1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 男主人公の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 男主人公
R指定 R指定なし R15 R18
  • 61
    短編 完結 R18
    お気に入り : 28 24h.ポイント : 0
    和巳(かずみ)は双子の弟である英司(えいじ)と近親相姦の関係にある。「先輩食っちゃった」こともなげに言う英司に、和巳は腹を立てることはない。なぜなら結果は、わかりきっていたから。 ※性的表現あり。
    文字数 11,377 最終更新日 2020.9.18 登録日 2020.9.16
  • 62
    ショートショート 完結 R15
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    守りに定評がある穣二と武士の二人に陰りが見え始めた。そこで穣二は簪伊久夫を迎え入れる。果たして、この作戦が奴らから守り抜ける方法だろうか?後を追う。その行方はいかに!
    文字数 906 最終更新日 2020.9.15 登録日 2020.9.13
  • 63
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 28 24h.ポイント : 0
    半年前異世界イェグリームスはレヴォクロアス国にて三百年就いていた王宮魔導士の食を退いた一見十代半ばの美少女にしか見えない容姿を持つラニ・ヴェルテアード(三百五十才超え)。 現在は都内近郊にある山と海に挟まれた小さな港町・海玲町の北東に広がる昼間でも薄暗く地元の人でも滅多に近付かない涼音野森の中に建つ洋館で、ペット兼相棒であるラプクースと呼ばれる幻獣のバデルと共に全てのしがらみから解放され異世界隠居生活を堪能していたラニだったが、ある日異世界エオシャニムの「魔国」オルシュヴェルツ国の国王側近キアルによりエオシャニムに召喚されてしまう。 キアルにより辱めを受けているところを国王であるディル・オルシュヴェルツに助けられたラニだったが、初対面の筈なのにラニを知っている素振りを見せるディルに唇を奪われ、成り行きで一夜を共にした挙句、自分を組み敷くディルに「十五年前のあの日からずっと貴方が好きだ」とストレートな思いまで伝えられ、どうしていいか分からなくなるラニ。 そして翌日。 ディルとオルシュヴェルツ国の王宮魔導士であるイェダ・アルクスレーノから現在オルシュヴェルツは隣国ラヴァガルスからディルとラヴァガルス王女との望まない婚姻をかなり強引に迫られ、下手に拒否すれば戦争に発展し兼ねない程切迫している状況であることや、それを回避するためには少なくとも三か月間ディルの恋人であり妃となる「振り」をする者が必要であり、その役目をラニに頼みたいと依頼される。 そんな訳で、三ヶ月間限定の夫婦(?)生活がスタートするが、自分を甘やかし愛を囁く事を常とするディルに振り回されているうちにラニ自身も少しずつディルに惹かれていき―― これはそんな何かと不憫な元王宮魔導士とそんな王宮魔導士を溺愛する魔王のラブコメな日常の話である。 ※1.この小説は拙作「転移先で極度の女嫌いな魔王と諸事情によりラブコメします」を大幅に改稿しR18作品としてリメイクしたものです。 ※2.ムーンライトノベルズ様、pixiv様にも投稿しています。 ※3.ヌルいですが無理矢理表現があります。 ※4.タイトルとあらすじを変更しました(20.09.10)
    文字数 17,720 最終更新日 2020.9.11 登録日 2020.9.09
  • 64
    短編 完結 R18
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 0
    俺、岩田嵩大には遊川優心という親友がいる。 俺は身長2メートル近い筋肉ゴリラ、優心は150センチにも満たないまるで少女のような男の子だった。 ある日、俺は一通のラブレターを受けとる。 その事がきっかけで、俺と優心の関係は変化を迎えるのだった。 ※男の作者が書いたBLですので、男性向け? かな。
    文字数 6,951 最終更新日 2020.3.09 登録日 2020.3.09
  • 65
    長編 完結 R18
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    死の餞ヲ、君ニ 人とは、愚蒙の体現であった。 廃退した都市で目覚めた僕は、森を彷徨う最中魔獣に襲われ死にかける。死にかけた僕を救った銀髪の青年──レイセンと旅に出ようとした矢先、青年は突然死する。──どうか生き返って。僕が祈りを捧げると、青年の指先が動いたのだ。目まぐるしい人々の生き様と死闘を描きながら、憂愁に閉ざされてゆくダークファンタジー。 完結済。 ※ 他サイトでも掲載中(小説家になろう, ノベルアップ+) ※ 評価・コメント大歓迎です!!
    文字数 319,542 最終更新日 2020.5.17 登録日 2020.3.04
  • 66
    短編 連載中 R15
    お気に入り : 61 24h.ポイント : 0
    用事のために寄った銀行で強盗に会い殺された…… と思いきや次に目覚めたのは魔界の魔王城。 主人公はどうなる? 変人だらけの魔王城のお話 基本は日常風景をうつしております 極たまに 昔の出来事、真実、心の闇……等を えっちいのはご想像におまかせで( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )♡♡ って言いたいけど作者がもろ(?)に近況で言ってるからまあ任せます(おい)
    文字数 30,194 最終更新日 2019.12.22 登録日 2019.7.08
  • 67
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 79 24h.ポイント : 0
    彼岸の傾城傾国 煌威は煌龍帝国皇帝を父に持つ、第一皇子で皇太子だ。父親の地位から異母兄弟が多かったが、煌威は絵に描いたような文武両道の見目もいい皇太子で、さらに皇位は世襲制の為に次期皇帝が約束されているも同然だった。 ――ただ一つだけ。初代皇帝に瓜二つの従兄弟、紅焔の存在が煌威を惑わす。 煌威は、密かに紅焔こそが次期皇帝に相応しいと考えていた。惚れている、と言ってもいい。 何としても、どんなことをしてでも紅焔を皇位につけたいと望む一方で、これは民に対する裏切りだと苦悩する煌威だったが、進められていた北方の遊牧民族・北戎との条約会談で、自分だけではないそれぞれの狂気を知ることになる。 *…BL的なシーン有り 【注】BLに分類していてR-15にしていますが、BL要素はLvを5段階で表すならLv.3あたり。性交渉の明確な描写は無いけれど、そこに至る寸前の描写、匂わせる描写があります。少し暴力・残虐表現もあるので、苦手な方はお気をつけください。 ※こちらが先行で、小説家になろうにも掲載中。
    文字数 99,774 最終更新日 2021.1.25 登録日 2018.12.07
  • 68
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    霊や妖から常に追われ続ける主人公朝倉梓。 ある日の夜見たこともないようなかっこいい男の人と出会う。 妖からも助けてくれていい人だと思ってたのに……!? 「俺のものっていう印だ。ありがたく思え」 「あんな奴やめてオレにしない?」 「僕を選ばないとお仕置きだよ?」 新たな妖や親友まで!? ちょっともうオレの身体が持たないから、みんなキスすんなぁ!! ※ムーンライトノベルにも投稿しています
    文字数 5,964 最終更新日 2018.1.19 登録日 2018.1.16