1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 第9回BL小説大賞エントリー中の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 第9回BL小説大賞エントリー中
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 5,253 24h.ポイント : 1,121
    嫌われ者は異世界で王弟殿下に愛される  「もう、こんなとこ嫌だ…………」  所謂王道学園と呼ばれる学校に通っていた、ごく普通の高校生の仲谷枢(なかたにかなめ)。  巻き込まれ平凡ポジションの彼は、王道やその取り巻きからの嫌がらせに傷つき苦しみ、もうボロボロだった。  いつもと同じく嫌がらせを受けている最中、枢は階段から足を滑らせそのままーーー……。  目が覚めた先は………………異世界だった。 ーーーーーーーーーーーーーーーー  自分の生まれた世界で誰にも愛されなかった少年が、異世界でたった1人に愛されて幸せになるお話。 *第9回BL小説大賞エントリー中。 ※性描写を含みますので、18歳未満の方は閲覧を御遠慮ください。 また、予告無く性描写が入りますので、ご理解頂きますようお願いします。 *表紙は志葵さん(@s_k6522)より頂きました。
    文字数 101,076 最終更新日 2022.4.16 登録日 2021.10.2
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1,534 24h.ポイント : 255
    公子なのにΩとわかって一族から追放されました〜王弟の妻として第二の人生歩みます〜 【本編完結】「バラデュール家の男子にオメガ性だなんて不吉だわ!」 α至上主義なリュカシオン公国でΩと判定されたルネは継母からの罵倒、婚約破棄、異母兄弟の酷い仕打ちに耐えるも一族から追放される。その後更に異母姉夫婦から過酷な目に遭わされ妊娠。 それでもなんとか苦難に耐えた末、王弟グスタフと出会ったことからルネの新たな人生が始まる。 生きる目標を見つけ子育てをしながら忙しい日々を送っていたルネだったが、数年後突然継母からの手紙が届き公国に戻って欲しいと要請され……? 狂った一族の愛欲と公位継承争いに翻弄されながらもΩ公子が幸せを掴もうと奮闘するお話。 1章→ヤンデレ異母兄×主人公 2章→義兄×主人公 3章以降→王弟(大公)×主人公 主人公総受け(2人は無理矢理)ですが本命は1人です。 ※後半は溺愛ですが、前半はかなり胸糞展開ですのでご注意下さい。 (17話目で本命の王弟くんが出ます) ※設定ゆるゆるのなんちゃって西洋風です。魔法抜きのファンタジーと思って頂ければ。オメガバースの独自設定有り。 ※第9回BL小説大賞エントリー中。 ※11/13より番外編をスタート。不定期更新です。(オットー×マルセルとエミールの話になります。α×αの拗らせた恋愛と、そこに養子がもたらした二人の関係の変化とは…?)
    文字数 113,387 最終更新日 2021.12.4 登録日 2021.10.22
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 186 24h.ポイント : 28
    支配者(人外美形塩対応)と苦学生のじれじれラブコメです 里親を転々としてきた苦学生のダリオ・ロータスは、怪異を見ることができるが、関わってろくなことがない人生だった。現在彼は、大学生。時給2000リングにつられて、メイド喫茶のような会員制クラブで働いている。体格の良いダリオは自分でも違和感満載だが、一に金、二に金、とにかく金は大事だという思いから、どうなんだ? と思う自分をあっさり亡き者にしているドライな青年だ。彼は、客のカーター氏から『異次元の門』というマジックアイテム(後に判明)をプレゼントされたことで、異次元から『支配者』と呼ばれる恐ろしい存在と邂逅する。『支配者』は夜のように美しい青年テオドール。ダリオを『僕の花』または『兄さん』と呼び、支配者流に塩対応から『溺愛』する風にも様子が……? 第9回BL小説大賞エントリー中です。 エブリスタ、フジョッシーにも投稿していましたが、削除してこちらのみの投稿に変更しました
    文字数 115,731 最終更新日 2021.11.9 登録日 2021.10.1
  • 4
    長編 完結 R18
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 14
    ノンケの俺が年上ツンデレ調香師と一夜を共にしました!? 「ノンケの俺が男と寝るなんて・・・!?」 水族館で飼育員として働く柳瀬は、寡黙な性格とちょっぴり強面なお陰で子供には泣かれ仕事場でも少し浮いた存在。ある日、久々に女と遊ぼうとクラブに行こうとしていると、いつもの香水が無い。仕方なく買いに行くものの、馴染みの店は閉まっていた。そんな時、どこからか花のような甘い香りが漂っていることに気づく。その香りが妙に気になり辺りを探してみると、一軒のパヒュームショップにたどり着く。 そこには黄金の髪を持つ、無愛想な店員(星川)がいて___ 人間嫌いのノンケ飼育員とツンデレ調香師が描く、素直になれない大人たちの恋愛模様。
    文字数 105,712 最終更新日 2021.10.31 登録日 2021.9.25