1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 鳥の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード
R指定 R指定なし R15 R18
  • 121
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    「夏の魔物」の続編です。 解体業、千々木友孝(27歳)とヌードモデルなど、その日暮らしの金髪青年、渦海彪流(20歳)の日常を描いたポルノ小説です。 二人の出会いから色々あって付き合う(?)までを書いた前作もよろしくお願いします。 女性も登場します。 不定期投稿です。 面白かったら宣伝してもらえるとありがたいです。
    文字数 81,902 最終更新日 2022.3.5 登録日 2021.11.25
  • 122
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 23 24h.ポイント : 0
     悪役令息、過去に戻る。 双子の姉の為に生きてきたが本当は自由になりたい悪役令息が鳥人に出会い連れ出してもらう系BLです 鳥人✕悪役令息
    文字数 6,097 最終更新日 2021.11.2 登録日 2021.10.31
  • 123
    長編 完結 R18
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 0
     五歳の時に旅行先で出逢った少年、飛鳥井(旧、藤野)鷹夜と十三年振りに再会を果たした神木由依は、自身の初恋の相手で、ファーストキスの相手でもある鷹夜にたじたじになる大学生活を送ることになった。  鷹夜との思い出が邪魔になって、なかなか上手く恋愛ができなくなってしまった由依は、“大学こそは!”と息巻いていたが、由依と同じく、由依が初恋の相手だと言う鷹夜は、今でも由依が好きだと告白。  たった一週間という短い旅行期間を一緒に過ごした由依と鷹夜。幼い頃の初恋の続きが始まる――。
    文字数 112,806 最終更新日 2021.11.29 登録日 2021.10.28
  • 124
    短編 完結 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    鼈甲の細工品 【千鳥シリーズ:番外編】本作品は「風浪の残響」https://www.alphapolis.co.jp/novel/366083533/149549626 の番外編となります。 道具を使った性行為の描写があります(しかない)ので苦手な方はご注意ください。他の媒体でR15として発表していた作品を改稿したR18 ver.になります。 登場人物 弘紀(朝永弘紀):18歳。五万石の羽代藩当主 修之輔(秋生修之輔):23歳。羽代城の使用人。剣術師範の免許状持ち。
    文字数 4,595 最終更新日 2021.10.22 登録日 2021.10.22
  • 125
    短編 完結 なし
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    その日、オレが出会ったのは、手の中で小鳥を握りつぶす小さな怪物だった──。 天才プロファイラーとして成長したサイコパスと、彼が愛してやまない幼なじみの探偵譚。 第一章、その怪物、天才プロファイラー
    文字数 17,607 最終更新日 2021.10.20 登録日 2021.10.20
  • 126
    短編 完結 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    雪の日 【千鳥シリーズ・番外編】 降り続いた雪が止んだ正月のある日、弘紀が雪まみれになりながら修之輔に持ってきた冬の贈り物は。 時系列としては「通う千鳥の鳴く声に」(https://www.alphapolis.co.jp/novel/366083533/782540813)作中の正月になります。グルメ回です。
    文字数 4,034 最終更新日 2021.10.16 登録日 2021.10.16
  • 127
    長編 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    天使と歩く 『俺は葵を守りたいんだ。あの日、傷付いて閉ざしていた心を、俺にだけ開いてくれたあいつを』 年下の幼馴染『九条葵』と、彼を護りたい『飛鳥井真守』 複雑で訳ありの人間関係と、葵をめぐる事件の数々を乗り越えて2人は絆を深めていく。 pixivで二次創作ネタで書いていた話のオリジナルバージョンとなります。 小説家になろうでも連載中!
    文字数 65,305 最終更新日 2021.11.7 登録日 2021.10.11
  • 128
    長編 完結 なし
    お気に入り : 37 24h.ポイント : 0
    あなたへの道 人間よりも長い時を生きる妖精種の朱雀(すざく)は、山でひっそりと暮らしている。 両親を大黒熊に殺された赤ん坊、青慈(せいじ)を拾った日から、朱雀の生活は変わっていく。 育っていく青慈と、生活に加わる女性たち。 そこに赤ん坊の紫音(しおん)も加わった。 青慈は勇者、紫音は聖女と判明して、朱雀は魔王から二人を守るために努力する。 これは、小さな青慈が朱雀の心を掴むまでの、あなたへの道。 魔王は軽く倒しつつ……。 ※一章で魔王は倒します。 ※三章から恋愛パートです。
    文字数 332,794 最終更新日 2022.1.14 登録日 2021.10.8
  • 129
    長編 完結 R15
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 0
    風浪の残響 【千鳥シリーズ第3作】羽代藩の若き藩主となった朝永弘紀は、藩が抱える多くの問題の解決に着手する。一方、田崎の手配で羽代城の使用人として登用された秋生修之輔は、新たな仲間と出会う。弘紀主導の藩政が動き始めるその陰で、弘紀の命を狙う者達の残党が動き始める。
    文字数 146,775 最終更新日 2021.10.17 登録日 2021.9.27
  • 130
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    鳥越卓はこの春高校生になった。 そして入学式、同じく新入生の髪の長いクラスメイト、白鳥千紘に出会う。 初めは男なのに長い髪の白鳥に興味本位で声をかけただけだったが、仲良くなるにつれて彼の内面に興味を持つようになり―――。
    文字数 17,645 最終更新日 2021.10.10 登録日 2021.9.23
  • 131
    短編 完結 R18
    お気に入り : 28 24h.ポイント : 0
    ――いつか誰かのものになる相手と恋愛をしても不毛だろう? 高校の同窓会の席で再会した、サムエルとジャン。 αのサムエルがずっと恋をしていたのは、βのジャンだった。 ジャンはαとΩとは恋愛をしない主義で、それでも諦められないサムエルはジャンを追いかける。 β×αの異色オメガバースの海外ドラマ風BL。 ※オメガバース設定ですが、攻めはβ、受けはαとなります。 ※苦手な方はご注意ください。 ※ムーンライトノベルズ様、pixiv様にも掲載しています。
    文字数 39,126 最終更新日 2021.9.30 登録日 2021.9.22
  • 132
    長編 完結 なし
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    夏の祭礼 『通う千鳥の鳴く声に』前日譚。  黒河藩城下の佐宮司神社では毎年夏に祭礼が行われる。不穏な噂が町で囁かれるその祭礼の間、秋生修之輔は神社奥宮で祭礼用の札を書く。黒河で初めての夏を過ごす本多弘紀がそこに遊びにやってきて―  修之輔が使う長覆輪の刀の由来と佐宮司神社の歴史に関わりが明らかに。千鳥シリーズの根幹となる黒河の月狼神話は、この『夏の祭礼』から語られ始める。
    文字数 52,468 最終更新日 2021.9.27 登録日 2021.9.20
  • 133
    長編 完結 R15
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    通う千鳥の鳴く声に 幕末期の地方藩が舞台。 17歳の少年・本多弘紀と22歳の剣道場師範代・秋生修之輔が主人公となる物語。 ある秋の日の出会いが切っ掛けで修之輔が師範代を務める黒河藩の剣道場に入門した弘紀。互いに心を通わせていくが、隣りの羽代藩との剣術試合をきっかけに両藩を巻き込む策略に巻き込まれていく。
    文字数 77,951 最終更新日 2021.9.19 登録日 2021.9.6
  • 134
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    ある日、高校の時に仲の良かった2人から来た一通の結婚式の招待状。 その招待状から、高校時代の記憶が蘇る。 仲良しグループのうちの1人の女子 中本絢子の彼氏、住良木冬馬。 彼の弱さと強さに恋をしてしまう、取井響介。 そしてその元カノ加藤翠。 翠はまだ響介のとこが好き。 でも響介は住良木がすき。 この恋が叶うこと、それは誰かを傷つけること。 彼らはどんな選択をするのか。 -バットエンドでも、 誰かにとってはハッピーエンドなんだと思う。 -おめでとう、愛しい人。
    文字数 4,592 最終更新日 2021.9.1 登録日 2021.8.15
  • 135
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    高校生になった甘沢リンネは身長163cm体重49kg、美少年、男女共にフアンが多く 自分的には男らしくなろうと思っている。 高校2年で有名な腹黒王子柄本飛鳥に目をつけられ呼び出される。
    文字数 1,258 最終更新日 2021.8.6 登録日 2021.8.6
  • 136
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 63 24h.ポイント : 0
    【本篇第2部開始】ただの人間の俺が悪魔の王子様に娶られ調教され気づいたらなんかガチ恋して結婚してた 現在世界は、全ての生物(クリーチャー)が、各々の種族に分かれ、エルフの国、ゴーレムの国、妖怪の国、といった具合に独立して成り立っていた。 ただ一国を除いて。 その国の名は「ウォルズ王国」。 『種族の坩堝』と呼ばれるウォルズでは、ドワーフや鬼、吸血鬼、堕天使、その他諸々の種族が、互いに交流し合い、平和に暮らしていた。 王都ラリーハリー近くの森に住む農民の少年セイジュは、吸血鬼のふりをしているが、実は『人間』である。 なぜセイジュが吸血鬼コスをしているかというと、様々な種族が棲息するウォルズ国内でもやはり差別があり、種族の最下層に位置するのが『人間』だからだ。 ある日、セイジュが王都に行くと、ウォルズ王国を統治する『悪魔』の国王が何らかの『宣言』をする、と耳にした。 しかし実際それは国王の息子、即ち王子様の宣言であって、それたったひとことであった。 「俺、婚活する」 自分には関係のない話だと聞き流していたセイジュだが、村の近くで純白の鳩が罠にかかっているのを発見し、治療してやろうと家に連れて帰るのだが——
    文字数 64,769 最終更新日 2021.11.20 登録日 2021.8.1
  • 137
    長編 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    BL妄想ポルノ小説です。 とある夏の日。 仕事終わりに入ったバーで出会った千々木と山田が、雑居ビルの一室で…… 千々木 友孝(ちぢき ともたか)……26歳。解体業の男。身長175cm 山田……20歳。金髪の美青年。身長173cm 明河 春輝(あけがわ はるき)……25歳。千々木の大学時代の後輩。文房具メーカー社員。身長175cm 彼らの日常を描いてます。 たまにBLとは関係ない政治的な要素も出てきます。 女性も登場します。 クセが強いかもしれないけど、よろしくお願いします。 小説家になろう(ムーンライトノベルズ)にも同じものを掲載しています。 面白かったら宣伝してもらえるとありがたいです。
    文字数 121,420 最終更新日 2021.11.25 登録日 2021.7.26
  • 138
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    鳳仆翼殺忍峠 ほうほくよくさつにんとうげ 鳳仆翼殺忍峠(ほうほくよくさつにんとうげ) 内容 忍法エロバトル(全員美形!!) ・・北城・・ 《若君》北上 翼之進 ほくじょう よくのしん 幼い頃に母を亡くし、小さい頃から共に歩んできた護忍衆はかけがえのない友や家族のようなもの。 父親の北上紀之介は北城の城主でもあり、参・婆左羅の一人でもあった。 天鵞絨の軍勢に攻め入られ、同盟国の元へ逃げなければならない。 =北上護忍衆=ほくじょうごにんしゅう 左楼丸 さろうまる 若君の世話係。気性が穏やか。 長髪を後ろで結いている。動きやすい軽装。一番忍っぽい。 頂沙羅 うなしゃら 茶髪長髪の先を結えている。参・婆佐羅の一人。着物の上に甲冑、手甲というシンプルな出で立ち。クール。強い。反りの無い直刀を使う。 九朗  くろう やんちゃ。一番年下。勝気。小柄。うなじで結いている長髪黒髪。黒の忍らしい格好。 傾世 椿ノ助 けいせい つばきのすけ 派手な彩り鮮やかな武者姿。明るい。強気。ポニーテールのように後頭部で長い髪を縛った髪型。得物は刀。銘を「虎向」こなた。 渼久邇 びくに 美女のような外見に赤茶けた長い髪。人を思うがまま淫靡な気分にさせるフェロモン体質。特に武具をつけていない崩した着物姿。外見が類稀な美女に見えるため、くのいちのような閨房謀り仕事をさせられている。 ・・天鵞絨城・・  びろうど城 天鵞絨 洸鵞 様  びろうど こうが さま 若君を奪うため北城の殿紀之介を卑劣な罠に招いて殺す。翼之進を自分の奥御殿に加えたいが、大の拷問好きのため、そこは死より辛い場所と呼ばれている……。 =天鵞絨虙蛮衆=びろうどひばんしゅう 几 鳥近郎 おしまずき うこんろう 洸鵞さまに忠誠的な側近。 家老のようなポジションであり、ひばん衆の中では規律的な性格。 悪僧・明日   あくそう みょうじつ 虚無僧姿の腐れ坊主。身の丈大きい。巨根。 畿内 丕琉子  きない ひるこ 猟奇的な性格。女も容赦なく斬る無慈悲。大太刀を使う。 利兵      りへい 清い性格。ひばん衆(天鵞絨 洸鵞、明日、畿内)の慰み者。刃物使い。椿之助の前では青丸(あおまる)と名乗り、身元を隠して椿之助とプラトニックな相思相愛関係を結んでいた。 藤真 吏衞門  とうま つかさえもん 落ち着いた性格。参・婆左羅の一人。強い。 罪人として濡れ衣処刑されそうになったが、天鵞絨に救われひばん衆の一員として登用された過去がある。黒髪長髪。長巻を使う。
    文字数 629 最終更新日 2021.7.29 登録日 2021.7.29
  • 139
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    人と精霊が存在する世界で、藤原業(ふじわらごう)は関係者たちと事件やこれから起ころうとする厄災、そして前世である千年前の出来事を紐解いていく。 和仁(和明)×業(業在) 明仁(常明)×貴嶺(貴麻呂) 与(与一)×籠目(御籠) etc...(後々更新)
    文字数 310,370 最終更新日 2021.12.20 登録日 2021.7.21
  • 140
    長編 完結 R18
    お気に入り : 30 24h.ポイント : 0
    書籍化作家に推されています  学生で素人物書きの春香(はるか)は、ベストセラーを書いた書籍化作家の龍己(たつき)にファンだと公言されて推されている。  自分の書いたものなんて大したことがないのにと思う春香だが、大学進学のときに龍己からルームシェアを申し込まれて、龍己の家に住むようになる。  家事のできない春香に龍己が要求したものは、春香の書いた小説。  春香の書く小説は高校を卒業したのでボーイズラブの際どいものになっていたが、龍己はそれに抵抗感を示さないどころか、春香に隠れて小説を読みながら自慰をするようになって。  龍己の自慰を見てしまった春香は、龍己を落とすことを考え始める。  小説から始まるルームシェアのボーイズラブストーリー。 ※ムーンライトノベルズ様にも投稿しています。
    文字数 107,363 最終更新日 2021.8.27 登録日 2021.7.15
  • 141
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    「ようこそ黒吉原へ。今宵は存分に楽しんでいってくださいな」  すべての感情を仕舞い込み、俺は今日も身体を売る───。
    文字数 48,707 最終更新日 2021.11.15 登録日 2021.7.15
  • 142
    短編 完結 R18
    お気に入り : 71 24h.ポイント : 0
     塔に閉じ込められた居場所のない妾腹の王子は、15歳になってもバース性が判明していなかった。美少女のような彼を、父親はオメガと決め付けて遠い異国の後宮に入れる。  異国の王は孤独だった。誰もが彼をアルファと信じているのに、本当はオメガでそのことを明かすことができない。  筋骨隆々としたアルファらしい孤独なオメガの王と、美少女のようなオメガらしいアルファの王子は、互いの孤独を埋め合い、愛し合う。 ※ムーンライトノベルズ様にも投稿しています。 ※完結まで予約投稿しています。
    文字数 38,223 最終更新日 2021.7.22 登録日 2021.7.12
  • 143
    ショートショート 完結 R15
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    番になれない二人 空を飛べない人間は鳥に憧れる…。
    文字数 820 最終更新日 2021.6.26 登録日 2021.6.26
  • 144
    長編 完結 R18
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 0
    天底ノ箱庭 白南風 「俺はお前に希望を見た。窓の外から見える唯一の希望だった。だから捕まえた。希望が傍にあれば、生きていけるって思ってさ」 空から降る雨はいつからか猛毒になり、世界は『地上』と『地下』で分かたれた。法と秩序で守られた『地上』と奴隷制度を設けた独自の文化を持つ『地下』。その世界が交わるとすれば『地上』から『地下』への片道切符だった。 地下で一番の財力を誇る御曹司、ヴィクトール=ブラウンシュヴァイクは「野良犬の王」と呼ばれるベロアを金と策略で罠にはめて捕まえることに成功する。生まれながらに人権を持たないベロアはまるで腹が読めないヴィクトールに警戒心を抱くものの、話していくうちに彼が富豪の息子でありながら酷く窮屈な暮らしをしていることを知ってしまう。 ※「天底ノ箱庭 春告鳥」→「天底ノ箱庭 療養所」→今作の順番で読むとより楽しめますが、すっ飛ばして読んでもそれなりに伝わるような気がします…! ※びっくりするくらい濡れ場しかないです!シリーズ初、凌辱がないです!
    文字数 427,741 最終更新日 2021.9.20 登録日 2021.5.27
  • 145
    短編 完結 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    天底ノ箱庭 療養所 「じゃあ…なんで嘘吐いてまで閉じ込めるんだよ」 空から降る雨はいつからか猛毒になり、世界は『地上』と『地下』で分かたれた。法と秩序で守られた『地上』と奴隷制度を設けた独自の文化を持つ『地下』。その世界が交わるとすれば『地上』から『地下』への片道切符だった。 地上で暮らすごく普通の高校生、角田 黄金(つのだ こがね)はある日を境に見知らぬ部屋へ療養と言われ、監禁されてしまう。監禁する男は宮間 要。要は音楽関係の仕事をしていると言うが、彼は地上にいる黄金を殺すように依頼された地下で最強と謳われる始末屋だった。 黄金へ友愛を抱いてしまい、殺すことが出来なくなってしまった要は黄金を守ろうとするが、嘘ばかり話す要に黄金は次第に不信感を抱いていく。 ※「天底ノ箱庭 春告げ鳥」の続編にあたりますが、読まなくても割と何とかなるとおもいます!(でも読んだ後の方が面白いかと思います…!) 春告げ鳥よりは濡れ場が少なくて健全ですが、ちょこっと凌辱表現がありますのでご注意ください! ※漫画のバロックハッピーナイトメアにも黄金と要の別の世界線のお話があるのでもしご興味があれば(コソッ)
    文字数 203,973 最終更新日 2021.5.27 登録日 2021.5.27
  • 146
    短編 完結 R15
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 0
    篠原亮は料理が得意な高校3年生。受験生なのに卒業後に兄の周と結婚する予定の遠山理香に料理を教えてやらなければならなくなった。弁当を作ってやったり一緒に帰ったり…理香が18歳になるまではなぜか兄のカノジョだということはみんなに内緒にしなければならない。そのため友だちでイケメンの櫻井和樹やチャラ男の大宮司から亮が理香と付き合ってるんじゃないかと疑われてしまうことに。そうこうしているうちに和樹の様子がおかしくなって?口の悪い高校生男子の学生ライフ/男女CPあります。
    文字数 9,050 最終更新日 2021.5.14 登録日 2021.5.14
  • 147
    ショートショート 完結 R15
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    ショートショートです。
    文字数 1,648 最終更新日 2021.4.27 登録日 2021.4.27
  • 148
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 0
    落花幻想奇譚 ~薬師の男と妖鳥の少年が旅をしながら不思議なものたちに出逢う話~ 「私は、私の正体が知りたいんだ」 “自分の正体”を探して旅する美しい薬師の男、朧。そんな彼に出会い、救われ、傍に在りたいと恋慕う妖鳥の少年、椿。 ひとところに留まることなく続く二人の旅路は、行く先々で出逢ったものが織りなす不思議な現象たちに彩られ、時に優しく、時に悲しく、数多の物語を織り上げる。 私は誰なのか。私の存在意義とはどこにあるのか。 僕のこの気持ちはこの人の幸いであれているのか。重荷になってはいないだろうか。 二人の願いと想いは重なることなく線を引き。そしてやがて訪れる、いつかの終わり。 果てしなく続く旅路の果てで、二人が辿り着いた答えとは……。 基本的に1話完結型のお話です。緩やかに過ぎていく不思議なお話たちと、二人の恋の行方をお楽しみください。 表紙は青野さんに描いていただきました。 ※この作品は他サイトでも公開されています。
    文字数 167,772 最終更新日 2021.12.5 登録日 2021.4.1
  • 149
    短編 完結 R18
    お気に入り : 31 24h.ポイント : 0
    【R18】【BL】籠の中の鳥は夏を歌う  霊能力者の家系の長男に生まれた立夏は、全く役に立たない0能力者だった。おまけに霊的なものから身を守ることすら出来ず結界から出られない生活を送るしかない。  それだけじゃなく、不器用で流されやすくてオバカときている。唯一の長所といえばその可愛い顔だけだ。  そんな立夏の従者は、一つ年上の幼馴染みの星司。長身イケメン、頭脳明晰運動神経抜群の彼の弱味は立夏に惚れていること(!)で…。  いい加減子守りに飽きた従者は溺愛するご主人様を自分好みに染めることにした! ※無表情変態攻め×おバカ流され受け。エセ関西弁注意。受け視点。基本的にアホエロです。別タイトル「下男による坊っちゃん調教日誌」 ※この作品はムーンライトノベルズでも掲載しています。
    文字数 50,393 最終更新日 2021.4.29 登録日 2021.3.9
  • 150
    長編 完結 R18
    お気に入り : 28 24h.ポイント : 0
    香りの虜囚 Ωの香水 ☆香りの鳥籠、比翼の登場人物のスピンオフですが、この話単独でも読めると思います。  香りの鳥籠の登場人物の両親のお話です。  シリーズの時間軸としては「香りの比翼」と「香りの虜囚」が同時期の話で、「香りの鳥籠」が一番未来です。よろしくお願いいたします。  🏵登場人物紹介🏵 ミカ 勉強熱心だが、身体が弱く学校を休みがち。輝く夕焼けのような瞳にダークブロンドの美少年。バルクと出会い恋に落ちる。年齢より華奢で稚げに見える。 バルク 「香りの比翼」のソフィアリ、セラフィンの兄。 真面目な兄、優秀な双子の弟達とはつかず離れずの遊び人。 時計塔でミカと運命的な出会いを果たし、虜となる。 サリエル ミカの侍従で幼い頃より面倒を見ている。 ミカへ報われることのない想いを抱く。 父は公爵家の家令。 ソフィアリ  バルクの双子の弟たちの一人でΩ。 双子の弟からの愛執から逃れ、新天地へ向かう→『香りの比翼』主人公。 セラフィン ソフィアリの双子の弟でα。兄に禁断の思いを寄せ、番にしようとする。 ラファエロ  バルクやソフィアリたちの父。貴族院議員でα。 ジブリール 美しいだけの存在とバルクには軽んじられてきた兄弟の母でΩ。 ☆前作の登場人物たちもでてきます。
    文字数 71,006 最終更新日 2021.5.4 登録日 2021.2.28