺すると、ナサニエル国王ただひとりが継承するはずの『王の紋章』を継承し、こう笑ったと言う。「我こそが、『魔王』」魔法使いたちは、魔王による恐怖支配を覚悟したが、何故か魔王はその言葉を残し、忽然と姿を消してしまった。ナサニエルの国王ただひとりが継承する『王の紋章』を誰にも継承せずに。それは「誰にも王の座は渡さない」という、魔王の固執した狂気。膨大な魔力でナサニエルを支えるはずの『王の紋章』を持つ国王がいなくなった今。ナサニエルは絶望の危機に瀕(ひん)し、魔王の再来を待ちわびていると言う。たとえ、魔王による恐怖支配が待ち構えているにしても――――待て。こう聞くとシリアスだが、真実を知ればコメディーじゃないか。突然『王の紋章』を継承してしまった人間、オルランド・サルヴァトールは、人間に戻るため『迷える森』の神殿へと目指すが……腹黒王子×ツンデレ王(自覚なし)官能要素高めですので苦手な方はご注意下さい。
    文字数 129,941 最終更新日 2016.6.9 登録日 2016.4.20