1. TOP
  2. 投稿小説
  3. ファッションモデルの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード ファッションモデル
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    噴水の天使と、セックスのオーバードース あらすじ/玲真(れいま)には深刻なオーバードースの問題があった。抗不安剤の依存症で入院中、製薬会社の営業、涼雅(りょうが)から薬を盗み捕まってしまう。玲真は彼を誘惑して再度薬を手に入れようとする。涼雅は玲真に惹かれ、身内に縁の薄い玲真の面倒を見たいと申し出る。 玲真は彼とセックスをしたいがためにドクターに、「早く元気になって退院したい。」とウソをつく。カウンセラーをつけてもらい、その宿題はやりたいことを10個書いて来ること。 やっと退院した玲真はリストにある10個を実行していく。元カレのフォトグラファー、誓也(せいや)と仕事をするのもその中のひとつ。玲真は身長が高く、会ったことのない母親譲りの美形。初めての仕事はファッションブランドのモデルだった。 玲真は涼雅の知り合いでモデルエージェントの博輝(ひろき)を紹介される。彼に、「君は日本人じゃないね。」と言われて玲真は本当の母親を捜そうと決心する。玲真と涼雅は母親の姉でタンゴ教室をしている伯母を見付け、密かに体験レッスンに参加する。伯母によると本当の母はアルゼンチンタンゴの世界チャンピョンでブエノスアイレスに住んでいる。そして玲真の本当の父親はかつて母のタンゴのパートナーだった。父や腹違いの弟まで血がつながってないことにショックを受ける玲真。 本当の母は来年選手権で日本に来るという。選手権の前日、伯母の教室ではイベントを開き初心者のデモンストレーションをする。涼雅は玲真と男ふたりのタンゴを披露し、それを本当の母に見せようようと計画。特訓が始まる。 いくつかモデルの仕事を経験したが、それに納得できない玲真は誓也に、「本当の俺を撮って欲しい。」と頼む。ふたりで作品創りをしている時、玲真は自分の望まれない生を思い出す。自殺願望に取り憑かれた玲真は涼雅の車から薬を盗みだし、ホテルの部屋で自殺を図るが、涼雅は玲真のケータイのGPSから彼を発見。 再び入院した玲真。涼雅は病院のリハビリルームで玲真にタンゴを教える。やっと退院した玲真は涼雅と住むことになり、症状も安定する。モデルの仕事にも積極的になる。 玲真は伯母からタンゴダンサーの父親の名を聞く。しかし彼は自分が父親だと認めていないらしい。涼雅と玲真は彼のタンゴ教室の体験レッスンに行く。玲真は彼をホテルに誘い、睡眠薬入りのビールを飲ませ、DNAサンプルを取ることに成功。彼はほんとの父親だった。 涼雅と玲真のタンゴデモンストレーションが終わる。玲真は初めて母と対面する。玲真は、もしタンゴを習ってなかったら、自分を置いてブエノスアイレスに飛び立った母の気持ちは分からなかった、と思う。玲真は母と一緒にタンゴを踊る。
    文字数 68,915 最終更新日 2018.4.22 登録日 2018.4.22
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 0
    男のからだ男のにおい 海帆(みほ)は18才の音大生でピアノを専攻。彼の右手には大きな傷あとがありピアノを弾く時、時々音が飛んでしまう。彼の手の傷は治っていて、それは心の問題だと言われ、カウンセリングを受けている。実は手の傷がどうしてできたのか、海帆自身が意識の中に封印してしまったため記憶にない。海帆は顔も名前も女みたい、と言われ男性には人気がなくて、女性にもてているが彼は女性に全く興味がない。バイオリストの龍聖(りゅうせい)に、女みたいと言われて振られて泣いている時に、星五(せいご)という逞しいジム経営者と出会い結ばれるが、海帆が手の傷によるトラウマのため人生に消極的になり、他の人に彼を譲る形で二人は別れてしまう。海帆は星五に鍛えてもらい、4カ月後立派な男の身体を手に入れる。海帆はファッションモデルの頼潔(よりきよ)と出会うが彼に、「女とはヤれない。」と拒否されてしまう。しかし海帆が服を脱ぐと頼潔は彼の男らしい身体に驚いて、海帆とベッドを共にするのだった。頼潔と同じモデルエージェンシーに入った海帆は、男らしい身体と中性的な魅力を兼ね備えた、ユニークなモデルとして話題になる。ドイツの有名なピアノメーカーのモデルに選ばれるが、その時海帆の右手の傷のため、「悲劇のピアニスト」がキャッチコピーになり、その傷がどうしてできたのか、マスコミの好奇の目にさらされることに。思いやりのないマスコミに追われる海帆は、次第にパニックに陥るようになる。そして手から血を流している過去の自分自身の幻覚を見るようになり、ストレスで14才に退行してしまう。星五は海帆を助けようと、海帆の双子の妹、花帆(かほ)に電話をかける。14才の時、海帆は学校で女っぽい外見と、ピアノを弾けるため女生徒にもてることが原因で、酷い虐めを受けていた。海帆は自分を憎むことでなんとか精神のバランスを保とうとした。ピアノコンクールで全国大会へ出場する直前、悲劇は起こった。自分を憎むあまり、自殺するよりもっと酷いことを自分にすべく、彼は自分で自分の手を傷付ける。 14才に退行した海帆は全てを思い出し、やっとピアノがちゃんと弾けるようになり、星五と再び結ばれる。
    文字数 49,151 最終更新日 2017.12.22 登録日 2017.12.22
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    え、マジ?ヌードシーンがバンバン? リオは重症の買い物依存症。彼の親が保証人になっていたクレジットカードの返済ができず、17才の時、母親に家を叩き出される。親が払ったのは400万円。全てが高級ブランドの服やバッグや靴を買うために消えて行った。リオの母親はブラジル出身で、赤ちゃんの時から可愛かったリオは大人気モデルだった。しかし勉強は全然できず小学生の頃から落ちこぼれで、自他ともに認めるおバカだった。そんなリオは子供の時からブランドモノが大好きで、小学生でバッグはヴィトン。中学生の頃には全身ブランドモノに身を包んで学校に通っていた。しかしリオの人気は高校に入ってから下降線をたどる。それでも高級ブランド品好きはなおらず、母に叩き出されたあと、住むところも食べるモノもなかったのに、それでも買い物をするために、売春や愛人稼業に精を出し、食べるモノはスーパーやコンビニのゴミ箱をあさる日々だった。彼の身体は極限まで痩せ細っていた。リオは才雅(さいが)という精神科の看護師の目の前で卒倒して、彼のところに住まわせてもらうことになる。そして才雅とカウンセラーの先生の助けで買い物依存症を克服する努力を始める。テレビで拒食症で亡くなった若い男性のドキュメンタリーをつくることになり、主役にリオが選ばれる。久し振りの大役だったが、リオのモデルエージェンシーの新しい社長は、彼の買い物依存症が治るまで、リオの給料を凍結する。みんなのお陰でリオは買い物依存症から快復。リオは才雅を愛するようになる。その頃、拒食症のドキュメンタリーを観たリオの母親は、彼のために払った400万を取り戻すため、息子を必死に捜していた。リオは母に恐れおののき、ヌードシーンがバンバン出てくる映画への出演を100万円で承諾。映画のロケ地で遂に母親に捕まり、分割で支払うことになって母とも仲直りする。
    文字数 53,482 最終更新日 2017.12.22 登録日 2017.12.22