1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 女装バーの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 女装バー
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 44 24h.ポイント : 420
    夜は異世界で舞う 人づきあいが悪く会社では存在感の無い晴也(はるや)は、女装バー「めぎつね」のホステス・ハルというもう一つの顔を持つ。ある夜、同僚ホステスのミチルに誘われて、ゲイ向けのマッスルダンスを観た晴也は、ダンサーのショウに心惹かれる。ところがショウこと晶(あきら)は、晴也の会社の取引先の社員で、商談に訪れた時に、何故か晴也に交際を迫って来る。ノンケで恋愛経験ゼロの晴也は、晶をどうあしらっていいか分からず大混乱して……。やや腹黒わんこダンサー×ツンデレ気味女装男子、昼間は冴えないサラリーマン二人の、恋の話。 ★毎日更新を目指します。話の進行は遅いかも……。 ☆エブリスタにも連載中です。
    文字数 325,821 最終更新日 2022.5.16 登録日 2021.12.4
  • 2
    短編 完結 R18
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 14
    望郷 純朴農家青年の兄×元オネエタレントの弟のBL 山形県の農家の次男として産まれ育った慎司は、小さな頃から女の子の格好をするのが好きで、将来の夢は優しい兄、誠のお嫁さんだった。 成長するにつれ自分の異常さに気づいた慎司は、テレビのオカマタレント達に憧れ一人家出。 夢を叶え、美しすぎるお姉として一時期芸能界で活躍するも引退し、今は絶頂期に買ったアパート収入と女装バーの稼ぎで暮らすようになっていた。 そんなおり、母から父の3回忌に来なさいと連絡があり、初恋の兄と15年ぶりに再会する。
    文字数 57,614 最終更新日 2021.10.7 登録日 2021.10.7
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 97 24h.ポイント : 14
    ゲイ友達に誘われて女装バーに行った晴希は、カウンターに座る女性用のスーツを着た男に目を引かれる。晴希と同じ会社の隣の部署の人間だったその男は、女装趣味のゲイであることを会社でバラされると誤解して青ざめていた。誤解を解くため、晴希は男と共にバーの奥の個室に入って……。 ◆女装年下ヘタレわんこ攻め×年上男前美人受け ◇藤本晴希(ふじもと はるき)……受け。27才。リーマン。タチネコにこだわらず、ほどほどに遊んでいるゲイ。 ◇吉川衡(よしかわ ひとし)……攻め。24才。 ◆ムーンライトノベルズより転載。
    文字数 56,588 最終更新日 2017.8.13 登録日 2016.9.2
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 7
    【女装すると少しだけ罪悪感から解放された】 黒瀬弥艶(26歳)昼間は市役所に勤める、しがない地味なサラリーマン。 だが、週末になると女装バー『Heaven』に赴いては美しく着飾り、もう一人の自分である艶子を演じる。艶子になる時だけ、ゲイである罪悪感から自分を解放してくれた。 そんな時、女装した男を狙った連続殺人が発生する。その聞き込みで店に刑事の大友勇心(32歳)が訪れた。そして偶然にも、店の外で大友と再会してしまう。女装していない自分が艶子だと気付かれてしまい、『女装している事をバラされたくなければ捜査に協力しろ』と脅されてしまう。 弥艶は仕方なく、囮り捜査に協力するはめになり……。 他サイトでコンテスト用に執筆した物です。
    文字数 12,597 最終更新日 2022.2.22 登録日 2022.2.19
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 7
    続 僕の初めてのドレスとつけまつ毛 クリスマス間近の華やかな街角。航平(こうへい)は相変わらず可愛いドレスを着て、楽しく女装バーで働いている。バーの常連はクリエイティブな人が多く、スタッフも客同士もお互いに刺激し合う、とてもいい関係。スタッフも前と同じ。ココ・シャネルが大好きでスタイリッシュなママと、メイクアップアーティストでお洒落なレナ。バーの常連は、ママの彼氏で小説家を目指す橋田編集長、レナの彼氏でアダルト漫画家の黒澤、画家を目指す航平の強い味方、美術大学の伊純(いずみ)教授、自らも女装好きで女装した男が好きな陸渡(りくと)と、なぜか陸渡と付き合っているレズビアンのありあ。 そして新しい客で航平に大きな影響を与えることになる、「占い師さん」。彼は航平に、「君の未来には綺麗な色達が弾け飛んでいる。画家になったら人々にその幸せを分けてあげるといい。」と告げるが、暗い過去のある航平は、「僕は不幸になりたいんです。」と言って彼を驚かす。 航平は占い師さんに、「自分は存在してないんです。」という悩みを打ち明ける。「僕は小さい頃から男の子と女の子の間で揺れてる。そしてドレスを着ると別の人格が出て来る。」占い師さんは、「君が不幸になりたいという願望を捨てると、この世に存在できるようになる。」そして、「君は彼氏と結婚すると絶対幸せになる。」と予言し、そういう幸せにならなってみたいと航平は思う。 航平は彼氏の聖詩(きよし)に嫉妬妄想が現れた時、家を出た。聖詩は自分の統合失調症という病と真剣に向き合っていい仕事をして、航平に帰って来てもらえるように努力していく。彼は昇進し長い間、性関係を強要されてきた元上司を首にし、自信を深めていく。 ママが自分のことを、「女装している退廃的な男」と語ったことから、バーで「退廃」という言葉が流行り始める。航平は退廃的な妄想を抱いて、自分のことを捨てられたバービー人形であると思い込む。編集長は航平の奇想天外な妄想を繋ぎ合わせ、壮大な退廃小説を書き上げる。 いよいよイブの前日。航平は聖詩にエンゲージリングを買ってもらう。神秘的なグレーのサファイア。そのお返しに別居中だった航平はまた清士と一緒に住みたいと言って、ふたり共ハッピーなクリスマスを迎える。
    文字数 59,713 最終更新日 2017.11.16 登録日 2017.11.16
  • 6
    長編 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 7
    僕の初めてのドレスとつけまつ毛 航平は子供の時から性格も体つきも女の子っぽく、髪を長く伸ばして着ている服も中性的で女性の服もよく着ていた。彼の憧れは19世紀の男性の服。フリルがついてて首に大きなリボンを結んで、少年達はセーラーカラーを着ていた。 航平はイラストレーターだったが、あまりのギャラの安さにあきれ、画家になる決心をする。 イラストを描いていたファッション雑誌の編集長、橋田に女装バーに連れて行かれ、知らないうちにそこで働くことになる。実は橋田はママに深い愛を感じている。従業員はママとプロのメイクアップアーティストでもあるレナ。ママはココ・シャネル、レナはデートリッヒ風のスタイルが得意。 航平は次々と新しい体験をしていく。レナに毎夜違うメイクをしてもらう。初めてのドレス、つけまつ毛、ブラジャー。女性の服装をするといつものシャイな性格が変わり、客達とも普通に話しができる。純粋な航平の人柄に魅了された美大の教授、伊純(いずみ)、漫画家でレナの彼氏の、黒澤、ブティックの店長、陸渡(りくと)などと交友を深めていく。 航平には中学生の時出会った聖詩(きよし)という彼がいる。中学の卒業式に告白され付き合うことになるが、科学の天才である聖詩は高校へは行かず政府のシンクタンクに入れられ、古代の海ができた頃の深海の研究をしていて、今はNASAとも取引のあるような有能な地質学者となっている。 航平は聖詩の本の間から聖詩の書いた悪戯書きのような数式や図形を見付け、それらの持つビジュアル的な魅力に気付き、絵を描いてそれを張り付けるというアイディアに夢中になる。彼はゴミ箱の中などからメモを集める。聖詩には内緒で。 聖詩には統合失調症という病があり次第に航平に対する嫉妬に悩むようになる。今まで可愛がって自分が守ってきたシャイで泣き虫の航平が、急にしっかりして綺麗になって客からチヤホヤされ、自分から離れて行く。統合失調症の症状である「嫉妬妄想」に憑りつかれ、ある夜黒いドレス姿で帰って来た航平の首を絞めてしまう。彼は意識を失っただけだったが、ふたりは別居することになる。 航平は伊純教授に「君の絵に聖詩の数式はいらない。もう彼から独立してるんだから。」と言われ、航平は自分だけの絵を描き始める。そして聖詩に「俺が変わったなら聖詩も変わらないと。」と告げる。聖詩は「また一緒に暮らそう。もう俺は君を籠の中に閉じ込めたりしないから。」
    文字数 60,053 最終更新日 2017.10.30 登録日 2017.10.30