1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 王国の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 王国
R指定 R指定なし R15 R18
  • 241
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 34 24h.ポイント : 0
    狙われ王子に栄冠を! 幼い頃から命を狙われる人生を歩む、カーレル王国の第2王子、リィラ。 絹のように滑らかな銀髪を肩まで伸ばし、太陽の光が差し込んで輝く海のような、透明感のある青い瞳を持つリィラは、俗に言う、美少年だ。 この世界では魔法を使えることが当たり前であるが、リィラは非魔力保持者である。 リィラは、のんびりとした気ままな性格のため、警戒心が薄い。 穏やかな性格で、相手の毒気を抜いてしまう。 今までの暗殺もぬらりくらりとかわしていた。 しかし、命を狙われ続けるのには理由があった。 それは、魔神によってかけられた呪いである。 その呪いを解くために、リィラは旅に出る。 同伴者は、どの暗殺組織にも属さないフリーの暗殺者であるヨルド。 旅の道中、カーレル王国随一の暗殺集団"EAGEL(イーグル)"に襲われていたリィラを助けた。 それ以前にも、一度、襲われかけていたリィラを助けたことがある。 それもあって、リィラのあまりの無防備さに心配になり用心棒をやることに。 旅を通して、二人の信頼関係が築かれていく。 道中、殺されそうになる危機もあるが、美少年のあまり、貞操の危機もある。 だが、リィラ(の命も貞操も)を奪われたくないヨルドは、セコムぶりを発動する。 果たして、リィラは自分の呪いを解くことができるのか!? リィラとヨルドはくっつくのか!?(笑) ※ストーリー性が大きいので、あまり性的描写はないですが、ヨルドはリィラに欲情します。 でも、嫌われたくないので手を出せない臆病者です。(笑) でも、暗殺者としての腕は一流です。 飄々とした主人公を描いてみたくて、作りました。 リィラの呪いのことや、ヨルドのセコムぶりなど、進展を楽しみにしながら読んでもらえると嬉しいです。
    文字数 22,863 最終更新日 2018.6.17 登録日 2018.5.26
  • 242
    短編 完結 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    Blood Demon シリーズ1作目 「真実」 その国には3人の国の為を思う「王」がいた………「陛下」と呼ばれる3人の王………一番上の王は国民の支持が厚く国の為に生き、2番目の王は研究者や科学者の支持が厚く医療や技術向上の為に生き、3番目の王は軍兵の支持が厚く国の繁栄と戦の勝利の為に生きる………しかし1番目と2番目の王には3番目の王には知られてはいけない秘密があった……… 王族と王族を影で支える魔族のみが扱える超能力を駆使し王達は国の繁栄を紡いできた………しかし王国の頂点に立つ者が国民のことを理解しなければ王国そのものが滅ぼされる中………圧倒的強さを誇る王国が現れる………魔族とは契約をせずに強くなった唯一の王国………その王国の頂点に立つ3人の王はそれぞれ違う力を駆使して王国を強くした………国民も3番目の王も知らない秘密を抱えながら……… 〜人物紹介〜 シューフェス・フォルーザ 1番目の王 国民の支持が厚く国の為に生きている 同性愛者で恋人持ち(部隊長) 1番重そうな鎧を身に纏っていて正直着るのに時間がかかる 妹のミーファと共有して大事な秘密を抱えている 黒髪 兄弟大好き ミーファ・フォルーザ 2番目の王 研究者や科学者からの支持が厚く医療や技術向上の為に生きている 金色の鎧を身に纏っていて赤いマントがついている 兄のシューフェスと共有して大事な秘密を抱えている 長い黒髪でブラコン ギルーヴァ・フォルーザ 3番目の王 軍兵からの支持が厚く国の繁栄と勝利の為に生きている 銀の鎧を身に纏っていて銀のマントがついている いつも作戦を考えているのはギルーヴァ 本人はある秘密があるのだが知らない 銀髪 クロウド・アルファーダ 戦闘部隊前線αチーム所属部隊長補佐官 見た目は人間そのものだが実は魔族 ある任務を課せられておりギルーヴァの理解者 ギルーヴァに憧れいつからか好きになっていた ギルーヴァに気に入られている 圧倒的な強さを誇るその王国の秘密が暴かれた時………「彼」はどんな選択を下すのか………
    文字数 34,448 最終更新日 2018.3.9 登録日 2018.3.1
  • 243
    短編 完結 なし
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 0
    鏡写しの君に 呪われた血。でも、僕らは翼を授からなかった。ムーン王国の双子の王子として生まれたレスとラスはとっても仲良し。片方だけでいるのはあまり見ない。だってお互いを深く愛しているから。なんて。 一つだと思っていた、ずっとずっと君のことを一途に思っていたのに。あの約束が今も僕を縛って離さないのは何故。 …………… 離れ離れのレスとラスは別々の道を行くのか。誰も知らない、誰にも言えない、2人の秘め事。 2018-11-25:一年越しにちゃんと完結させました。
    文字数 12,174 最終更新日 2018.11.25 登録日 2017.11.25
  • 244
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    この学園は、自分の王国………… 逆らう者は誰であろうと許さない…… 人間は自分にない物に惹かれるのです………
    文字数 1,140 最終更新日 2017.1.14 登録日 2017.1.13
  • 245
    短編 完結 なし
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    昔……ある国で騎士団長と敵国国王が恋に落ちました……何れはどちらも戦い合う仲……決して結ばれる事の無い2人の恋……どちらも国の為……愛する者の為に戦い合う……もし2人が味方同士であったなら……「騎士団長」「敵国国王」という関係でなければ……2人は全く違う運命を辿っていた事でしょう……もし……2人が敵同士ではなかったならば……いいえ……2人は「敵同士」であったから出会えたのでしょう…… 人物紹介 龍虎 大稀(りょうこ たいき) 世界最強国「ルヴァーナ」の歴代の中で一番強い騎士団長 人望と暑い信頼を持ち国の為に幾千の戦をくぐり抜けた 国王からも信頼され難しい仕事も任される事がある 街中で困っていた敵国国王を助けた事から恋に落ちる 後に最後の最後まで水月への愛を突き通す 神瀬 水月(かみぜ すいげつ) 「ルヴァーナ」の次に強い王国の国王 極秘視察としてルヴァーナに来たが慣れない土地で迷い大稀に助けられる 国王ながらに国の為に自ら働く事から国民に支持され部下にも慕われている 大稀との会話中に大稀が騎士団長であった事を知る事になる 吟哦 仁(ぎんが じん) 大稀の仲間であり大稀が水月と密会している事を密告した裏切り者 大稀に好意を寄せていたが水月に奪われそのまま大稀を亡くす 大稀亡き後は消息不明
    文字数 16,876 最終更新日 2016.8.25 登録日 2016.8.24