1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 音楽の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 音楽
R指定 R指定なし R15 R18
  • 61
    短編 完結 R18
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    デイジーの黙示録 世界的トップミュージシャンに目をかけられ、アイドルグループ、デイジーの本格的音楽番組がスタート!デイジーにっては、いいこと尽くめながら、三村くんへのセクハラが目に余り、内心穏やかでいられない大路。一旦、落ち着いたかに思えのが、相手は懲りないで・・・? 「デイジーの受難」の最年少、大路×最年長、三村のBL小話。実は、くっついていないけど、ハードな描写がでてくるので、R18です。 「デイジーの受難」のリンクは↓にあります。
    文字数 6,011 最終更新日 2021.5.27 登録日 2020.5.29
  • 62
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    草草不一 桜を見ると思い出す、叔父と過ごした穏やかで、温かくて、幸せだった日々を 叔父から譲り受けたロールピアノと共に僕は生きていく 彼が教えてくれた宇宙の音を今度は僕が世界に落していくのだ 「大好きだったよ、叔父さん」 今は亡き愛しい人の名前は春風に消された かつて叔父の身体を蝕んだ花吐き病、桜 憎らしい桜、だが美しい 僕は桜散る街道を1人、歩いていく 「草々不一、だね」 伝えられなかった言葉は音にて贈られるのだと、彼はそう言った 草々不一、後悔の念 伝えられずに消えた言葉は桜と共に そう。これは僕と叔父の気づくことの出来なかった恋の物語
    文字数 3,246 最終更新日 2019.9.9 登録日 2019.9.8
  • 63
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    かじかむ指 僕は、誰よりもあなたを愛していました・・・・。禁じられた恋をした僕の、告白。ピアニストをめざす僕は、音大の付属高校の時に、尊敬する師に出会う。音楽は、人を時に、現実からさらい、遠くへつれていってしまう。音楽と、愛に生きた青春の日々に、ピリオドを打つ、残酷な結末。あなたは、彼を裁きますか、それとも・・・。
    文字数 8,781 最終更新日 2019.8.13 登録日 2019.8.13
  • 64
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    夜明け前にウィスキーを 現代のようでどこか違う世界のとある街で、バーを営むバーテンダーと。 この街に終幕をもたらす男たちの、ダークファンタジー風BL CP 俺様系エセ紳士風常連客×穏やか系バーテンダー あらすじ + + + 落ち着いた音楽が流れるレコードと、ダークブラウンで統一したバーカウンター。 棚には姉さんが揃えた、色とりどりのリキュールと、ワインとウィスキー。  バーテンダーとしては、まだまだ未熟な俺にとって、身に余るほどのものたちばかりで。 店に来るたび、もっと早く、一人前のバーテンダーにならなくてはと思ってしまう。  何故なら、今の俺はバーテンダーとしての実力よりも、この見た目の方が人気で、 俺としては、不甲斐ないことに尽きないのだが…。 どうやら、思わず触りたくなる砂茶色のボブヘアーと愛くるしいこげ茶の瞳が、 堪らなく魅力的な可愛いバーテンダーとして、何故か人気が出てしまったので。  …ほんと、どうしてこうなってしまったのかと、小一時間程考えたくなるが、 どうせ考えても、埒が開かないことなので。   自分の未熟さ故に、こうなってしまったんだなと思いながら。 一つ、ため息をつくと。 チリーンと、店の扉が開く音が聞こえてきて…。
    文字数 28,173 最終更新日 2020.1.9 登録日 2019.7.20
  • 65
    短編 完結 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    鈍色の先へ エブリスタ様にて「友へ」の題名で更新させていただいたお話です。アルファポリス様では『滲んだドクロ』のつづきになります。  こちらは、BLであり、加藤の一人称語りです。 登場人物  加藤雄介  芸術学部音楽学科卒  二十七  佐伯英治  芸術学部文芸学科卒  二十七  遠野彰   芸術学部映画学科卒  二十七  幸島庸輔  芸術学部文芸学科卒   加藤が佐伯に恋をするのと、それに気づくまでに時間差があります。
    文字数 37,636 最終更新日 2019.6.7 登録日 2019.5.17
  • 66
    長編 完結 R18
    お気に入り : 150 24h.ポイント : 0
    みなしごと百貨の王 【あらすじ】  時は大正、浅草十二階下。ある理由から夢も希望もなく生きていたみなしごの〈しおん〉は、ひょんなことから少年音楽隊の選考会に迷い込む。孤児を追い払おうとする座長に水をかけられ、みすぼらしい濡れ鼠になったはずのしおんのことを、まっすぐに見つめる者がひとりだけいた。 「歌わないのか?」  その男、若き百貨店王龍郷(りゅうごう)との出会いが、しおんの世界を大きく変えていく。  座敷牢に閉じ込められない系大正浪漫、ここに開幕。 イラストは有償依頼しているものです。無断転載ご遠慮ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 冬コミ参加します。「虹を見たかい」に後日談のえろを書き足したものが新刊です。 12/28(土)南棟ノ19b「不機嫌ロメオ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    文字数 164,302 最終更新日 2019.11.29 登録日 2019.5.11
  • 67
    長編 完結 なし
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 0
    『dolce~ドルチェ~』 親友が所属しているアマオケの新指揮者「帯刀優音(たてわきゆうと)」に一目ぼれを起こしてしまった「水城羽流(みずきはる)」…大人で優しい優音に日に日に惹かれていくものの、過去の恋愛で受けた深い心の傷がトラウマになり、中々優音に心を開けない。お互いに好きで好きで堪らないのに、もどかしいほどに距離が縮められない。頑なに新しい恋愛を拒んでしまう羽流の心を、指揮者でありピアニストでもある優音が少しずつ、自分にしか出来ない「音楽」という表現で溶かしていく…
    文字数 89,014 最終更新日 2018.8.27 登録日 2018.8.27
  • 68
    長編 完結 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    ベンツの新車の一番高いヤツが買えるほどのダイアモンド ヘア・スタイリストである清夜(せいや)には、五年間生活を共にしてきた、若くして不動産の事業に成功した和輝(かずき)がいる。しかし清夜は自分の客である速斗とたった一度の浮気をしてしまう。その罪悪感で、和輝のもとを飛び出す清夜。しかしある晩、和輝が清夜を訪ねて、清夜の新しい職場へやって来る。清夜は自分の夢であった、ブライダルのヘア・サロンで働いていた。それからというもの、毎週末、清夜とレストランに行き、一緒に食事をすることが和輝の楽しみになる。和輝は清夜が速斗と一緒に暮らしていると思っていたが、実は清夜が彼と別れて一人で住んでいることを知り、彼に、ベンツの新車の一番高いヤツが買えるほどのダイアモンドのエンゲージリングを贈って、帰って来るように、と懇願する。しかし、清夜はどうしても和輝を裏切った、彼自身を許すことができない。不眠症になった和輝は、医者からもらった睡眠薬を全部飲んで一か月入院する。死に損なった和輝は、まだ生きている自分の強さを自覚し、また清夜に帰って来るよう頼みに行く。都心に家を購入した和輝だが、その古い洋館には幽霊がたくさん住んでいて、その幽霊を見ているうちに、浮気の罪悪感など、どうでもよくなった清夜はとうとう和輝のもとに帰って来る。実業家和輝は、色々な社交の場に清夜をエスコートしていく。ある音楽財団に頼まれて、ブラジル人のバイオリニスト、アレックスをコンテストの決勝に出演するまで、和輝達が面倒を見ることになる。決勝を前にナーバスになったアレックスと、ベッドを共にする清夜と和樹。ところが今度は和輝が若い男と浮気してしまう。清夜はまた和輝のところを飛び出してしまう。若い男と別れた和輝は清夜のもとに帰って来る。仕事の忙しい清夜は拒食症になってしまう。清夜は、献身的に看病してくれる和輝が清夜の本当の王子様と気付くのだった。
    文字数 28,230 最終更新日 2017.11.2 登録日 2017.11.2
  • 69
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 25 24h.ポイント : 0
    男を好きだと思ったことなんてなかったのに、CMで流れていた男の声に、一瞬で惹かれた奏。 おかしいと思いつつも、惹かれていく気持ちを抑えられない。 そんな中、奏のクラスに時季外れの転校生が来た。 CMの声とは全く違うのに、何故か彼のことが気になってしまい――? ※他サイトでも連載中です。
    文字数 14,308 最終更新日 2017.6.24 登録日 2017.6.9
  • 70
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 1,769 最終更新日 2017.4.22 登録日 2017.4.22
  • 71
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    登場人物 *相口 芽宮(あいぐち めぐ) ☆性格☆ 天真爛漫。時々リーダーになる。 手先がとても器用で、一 回教えてもらうと、なんでもできるようになる。 ☆習い事☆ 塾 ダンス ☆好きな人☆ 大樹が好き。 ☆クラブ☆ 手芸クラブ。 *七瀬 姫楽李(ななせ きらり) ☆性格☆ とってもお目立ちキャラ。クラスの人気者。実験が得意。運 動が苦手で、時々体育の時ずる休みをする。 ☆習い事☆ 塾 習字 ☆好きな人☆ あきらが好き。 ☆クラブ☆ 絵本クラブ 矢田 鈴音(やだ すずね) ☆性格☆ 読書が好きで、たまに小説を描いているので、小説家になり たいと思っている。あと、運動も得意。 ☆習い事☆ 塾 バトミントン そろばん ☆好きな人☆ 仁が好き。 ☆クラブ☆ バトミントン *白井 若葉(しろい わかば) ☆性格☆ 親父ギャグが定番。大体ウケない。でも自分で笑ってる。何 もかも面白くいうので親しまれている。 ☆習い事☆ 塾 英語 ☆好きな人☆ 仁が好き。仁と両思いなのは知らない。 ☆クラブ☆ 読書クラフ *稲垣 梛菜(いながき なぎさ) ☆性格☆ おしゃれで、毎日自分の考えた服を描いている。よく風邪をこ じらせるので、冬は10回近くくらい休む。歌オンチ。 ☆習い事☆ 塾 スイミング ☆好きな人☆ 礼衣が好き。 ☆クラブ☆ パソコン *水野 華蓮(みずの かれん) ☆性格☆ 勉強と運動どちらも得意。優しくて、成績が良く、頼れるムー ドメーカー。しかも可愛い。何もかも優秀。しかし、少し、お っちょこちょい。 ☆習い事☆ 塾 女子サッカー スイミング ☆好きな人☆ 好きな人はいない? ☆クラブ☆ 大正琴クラぶ *高橋 秋喇(たかはし あきら) ☆性格☆ 頑張り屋さんの努力家。家ではパソコンをずっとしまくって いる。 ☆習い事☆ 塾 ☆好きな人☆ なぎさが好き。 ☆クラブ☆ パソコンクラブ *船越 仁(ふなこし じん) ☆性格☆ スポーツ万能でサッカーを3歳の頃からしている。家族思い て優しい。 ☆習い事☆ サッカー そろばん ☆好きな人☆ 若葉が好き。若葉と両思いなのは知っている。 ☆クラブ☆ サッカー 川勝 礼衣(かわかつ れい) ☆性格☆ 小金持ち。お小遣いは1週間デ500円。頭がいつもボサボサ だが、遅刻はしていないので起きるのがギリギリなのかは、 分からない。 ☆習い事☆ 野球 塾 そろばん ☆好きな人☆ かれんが好き。 ☆クラブ☆ パソコン 本田 大樹(ほんだ だいき) ☆性格☆ 宿題を1週間に一回は忘れるが、成績はいいっちゃいい。で も音楽の成績が悪い。 ☆習い事☆ サッカー 塾 ☆好きな人☆ 鈴音が好き。
    文字数 4,252 最終更新日 2016.12.10 登録日 2016.12.10
  • 72
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    憧れの日本、母さんが生まれ育った遠いアジアの国。 僕ら双子はその日本に移り住むことになった。 日本語を覚えるために知り合った施設兼寮のみんなに支えられて楽しい毎日を送っている。 でも世界に通用するピアニストになるって夢をかなえるには、映画に出演したりテレビで歌ったり男の子に恋をしてる場合じゃないよね? しかも僕らのうち片方は母さんの実家の医師業を継がなきゃいけなくて、どっちがそうするのか、なかなか決められない。 できることなら、大切な『もう一人の僕』に好きな道を進んでほしいんだ。 ……有名な音楽家を父に持つ混血の帰国子女、諒と覚はとにかくお互いとピアノが大好き。ふたりはどちらが家を継いで医師になり、夢のピアニストになるのか。美しいバイリンガルの過去とは。双子と彼らを取り巻くひとたちの、性別や友情関係に戸惑う5つの恋のお話です。 性描写は少なめです。5話より先は、日本語のせりふを「」で、英語・ドイツ語のせりふを『』で表しています。ムーンライトノベルズ様で同じものを掲載しています。164話完結です。
    文字数 196,477 最終更新日 2017.11.10 登録日 2016.10.20
  • 73
    長編 完結 なし
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 0
    「Re...」のキャラクターも登場します。 軽音楽部の三島海斗は、友人の弘大に頼まれて演劇部の手伝いをすることになった。文化祭で白雪姫を演じる予定の演劇部だったが、白雪姫役に選ばれた生徒が次々に襲われるという事件が起きているのだ。 ボディガードだとかなんとか言いながら、弘大に体良くこき使われる海斗だったが、衣装係の蘇芳一維に一目惚れして・・・
    文字数 48,352 最終更新日 2016.8.12 登録日 2015.10.28
  • 74
    短編 完結 R18
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 0
    はなかんむり 悠真は子供の頃からピアニストを目指していたのだが、ある日を境にピアノ弾くことすらしなくなっていた。 そんな時、偶然にもライブハウスから漏れる音楽を聴いて、出会ったのは。 文章つづりはじめて四作目の作品になります。 今よりも更につたない文章ではありますが、楽しんで頂けると幸いに思います。
    文字数 48,037 最終更新日 2015.2.25 登録日 2015.2.25