1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 香りの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 香り
R指定 R指定なし R15 R18
  • 31
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 7
    ☆R18は後半です。 ☆完結しました 貴津レオンはいわゆるお坊ちゃん学園の高校生だった。 ある日、送迎用の車のトラブルで電車に乗ろうとした時、女子高生に絡まれている他校の男子を助け…………
    文字数 10,041 最終更新日 2021.9.20 登録日 2021.9.19
  • 32
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 7
    甘い香り 誰にでも感じよく優しい図書館職員の小野さんが苦手な僕・・・ 図書館は平和ではなく修羅場を描いたBL
    文字数 3,004 最終更新日 2021.9.5 登録日 2021.9.5
  • 33
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 7
    【短編】先輩と俺と夏祭りと これは、夏祭りを舞台にした、男子高校生の甘酸っぱい恋の物語。 毎日暑いですね。 夏といえば、お祭り。 このご時世なかなかお祭りにも行けず、頭の中で、祭り囃子の音色や、屋台から漂う食欲をそそる香り、着物姿の人々、優しい提灯の光、仕上げに夜空に咲く色とりどりの花火を想像し、なんとかお祭りに行きたい欲を抑え込んでおります。 そんな欲望から、夏祭りを舞台にしたお話を作ってみました。 短編なので気軽に読んでいただけたらと思います。
    文字数 4,197 最終更新日 2021.8.28 登録日 2021.8.23
  • 34
    短編 完結 R18
    お気に入り : 35 24h.ポイント : 7
    国で一番の勇者として称えられたブラウリオは、悪名高い魔法使いを退治するために森の奥へと向かう。魔法使いの罠にかかり、媚薬まみれにされるブラウリオ。そこに現れたのは、日頃から犬猿の仲として囁かれるカルリトスだった。ブラウリオの全身から漂う甘い香りに耐えられなくなり、カルリトスは野獣と化す。 四つん這いにされ、ブラウリオはそのたくましい男根に犯される。
    文字数 1,691 最終更新日 2021.6.21 登録日 2021.6.21
  • 35
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 147 24h.ポイント : 7
    香りの鳥籠 Ωの香水 稀代の調香師でαのメルト・アスターは魅惑のΩフェロモンをイメージした香水を調香し、 一躍その名を馳せた。 後に店を継いだのはアスターの実の息子であるαのメテオと、血の繋がらない弟でΩのラン。 ランは幼い頃から密やかな恋心をメテオに抱いている。いつかは番になりたいと夢見ているが、兄はΩフェロモンを模した香水を作り続けねばならず、フェロモンを感じ続けるために、番を作ることを禁じられていて…… 両片思いからの攻めの執着&溺愛系      🏵登場人物紹介🏵 ラン     店の看板息子、可愛く元気なΩの少年。発情期はまだの半人前。        兄のメテオが大好き。健気系美少年。 メテオ    αの調香師。父の仕事を継いでいる。建前は爽やか男前。実は弟命の溺愛執着系。 ソフィアリ  ハレへの街の領主。故あって中央を追われてこの地に来た。美貌知性胆力併せ持つΩ。        中央からの旅人。ソフィアリと関係があるようだが…… ラグ     ソフィアリの年の離れた番。元軍人。無茶苦茶強い。言葉は少なめ。 クィート   中央からの旅人。ソフィアリと関係があるようだが……
    文字数 119,345 最終更新日 2020.12.30 登録日 2020.12.4
  • 36
    短編 完結 なし
    お気に入り : 46 24h.ポイント : 7
    男だらけ?なるほど。そういう世界か。異世界転生という神様的なもの(軽いノリ)と軽い説明を受け、転生先へ。名前はくじ引きで「ビー」。男です。起きた時、前世はそんな夢を見たと自覚はあるものの。どこここ?あ、ファンタジーだわって世界で男だらけの生活が始まる。うまく順応して、この世界で重要視される「職業」を手探りに探し、周りと仲良くやってく成長の第一歩を踏み出す!しかし、ハチミツが女王を冠する城で何を意味するのか? 完結済み
    文字数 25,208 最終更新日 2020.5.15 登録日 2019.10.10
  • 37
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 7
    Twitter上の企画で、「包まれる香り」をお題に書きました。 老舗ブランドの3代目×謎めいた調香師。 ※fujossyからの転載です
    文字数 1,473 最終更新日 2019.9.4 登録日 2019.9.4
  • 38
    短編 完結 R18
    お気に入り : 27 24h.ポイント : 7
    待夜駅と碧翠堂 幻想耽美。路地裏に小さなお店がありました。待夜駅というショットバーと、碧翠堂という骨董屋。そこには美少年がいて……。時空をこえたラブストーリー。 <U様ご感想>言葉選びが美しく、繊細で、思わず音読したくなります。 朗読して音響つけたら、素敵な世界がもっと膨らみそうな、そんな作品だと思います。視覚からも聴覚からも、 沢山の色と音と香りを楽しむことが出来るそんな作品です。 作品の良さを、言葉で上手く説明できなくてもどかしいです。是非、読んで見て下さい。私の滅茶苦茶好きな作品です。 重複投稿:Fujossy
    文字数 9,926 最終更新日 2019.6.21 登録日 2019.5.6
  • 39
    長編 完結 R18
    お気に入り : 69 24h.ポイント : 7
    夕凪の空 京の香り 【R18】大正時代、京都。京都の老舗呉服屋若旦那の夕凪は、出入りの京友禅の絵師にある日、美しい訪問着に目を奪われる。そこから成り行きで、抱かれてしまった。初心な夕凪は手慣れた絵師にどんどん躰を甘く開拓され、その関係に溺れて行ってしまうが、そんな二人の間には許婚の存在やさらなる問題が次々と。家や時代というしがらみに押しつぶされそうになっていく恋の行方を、甘く、時にハードにドラマチックに描いていきます。 ※第1章※ 京都の町を舞台に、信二郎×夕凪甘く切ない官能的な世界を描いていておりますが、他の作品よりエロ度が高めですのでご注意ください。18歳未満の方の閲覧はお控えください。 ※第2章※ 28話以降~『捕らわれる』より、シリアス編に突入しました。新たな登場人物も加わり、次々と夕凪は貞操の危機に翻弄されていきます。無理矢理を含む、シリアスな展開になっていますので、苦手な方は御回避ください。 ※第3章※ 61話以降~徐々に『重なる月』とリンクしていきます。63話に無理矢理凌辱シーンがありますのでご注意ください。苦手な方は回避して下さい。ハラハラドキドキのドラマチックな展開を目指していきます。エロ多めの章です。 ※第4章※ 127話以降~残された兄弟。湖翠と流水の話が中心になります。 切なさが募るセレナーデのような流れ。 **** このお話は、実はもともと『重なる月』のパラレルとしてスタートしました。 よって、夕凪の前身は洋・ヨウ・洋月で、信二郎の前身は丈・ジョウ・丈の中将のイメージで書いています。いずれ『重なる月』へとリンクしていきますが、単体でも読めます♡ ◆主な登場人物◆ 呉服屋若旦那 → 一宮 夕凪 (いちのみや ゆうなぎ) 京友禅絵師  → 坂田 信二郎(さかた しんじろう) 呉服屋若旦那 → 大鷹 律矢 (おおたか りつや)
    文字数 276,492 最終更新日 2019.10.28 登録日 2018.12.3
  • 40
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 451 24h.ポイント : 7
    あの日、僕たちが初めて出会った日もこんな香りがしていた。 その香りに誘われて俺は「キミ」と、いう存在を見つけた。 ………そんなお話しです。 初BL作品です。 !注意! オメガバースものとなっています。 誤字脱字が大丈夫な方、妊娠・出産の表現ありが大丈夫な方はどうぞ。 ゆっくり更新ですが頑張ります!
    文字数 49,806 最終更新日 2020.5.16 登録日 2018.5.27
  • 41
    ショートショート 完結 R15
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    旅先で私は白昼夢を見た。
    文字数 624 最終更新日 2022.5.10 登録日 2022.5.10
  • 42
    長編 完結 R18
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    全てを識る指先 バルダサッーレ男爵家の三男、フラヴィオ・デ・アンジェリス・バルダッサーレは奔放であった。 彼は屋敷の離れに住み、夜は酒場に赴いて老若男女問わず床を共にする。 そんな彼の元に、盲目の彫刻家・セシリオがモデルになって欲しいと訪れる。 彼は盲目ゆえ、対象に触れないと作品を作れない。 「ーーーさあ、服を脱いで」 謎めいた芸術家×強気美少年の耽美な香りが漂うBL。 ※そらの茜さんのイラストからお話を書く遊びから生まれたお話。茜さんありがとうございました♡ ※一部無理矢理セッな表現、NTR要素(本番なし)がありますのでご注意ください。
    文字数 32,659 最終更新日 2022.5.2 登録日 2022.4.11
  • 43
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    冬とシュトレン 仕事を辞めて数ヶ月が経つ。いつもだったら、職場で迎えていたはずのクリスマスイブ。 今年は初めて家で過ごす。付き合っていた彼も居ない。久しぶりの一人っきりのクリスマ スイブの日。 昔好きだったシュトレンを買ってきた。早速、カットして食べてみると懐かしい味がして 心があったまる。 だが、一人で食べるにしては大きすぎた、このシュトレンを食べきるのは誰かとシェアす る必要がある、と思ったが親友関係が少ない俺には埒が明かない事に気づく。 「あー俺にも親友がたくさん居たら良かったのかな?」と言ってもSNSで#シュトレン一 緒に食べませんか?なんて呟いてもバカにされてもおしまいだろう。 「馬鹿馬鹿しい」気分転換に外に出ると、あっ、そう言えば最近近くにできたカフェでお 店の店主と親しくなったのを思い出した。でも、シュトレンとか好きなんだろうか? まあ良いか、寒空の中目的地を目指すことにした。 歩くこと数分、カフェcatについた。カランコロン ドアを開けると彼はいつも通り カウンターの中で本を読んでいた。「あっいらっしゃい、この間も来てくれた子じゃない か!嬉しいなもう、僕の虜になったんだね!」クルクルくせ毛と中性的なメガネ店主、 ベンジャミンだ。日本に興味があり、少しなら話せるらしい。今のところほぼドイツ語 で話しているが。 「いや、今日はただ、これを...。」後ろに隠していたシュトレンを見せる。すると、 「これはシュトレンじゃないか!僕 好きなんだよね。あっ、コーヒー入れるけど、ミルク入れ る?」 全く、この人といるとペースが乱れる。でも、不思議と悪い気分でもない。 「じゃあ、ミルク入りでお願いします。」「わかった、たっぷりめに入れとくね、」 コーヒーのいい香りが漂って来る。初めてここに来た時もこの香りに引き寄せられて来たんだっ たか、そんな思いをふけていると「はい、コーヒー、できたよ。ここに置いとくね。」 カップを置き側に座った。「今日は、クリスマスイブだけど君がシュトレンを持って来てくれた から、お店は閉めとこう。」 「えっ、いいんですか?そんな閉めなくてもっ」いきなり、細くて長い人差し指が唇の前に出て 来た。これ以上喋るなと言うような目で。 「それに、君と少しばかりお話もしてみたいしね、」と言うといつもどおり無邪気に微笑む。 窓の外はまだ雪が降り続いている。降り止む様子もない、俺はこのままベンジャミンと過ごす 事にした。 続く
    文字数 2,158 最終更新日 2022.3.13 登録日 2021.11.22
    BL
  • 44
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    THE DARK ― 大手法律事務所のエースは妖しいバーテンダーの手中に堕ち、自我を覚醒していく 謎のバーテンダー×エリート弁護士 一夜の過ちが運命の歯車をまわす。 グラスに注がれた一滴の液体。それは甘美な味と芳醇な香りがした。 封印された記憶は抗えぬ誘惑に掻き立てられ本能が目覚めだす。 ミステリアスな大人の物語。 あらすじ 大手法律事務所に勤務する櫻井実(さくらいみのる)は、毎晩悪夢に悩まされていた。悪夢のはずが火照る身体。妻への後ろめたさを感じながら、ベッドを出て火照りが治まるのを待つ日々。 原因は分かっていた。 ふらりと立ち寄ったバーで起きた一夜の過ち。しかも相手は男。 二度とそんな過ちを繰り返すまいと固く決心したある日、事務所へ意味深な一本の電話が掛かってくる。 これは対処だ。そう思いながらも、抗えぬ誘惑に導かれるよう櫻井はその店へ足を運ぶ。 それが定められた運命だとも知らず――。
    文字数 18,033 最終更新日 2021.12.2 登録日 2021.11.23
  • 45
    長編 完結 なし
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 0
    ゲイ? バイ? トランスジェンダー? 男性 女性 それとも女装? 名称なんか飛び越えて、好きな人に好きだと言いたい! 迷いながら進む、高校生青春ボーイズラブ 瀬七勇人(せな はやと)は醒めていた。高校に入学して1年と6か月。勉強もスポーツも順調だ。身長は高くないが、金髪と整った顔立ちでモテている。それでも何かが足りなかった。 欲求不満な高校生活の中で唯一、同じクラスの大平麗人(おおひら れいと)が気になった。 理由は全くわからない。背は高く、目はクルミみたいに丸い。男子にしては華奢な身体。 勉強でもスポーツでも存在感は全くない。友人も多くはなさそうだ。 それでも気になり続けると好きなところが見えてくる。 さらに麗人には女装癖があるようで。 気になる同級生、大平麗人の纏うレモンの香りに誘われて、勇人は自分の好きを見つけていく。 自分らしく生きるための青春ボーイズラブ
    文字数 90,765 最終更新日 2021.12.12 登録日 2021.10.30
  • 46
    短編 完結 なし
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    仕事終わりに行きつけのカフェでスイーツを堪能するのが日課のおじさんと、そのカフェで働く男子の話。 わんこ系男子×スイーツ以外鈍感おじさんのBL。
    文字数 23,050 最終更新日 2021.8.26 登録日 2021.8.4
  • 47
    短編 完結 なし
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    甘夏と、夕立。 9/16更新いたしました。 日常を生きている中で、突然届いた真っ白な暑中見舞いはがき。 差出人は、もう随分と会っていない悪戯が好きな 幼馴染だった。ゆっくりと、遠い記憶と共に 思い出されるのは初恋をした頃の、学生時代。 柑橘の香りが届けるのは、過去への招待状。 主人公 春久 悠里 田舎から都会に出て進学し、働き始めた青年。 感受性が強く、神経質。 人が苦手で怖い。仕事では 割り切っている。さびれたアパートで 働きながら、ほぼ無趣味に暮らしている。 髪は、赤茶けており偏食を直そうと 自炊だけはマメにしている。
    文字数 21,621 最終更新日 2021.9.16 登録日 2021.7.30
  • 48
    短編 連載中 R15
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    新シリーズ 「緑の絨毯を夢見て」です。 ボタニカルでグリーンでスロウなBLです。 風塵が街を襲うから、街を守る為に 緑の絨毯を敷き詰めたいと言う青年と、街の統治者とのお話。 主人公のクロームは、アロマオイルの イランイランの香りをイメージして作っています。マホガニーと、イスタリアは色の名前が由来だったりします。 くわしくは、後書きに記載してます。
    文字数 10,825 最終更新日 2021.8.20 登録日 2021.7.25
  • 49
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 1,651 最終更新日 2021.6.7 登録日 2021.6.7
  • 50
    短編 完結 R18
    お気に入り : 21 24h.ポイント : 0
    迷惑なΩ この世界は男女の他にそれぞれにα、β、Ωと6種類の性が存在していた。 Ωは男性であっても妊娠が可能であり、その他の能力においてはαやβよりも劣るとされていた。だからといって決して貶められる存在などではなく、Ωは男女ともに美しく、Ωフェロモンに唯一影響を受けるαであっても発情期に誘発されるなんて事はない。通常時より大分幸せな気分になるだけだ。 Ωのフェロモンはαを優しく癒した。 Ωは濃さに違いはあるものの年中フェロモンを香らせている。 それに対してαのフェロモンはΩと番う時のみ香る物で、番う際お互いが出すフェロモンが合わさり新しい香りを生み出す。そしてそれが二人の香りになるのだ。そうなってしまえば番の二人以外にはその香りは嗅ぎ取れなくなる。 そういう意味でも『二人の香り』なのだ。 二人の香りを作り出し一生その香りに包まれて過ごす事がαにとってもΩにとっても一番の幸せであった。 αは好みのフェロモンを持つΩに自分を番に選んでもらえるように猛烈にアピールする。 Ωは複数のαに求められてもただ一人のαしか選ばない。 そう、この世界ではΩはαを選ぶ立場なのだ。 そういう訳で、この世界においてΩはみんなから守られ『愛される者』であった。
    文字数 9,868 最終更新日 2021.5.9 登録日 2021.5.9
  • 51
    長編 完結 R18
    お気に入り : 28 24h.ポイント : 0
    香りの虜囚 Ωの香水 ☆香りの鳥籠、比翼の登場人物のスピンオフですが、この話単独でも読めると思います。  香りの鳥籠の登場人物の両親のお話です。  シリーズの時間軸としては「香りの比翼」と「香りの虜囚」が同時期の話で、「香りの鳥籠」が一番未来です。よろしくお願いいたします。  🏵登場人物紹介🏵 ミカ 勉強熱心だが、身体が弱く学校を休みがち。輝く夕焼けのような瞳にダークブロンドの美少年。バルクと出会い恋に落ちる。年齢より華奢で稚げに見える。 バルク 「香りの比翼」のソフィアリ、セラフィンの兄。 真面目な兄、優秀な双子の弟達とはつかず離れずの遊び人。 時計塔でミカと運命的な出会いを果たし、虜となる。 サリエル ミカの侍従で幼い頃より面倒を見ている。 ミカへ報われることのない想いを抱く。 父は公爵家の家令。 ソフィアリ  バルクの双子の弟たちの一人でΩ。 双子の弟からの愛執から逃れ、新天地へ向かう→『香りの比翼』主人公。 セラフィン ソフィアリの双子の弟でα。兄に禁断の思いを寄せ、番にしようとする。 ラファエロ  バルクやソフィアリたちの父。貴族院議員でα。 ジブリール 美しいだけの存在とバルクには軽んじられてきた兄弟の母でΩ。 ☆前作の登場人物たちもでてきます。
    文字数 71,006 最終更新日 2021.5.4 登録日 2021.2.28
  • 52
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    やばい彼氏と初詣 何も変わらない年末に、嵐のような男が乱入してきた。 「りぃぃん♡きちゃった♡」 鼻にかかる甘い声、甘い香水の香り。 「き、菊ちゃん!?」 静かに過ごしたい恭平とは裏腹に、途端に賑やかになった部屋で繰り広げられる言い合い……そこに新たに現れるのは、なんと菊ちゃんの恋人!?? 俺達には落ち着いた正月が来ることが無いのだろうか…… *** 久々のやば彼シリーズです。 新たに登場するのは、菊ちゃんの恋人の海月(かづき)さんです。 こちらではまだ公開していない菊ちゃん編に登場します。 とても天然ちゃんですが菊ちゃん愛だけは誰にも負けません!(笑) 最後まで楽しんで頂けたら嬉しいですヽ(´▽`)/
    文字数 6,918 最終更新日 2021.1.26 登録日 2021.1.16
  • 53
    長編 完結 R18
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 0
    無人島で恋はできない 相沢 弘樹(あいざわ ひろき)と瀬戸内 游太(せとうち ゆうた)は同性婚をしているパートナー。 現在は二人でカフェ『レニティフ』を経営している。 珈琲と美味しいものの香りが溢れる、優しい常連も多い二人の居場所。 これは無人島……ではなく、現代東京の片隅のカフェで繰り広げられる、甘くて、時々ほろ苦い物語。 ※性的表現が含まれます
    文字数 69,611 最終更新日 2020.10.11 登録日 2020.10.3
  • 54
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    電車の中で出逢った異国の香りが忘れられず、眠れぬ日々を送る青年。 ある夜、いつもの帰路から、非日常へと転がり落ちる。 ※以前のものを修正して、あげなおしています。
    文字数 764 最終更新日 2020.10.13 登録日 2020.10.12
  • 55
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    香りの記憶 昔の恋人を忘れられない彼が出会ったのは――。
    文字数 979 最終更新日 2020.7.26 登録日 2020.7.26
  • 56
    短編 完結 R18
    お気に入り : 38 24h.ポイント : 0
    ―――1ヶ月に1度、逢瀬はラブホテル。 何となく始まった身体だけの関係。心を伴わない行為。 瀬上 誠(せがみ まこと)は20代半ばの会社員。 恋人に振られて仕事も上手くいかずヤケになった時。 出会ったのは村瀬 恭介(むらせ きょうすけ)という男だった。 彼の素性も知らぬままに、月に一度の身体だけの関係が始まって半年。 彼に惹かれていく自分に気が付いた誠は……。 一方、恭介もまた彼に異常な程の執着を見せ初めて……。 少しズレた頭の若者×ネガティブな男、の 勘違いスレ違い、病みの香りの漂うストーリー。
    文字数 29,000 最終更新日 2020.1.2 登録日 2020.1.1
  • 57
    長編 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    持病を抱える警察官・菊水メグムは、ある殺人事件の警護として、アイドルのシャインを警護するとこになって………。 お互いの香りに惹かれる、正反対な2人は………。
    文字数 106,858 最終更新日 2019.11.12 登録日 2019.10.27
  • 58
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 2,016 最終更新日 2019.9.20 登録日 2019.9.20
  • 59
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 69 24h.ポイント : 0
    忙しさで危機管理が死滅した社畜リーマン柳瀬咲也、彼は半年間ストーカーの被害に悩まされていた。朝起きれば朝食とお弁当が用意され、帰宅後は整った部屋でお日様の香りがするベッドにもぐる日々。 「正直ストーカーやめて嫁に来て欲しい」そんな考えが浮かびつつあった彼の元にようやく姿を表したストーカーは男だった!? 爽やかイケメンストーカー×社畜投げやりリーマンのぶっ飛んだ恋愛事情。 ⚠この物語は犯罪行為を促進させるものではありません、ストーカー絶対駄目。
    文字数 17,932 最終更新日 2019.10.19 登録日 2019.10.1
  • 60
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 2,377 最終更新日 2019.8.19 登録日 2019.8.19