1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 小説家×大学生の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 小説家×大学生
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 25 24h.ポイント : 7
     ――道を見失っていた時に、見出してくれたのは貴方でした――  スランプに陥っていた作家の青藍はある雨の日に、公園で雨に濡れつつ楽しそうに踊っていた常盤と出会う。さっさと家に帰れ、とつれない青藍に悪戯っぽく笑った常盤は"にゃん"と可愛らしく鳴いて言った。  「じゃあさ、じゃあさ。拾ってくれない?生後20年の黒猫です」  結局、一晩だけ、と青藍は仕方なしに野良猫を拾う事になったのだが、翌朝、野良猫はとんでもない光景を作り出すのだった。  ふと、こんな話を書きたいな、と思って書いてみたのですが。書いている内に、こんな話を昔読んだ気がする……?という気がしてしょうがない作者です。一応お断りしておきますが、盗作やネタを拝借等をしているつもりはありません。気にする方がいらっしゃったらすみません。
    文字数 55,881 最終更新日 2020.11.11 登録日 2020.3.16