1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 運命の番の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 運命の番
R指定 R指定なし R15 R18
  • 121
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 49 24h.ポイント : 0
    ‪α‬、β、Ω――世界はこの性で成り立っている。 しかし今、日本は深刻な少子高齢化に悩まされている。 そこで国はあるプロジェクトを立ち上げた。 『超☆番(つがい) プロジェクト』 全国のΩを無作為で選び、遺伝子検査の結果で相性の良い‪α‬と無理矢理結ばせる――という。  人権無視な、思い切った政策。 Ωの片桐 陸斗(かたぎり りくと)は‪α‬の男が大嫌いだ。 そして自らの性も激しく嫌悪していた。 そんな中、現れたのが自称『運命の番』‪α、大嶌 太郎(おおしま たろう) しかも彼は、稀に見る『出来損ない』で……。 ワンコ系の天然? ×過去あり(?)のツンツン の理不尽系BL ※タイトルが(仮)なのは、変更する可能性を示唆しております ご承知を
    文字数 63,254 最終更新日 2021.6.18 登録日 2021.4.23
  • 122
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 27 24h.ポイント : 0
    双子の忌み子とされ処分されそうだった、が他国の殿下の番で光源氏子育て。
    文字数 4,646 最終更新日 2021.2.11 登録日 2021.2.11
  • 123
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    運命の番に会えたのは奇跡に等しい。 Ωを馬鹿にするβ。 Ωはあるがαに大切に育てられる、家族を一家殺人事件で殺されて心因性失声症
    文字数 2,806 最終更新日 2021.2.11 登録日 2021.2.11
  • 124
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    使用人が我が子と王子を取り替えて育て上げた。 偽物王子は魅力魔法で騙していた。 本物の王子は運命の番いとラブラブ。
    文字数 4,465 最終更新日 2021.2.11 登録日 2021.2.10
  • 125
    長編 完結 R18
    お気に入り : 40 24h.ポイント : 0
    アルモニア・デスディーノ~オメルタすらも溶かすほどに~ ★マフィアのドン(α)×別マフィアの幹部(Ω)障害を乗り越えて結ばれる物語です★ 【あらすじ】  イタリアンマフィア・スコッツォーリの幹部であるΩのセイは、その日、会えば本能的に惹かれ合うという運命の番のエドアルドと出会った。    運命の番を見つけられることは奇跡。そう言われる中で彼と出会えたことに歓喜するセイだったが、セイの幼馴染みで組織のボスでもあるヴィートは、いい顔をしなかった……。
    文字数 81,551 最終更新日 2021.1.16 登録日 2021.1.03
  • 126
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    主人公ノアと運命の番セルディとのBLファンタジーです。BL多めになると思いますが、よろしくお願いします。
    文字数 4,783 最終更新日 2020.7.11 登録日 2020.7.04
  • 127
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 70 24h.ポイント : 0
    君が死ぬ時は、一緒に死のう。 君が苦しい時は、一緒にそれを背負おう。 君が楽しく笑いたい時は、一緒に笑おう。 君を、もう一生、ハナサナイ。
    文字数 1,041 最終更新日 2020.2.11 登録日 2019.9.27
  • 128
    短編 完結 なし
    お気に入り : 34 24h.ポイント : 0
    出会った【運命】、横にいた。 「よしっ!」 気合を入れて社会人第一歩。 都会のラッシュアワーに飛び込んだ。 混みあう電車の中。 動き始めて2分弱。 既に逃げ出したい俺は、これが毎日続くのかとため息をついた。 自分と同じタイミングでため息をつく横の男と目が合った。 バチっと目が合った瞬間、感じた。 【運命の番】だと。
    文字数 1,780 最終更新日 2019.3.30 登録日 2019.3.30
  • 129
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 185 24h.ポイント : 0
    母の余命が一ヶ月だと宣告されたβの俺は、父と母が出会ったという、αとΩのみが暮らしている特区の公園の前で途方に暮れていた。すると、甘い香りが漂ってきた。幼い頃に風邪を拗らせて嗅覚が鈍くなってしまった俺にもはっきりと分かる香りを嗅いでぼんやりしていると、突然現れた男に手首を掴まれて特区の中に連れ込まれて犯されてしまった。αである男は、俺が自分の運命の番だと告げてきた。「βの俺がお前の番なわけがない!」と否定する俺だったのだが……
    文字数 5,492 最終更新日 2020.8.12 登録日 2020.8.10