1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 部活の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 部活
R指定 R指定なし R15 R18
  • 31
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 7
    高校2年の春。これまで幼馴染みで親友のポジションを守って、自分の本当の気持ちは固く蓋を閉じてきた。いつも通り親友の部活終わりを待っていたある日の放課後、親友の行動で蓋をしていた気持ちに歯止めがきかなくなっていく。 高校生同士の甘酸っぱい青春ラブストーリー。(になるハズ!) 初BL小説なので、手探り執筆中・・・。(‘・ω・`)
    文字数 642 最終更新日 2018.11.9 登録日 2018.11.9
  • 32
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 109 24h.ポイント : 7
    短編集です。 完結毎に更新します。気になる作品からお読みください。 ◇石田純は自宅で、友人の相川一弥と映画鑑賞の予定が何故かホモビデオ鑑賞!? ◇教室で突然佐藤弦は、イケメン生徒会長に告白るされ!? ◇劉は幼なじみの無垢な那緒に色々と教えこむ。   ◇司は友人の武と暇潰しで練習する? ◇真は校門で1年生の八木に告白されて断るが! ◇文化祭前の一時弦はのんびり部活を楽しんで居たら、そこに何故か副会長が現れ!? ◇高校に入ってから男にモテだした篠原歩は運動部を完全制覇してしまうが・・・    等 目次を参考に好きな所からお読みください。
    文字数 222,048 最終更新日 2020.8.22 登録日 2017.6.30
  • 33
    長編 完結 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    夏色フォトグラフィ【期間限定全公開】 「水も滴るいい男、ってか」 大学の写真部に所属する麻生奏は、いつものように部活のために大学へ向かうと、仲の良い同級生竹本龍司にいつものように写真を撮られる。 そんな日常を繰り返していたある日、二人で近くへ撮影へと出掛けたところで、突然の雨に降られ── 写真バカの大学生たちのほのぼのストーリー
    文字数 32,002 最終更新日 2022.4.16 登録日 2022.4.15
  • 34
    短編 完結 R18
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 0
     僕は武田信也。山梨県の県立高校に通う高校生一年生。  弓道部に所属していて、部長の甘利虎蔵先輩と付き合っている。  ある日の部活終わりの事だった。いつもと違って積極的な先輩!? いつもは優しい部長が、名前のごとく虎になる?
    文字数 3,661 最終更新日 2022.2.11 登録日 2022.2.9
  • 35
    長編 完結 R15
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    ソフトテニス部でダブルスを組む薬師寺くんは、漫画やアニメに出てきそうな褐色イケメン。 顧問は「パートナーは夫婦。まず仲良くなれ」と言うけど、夫婦みたいな事をすればいいの?
    文字数 11,343 最終更新日 2022.2.12 登録日 2022.2.3
  • 36
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    高校入学後、部活選びで出会った先輩との片想いライフの始まり。
    文字数 4,518 最終更新日 2022.3.25 登録日 2021.12.25
  • 37
    短編 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    部員数が男子2名。タツヤとヒロアキの禁断の柔道部物語。広い柔道場、畳の上にたった二人の部活動。肉欲にまみれた男子高校生の物語。
    文字数 1,794 最終更新日 2021.12.20 登録日 2021.12.20
  • 38
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    花屋のアルバイト×影のある高校生です。 ほのぼのじれじれ青春日常系BLになれば良いなと思っています(仮) 珍しく主人公攻め視点で書いていくつもりです。 短編連載の不定期更新となりますが、よろしくお願いします。 【あらすじ】 近所の花屋のおばちゃんにバイトにきてほしいと頼まれた主人公の太陽(たいよう)は、部活も引退し、進路も決まっていた為にバイトを引き受ける。 なかなかの肉体労働に四苦八苦しながらも、幼い頃にお手伝いをさせてもらっていた時のことを懐かしみ、励んでいた。 ある日「白い花束が欲しい」と、現れた男子高校生結斗と再会を果たす。
    文字数 7,002 最終更新日 2021.11.7 登録日 2021.10.31
  • 39
    短編 完結 R18
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 0
     もし、自分が好きになった相手が――身近な存在だとしたら?  それが手の届かない存在で……好きになってはいけない相手だと判った時、どんな選択肢が残るだろう。  両親の仕事の都合で、俺たち兄弟は一つ屋根の下、二人暮らしをしている。  兄の日景。そして俺が弟の日向。互いに顔だけはそっくりなのに、性格はまるで正反対。  日向はお人好しで誰にでも優しい。そんな姿に苛立ち――だからつい、したくもない喧嘩ばかりしてしまう。  けれど、その日は違っていた。  一方的に喧嘩をして学校で別れるまではいつものこと。  なのに、同じ部活の友人から日向が告白されていたなんて話を聞いてしまったのがいけなかった。 「神様、頼むよ……」  自分ではどうしようもない感情が、想いが、ただただ胸を締め付ける。 「どうか、この想いを消してくれ……」  気づかないままでいさせて欲しいと神様に願った筈なのに――目を覚ますと何故か互いの身体が入れ替わっていた。    朝の出会いはサイアク。入れ替わった理由も原因不明。気まぐれな神様の悪戯だとしたらタチが悪い……!  そんなこんなで、入れ替わった身体のまま過ごすことになった秋の休日。  戸惑いと苛立ちを互いにぶつけ合いながら、押し込めていた本心(おもい)を暴露した瞬間、 「日向のこと、もっと教えて」  迫ってくる日景の言葉に抗えなくなった俺は思い知らされる。  日景も俺のことをどう想っていたのかを……。    双子(きょうだい)どうしの入れ替わり。相反する想いの先に生まれるパラドックスとは――?
    文字数 20,414 最終更新日 2021.10.16 登録日 2021.10.16
  • 40
    短編 完結 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    執着愛による狂った信仰心の話。ホラー風味。 好きな人が事故死したショックでおかしくなってしまったイーサンと、そんな彼を放っておけないジョシュア。 はじめはイーサンの奇妙な弔いの儀式に付き合っていたジョシュアだが、このままではいけないと思い… エロ、BL要素薄めです。 【登場人物】 ジョシュア→高校3年生。お坊ちゃん。部活では部長、委員会では委員長をしている優等生。 イーサン→大学1年生。ジョシュアとは同じ部活・委員会に所属していた。ダミアンのことが好き。 ダミアン→部活中に事故死した、ジョシュアの同期。
    文字数 8,241 最終更新日 2021.9.10 登録日 2021.9.10
  • 41
    短編 完結 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    ずっと頭の隅ではわかっていても繋げたくなかった、思い当たることが、今一本に繋がる。……そうか、だからか。///部活で先輩(攻)にこき使われる後輩(受)の短編。CP二人ともの性格がちょっとねじれています;
    文字数 5,357 最終更新日 2021.9.9 登録日 2021.9.9
  • 42
    短編 完結 なし
    お気に入り : 23 24h.ポイント : 0
    猛勉強の甲斐あって、福岡から遠く離れた東京の高校に進学した僕は、輝かしい高校生活に憧れていた。高校生になったら、勉強も部活もバイトも、そして何より恋愛も頑張って、薔薇色の高校生活を送ることを夢見ていた。しかし、初日から同級生に口説かれ、果ては先生、部活の先輩、バイト先の仲間、他校のヤンキー、達からモテてモテて困ることになる。人生最大のモテ期が到来した僕は、誰を選べばいいのか?そして、僕が求める本当の恋とは何か?
    文字数 50,109 最終更新日 2021.9.23 登録日 2021.9.7
  • 43
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    高校2年生の春、生まれて初めて同姓の奴に告白された。ノンケだった俺だが、好きと言われたことは素直に嬉しかった。なんとも思っていなかったそいつを、いつしか目で追うようになっていて━━━。 作者の実体験です。あれから5年ほど経ちますが、当時のことを振り返ってドラマのような体験だったなと思い、ここに綴ることを決意しました。温かい目で見守っていただければ幸いです。(作中での名前は変えています)
    文字数 6,333 最終更新日 2021.8.26 登録日 2021.8.17
  • 44
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    とある場所にある、とある高校生たちの何気ない日常。 日常とは何なのか。 僕にとっての日常は、俺にとっての非日常であり、 おれにとっての異常である。 学校生活でおこる少し不思議な話しや、好きなマンガの話し。 誰が好きとか、部活がどうとか。 何気ない会話から繰り広げられるちょっと変な学校での日常。
    文字数 19,184 最終更新日 2021.8.17 登録日 2021.7.13
  • 45
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    みとゆうしか勝たん(らしいです) 高校入学以降1ヶ月不登校していた羽山 優(はやま ゆう)の自宅に、クラスメイトの水戸 恭一(みと きょういち)がやってくる。彼はなんてことないように優を学校に誘う。そのさりげない優しさに背中を押されて優の高校生活はリスタートする。 クラス、部活でも個性豊かな同級生たちに囲まれ、優は学校を楽しむようになっていく。そんな中、優は恭一と共に秋の文化祭で女装コンテストに出ることになる。恭一は自分の体格が女装向きでないことから、『百合作戦』をとることになった。 「みとゆうしか勝たん!」 「みとゆうってなに!」 文化祭が近づく中、あまりにも距離感の近く、女装ゆえに美女に見える恭一のせいで、優はとんでもない夢を見る。その夢ゆえに優は恭一から距離をとろうとするが、恭一はそんな優を追い詰める。 「俺がなんかしたならそういえよ。まず怒れよ。俺から逃げんなよ」 コメディー、シリアス入り交じり友情以上恋愛以上告白未満not恋人but友人、くそでか感情爆発系青春小説。 【注意】軽度の性的表現、暴力表現、いじめ描写あります。 ※失恋ファイブと同一キャラ出てきます
    文字数 30,302 最終更新日 2021.5.10 登録日 2021.5.10
  • 46
    長編 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    部活で良い関係だった2人の一方通行な愛
    文字数 61,513 最終更新日 2021.5.19 登録日 2021.4.29
  • 47
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 0
    俺の名前は鈴木流星。 座右の銘は鶏口牛後。 レベルの高い高校に行くより、偏差値の低い高校で学力トップを取ってモテモテハーレム生活を夢見ていたが、張り出された定期テストの順位表でまさかの2位。 トップを取ったのは、奇しくも中学時代テニスの決勝戦でよく対戦していた佐藤涼真。 クラスも同じで何もかも2位の俺の心はズタボロ。 テニス部も止めて、俺もヤンキーになってやろうかとしていたら涼真が現れて・・・。 ◇◇ BL処女作です。 初めてなのでいろいろな匙加減がわからないままやるので、 ゆっくり書いて行こうと思います。 過激さのバランスや、その他諸々ご意見いただけたら幸いです。
    文字数 15,002 最終更新日 2021.11.9 登録日 2021.3.14
  • 48
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    ある日の学校の放課後に起きた、男子校のBL談。(著者が実際に体験しました。) 男子校に入ってから、放課後は学校に残って勉強か友達との部活三昧だった僕。 楽しい日々の時に部活の先輩 (湧嶋:仮名)から言われた言葉をきっかけに、学校にバレないようにその先輩と仲が深まっていき。 色々な事を教えられ、最終的には 絶対バレたくない結末に… 〜作者から〜 注:この作品では自分の実体験を元に書いています。 ・多少盛っている場面多々あり。 ・本人からは許可取っています。 ・初投稿の小説の為文脈表現に難あり なので暖かい目での応援よろしくお願いしますm(_ _)m
    文字数 1,578 最終更新日 2021.1.7 登録日 2021.1.4
  • 49
    短編 完結 なし
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    「願い」と同じ緑稜学園が舞台の学園ファンタジーBLです。今回も学園生活は出てきません。 それと、「願い」の二人は出てきません。彼らの二つ年下の後輩がカップルです。 この話で完結しているので、「願い」を読まなくても大丈夫です。 ちゃんとハッピーエンドですが、主人公たち以外が、少し切ないかもしれません。 植松拓海は疲れていた。部活で疲れているのに毎晩体力の限界に挑戦させられているからだ。 そんな中、恋人の藍田翔が変なことを言ってきた。 「もし、俺たちが入れ替わったら・・・面白いと思わないか?」 ここまで読んでいただいてありがとうございます。 今回は全10話です。 今回もかなり前に書いた作品で、手直しをしながら思わず恥ずかしくもなりました。 誤字脱字などあるかと思います。お教えいただければ嬉しいです。 いつも通りに拙い作品ですが、気に入っていただければ幸いです。
    文字数 16,762 最終更新日 2020.12.7 登録日 2020.11.28
  • 50
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    大学1年の秋から一人暮らしを始めた眞人は、2年になって生活が落ち着いてからオーケストラ部に入部することにした。 そこで出会った裕次という同学年は、なぜか眞人を敵視する。 その理由が知りたくてしつこく絡んでいたら、とある秘密を共有することになりそれを機に距離が縮まっていく。 その秘密は、お互いに同性が恋愛対象なこと。 裕次に想い人がいることを相談され応援する眞人だが、次第に裕次に惹かれていく。 大学の部活の中での、狭い世界での三角関係の話。 ※書きたいシーンを書いているので、妄想補完が必要かもしれません。。
    文字数 23,019 最終更新日 2020.10.4 登録日 2020.9.10
  • 51
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    バイオリンを専攻する奏一は、ある日オーケストラ部の先輩でありチェロ専攻の貴史とデュオを組むことになる。 それまでは同じ学部、同じ部活の単なる仲間でしかなかったが、二人で過ごす時間が増えていくにつれ、だんだんとその関係性が変わっていく。 お互いを思いやりながらもすれ違ってしまう、その一因は奏一の過去にあった。 音楽と、他者とのプラトニックな繋がりを通して過去と向き合う大学生の物語。 ※タイトル変更しました。
    文字数 22,578 最終更新日 2020.10.2 登録日 2020.9.1
  • 52
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    愛想の悪い後輩×優しい先輩 バレーボール初心者である八島(やつしま)は部活選択において「外れくじ」を引いたと思った。 嫌味な同級生に、先輩。それから過度な期待を寄せる顧問にも。 それよりもっと面倒なのは、ストレートに嫌味を言ってくる先輩「岸さん」。 ——かと思えば、実はすごく優しくて絶対に八島を見捨てない。 中学生には「それ、語弊を生む言い方だよ!」と誰か教えてやってください……。 ※中学生編から高校生編を描いていきます(予定) ※中学生編はおそらくR15くらいで止めます ※更新、頑張ります
    文字数 23,212 最終更新日 2020.9.8 登録日 2020.8.30
  • 53
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    夕暮れの体育館 バスケをやめたはずの匠海だったが、妙に懐っこい後輩に付きまとわれて部活に再入部してしまう。遅くまで自主練に打ち込むふたりのちょっとした一コマ。
    文字数 1,589 最終更新日 2020.7.11 登録日 2020.7.11
  • 54
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    母校でもある私立高校で社会科の教師をしている仲村飛鷹はある日怖い人たちに絡まれていた同じ学校の問題児である柏木瑠惟を助けたことをきっかけに気に入られてしまった。 学年も部活や委員会でさえ違う2人であったが、わがままで天邪鬼な瑠惟に振り回されながらも飛鷹は徐々に瑠惟の素直なところや年相応に可愛らしいところが気になりはじめ、互いに距離を縮めていくが、教師と生徒という関係や周りの同性愛に対する偏見の目など、どうしてもこれ以上は近づいてはいけない理由にもどかしい関係が続いてしまう。 教師×生徒のほのぼの甘め(?)な学園ものです。
    文字数 65,081 最終更新日 2020.10.27 登録日 2020.6.15
  • 55
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    こんばんは〜!! 今回は熱出て部活早退して、電車の中で悪化した男の子の話。電車は普段使わないから間違った情景があればごめんなさい。 それから、ラスト無理やり締めたので、文章がだんだんぐちゃぐちゃになっていってます。 それでもいい人は読んでいってください!
    文字数 3,121 最終更新日 2020.2.25 登録日 2020.2.25
  • 56
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    心が染っていく 高校を入学して、陸上部に入部した俺は、毎日仲間と練習に励んでいた。 そんなある日、転校生がやってきた。 席は俺の真横で声をかけたところ、色々分からないことが多いと思うから教えて欲しいと言われた。 翌年になり、去年同様同じクラスで、いつもの様に部活をやり終わり帰ろうとしたら、、、
    文字数 860 最終更新日 2020.2.11 登録日 2020.2.11
    BL
  • 57
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    「平安時代の女流作家達が男子高校生だったら」がモチーフ。 古典知らなくても読めます。 サブカルチャーにどっぷり浸かったオタク高校生達のドタバタラブコメディー。 BL漫画家×腐男子 天真爛漫チャラ男×ツンデレ スポーツマン系コスプレイヤー×気弱歌い手 王子系生徒会長×癒し系 以上のカップリングを予定してます。 ※R-18は今のところまだないです。
    文字数 24,603 最終更新日 2020.3.28 登録日 2020.1.22
  • 58
    短編 完結 R18
    お気に入り : 54 24h.ポイント : 0
    只今猫カフェ部の部長は変態会長に犯されています。 『動物にも人間にも優しいワンコな猫カフェ部の部長は、生徒会長のために可愛い…猫になって』 富多高校には、ある部活があるそれは、猫好きの伊織紅葉が1人で活動する部活『猫カフェ部』が存在する。この猫カフェ部は、富多高校の生徒会長桂花琥太郎が援助している…実はこの2人
    文字数 19,058 最終更新日 2020.5.8 登録日 2019.12.7
  • 59
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    【男子高の4人の腐男子】 他生徒は健全に部活に打ち込む放課後。 旧校舎の空き部屋では少々不健全な話し合いが行われている。 ****************** 《男子校の腐男子達の会話》 《みんな頭おかしい》 《語彙力が欠如しているぞ》 《無理矢理BL展開に引き込む》 《多分ほのぼの》 《短い》 ****************** R指定はギリ無いと思います。多分。
    文字数 257 最終更新日 2019.11.27 登録日 2019.11.27
  • 60
    短編 完結 なし
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    学校一の美少年と噂される男と出会い頭に衝突してしまった。。 放課後、その美少年が部活中の俺のところにやってきて、飯を奢れと言ってきた。 怒っているのか、遊ばれているのか分からないが、俺はその申し出を受けることにする。 荒っぽく鈍感な上条 翔(かみじょう かける)と、 いまいち素直になれない学校一の美少年、竹内 楓(たけうち かえで)。 上条の親友の中西 灯夜(なかにし とうや)は少しずつ状況を理解し始めたようだが…? 青春系恋愛BLです。いかがわしいシーンはありません。後半まぁまぁシリアスな雰囲気になりました。タイトルに反してコメディ要素はないです。 ------------------------------------------------------ 2019/11/12(火) 無事完結しました!結局性癖は隠せないのですね。学びました(笑) 最後数話を書くのが寂しくて嫌すぎて辛くて楽しかったです。 1つでも感想もらえたら嬉しいな。 2作目もぼちぼち書き始めます。これからもよろしくお願いします✨
    文字数 22,773 最終更新日 2019.11.11 登録日 2019.9.16