1. TOP
  2. 投稿小説
  3. モデル事務所の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード モデル事務所
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 R18
    お気に入り : 422 24h.ポイント : 205
    [BL]憧れだった初恋相手と偶然再会したら、速攻で抱かれてしまった エリートリーマン×平凡リーマン モデル事務所で メンズモデルのマネージャーをしている牧野 亮(まきの りょう) 25才 中学時代の初恋相手 高瀬 優璃 (たかせ ゆうり)が 突然現れ、再会した初日に強引に抱かれてしまう。 昔、優璃に嫌われていたとばかり思っていた亮は優璃の本当の気持ちに気付いていき… 夏にピッタリな青春ラブストーリー💕 Kindleで特別編集版を販売しています。 二人がイチャイチャするお話も付いてますので、興味がある方はKindleで読んでみて下さい!Twitterで宣伝してます!
    文字数 23,053 最終更新日 2021.11.2 登録日 2019.5.9
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 294 24h.ポイント : 85
    俺たちの××  美形ドS×最強不良 幼馴染み ヤンキー受 男前受 ※R18 地元じゃ敵なしの幼馴染みコンビ。 ある日、最強と呼ばれている俺が普通に部屋でAV鑑賞をしていたら、殴られ、信頼していた相棒に監禁されるハメになったが……。 18R 高校生、不良受、拘束、監禁、鬼畜、SM、モブレあり ※は18R (注)はスカトロジーあり♡ 表紙は藤岡さんより♡ ■長谷川 東流(17歳) 182cm 78kg 脱色しすぎで灰色の髪の毛、硬めのツンツンヘア、切れ長のキツイツリ目。 喧嘩は強すぎて敵う相手はなし。進学校の北高に通ってはいるが、万年赤点。思考回路は単純、天然。 子供の頃から美少年だった康史を守るうちにいつの間にか地元の喧嘩王と呼ばれ、北高の鬼のハセガワと周囲では恐れられている。(アダ名はあまり呼ばれてないが鬼平) ■日高康史(18歳) 175cm 69kg 東流の相棒。赤茶色の天然パーマ、タレ目に泣きボクロ。かなりの美形で、東流が一緒にいないときはよくモデル事務所などにスカウトなどされるほど。 小さいころから一途に東流を思ってきたが、ついに爆発。 SM拘束物フェチ。 周りからはイケメン王子と呼ばれているが、脳内変態のため、いろいろかなり残念王子。 ■野口誠士(18歳) 185cm 74kg 2人の親友。 角刈りで黒髪。無骨そうだが、基本軽い。 空手の国体選手。スポーツマンだがいろいろ寛容。
    文字数 539,251 最終更新日 2021.1.17 登録日 2019.10.27
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 42
    あなただけ  指定暴力団石破組の新人構成員、三島明希一(みしまあきかず)は、ある日突然、ゲイビデオの竿役をするよう命じられる。 相手役は、明希一の配属先である、モデル事務所兼アダルトビデオ製作会社〈N企画〉に所属するウリ専ボーイのハルト、三十歳。 男で、しかも明希一よりも九つも上。 ウリ専としてはギリギリの年齢であるハルトの再起をかけたビデオ出演の相手役に抜擢されて戸惑う明希一。しかし上の命令に背くことは許されない。 ※セラフィムの羽、番外編です。本編を読んでなくてもお楽しみいただけると思います。
    文字数 49,566 最終更新日 2022.5.25 登録日 2022.4.30
  • 4
    長編 完結 R15
    お気に入り : 29 24h.ポイント : 0
    冬月 琉架 (ふづき るか) 高校2年生 (16歳) モデルをやっているが...彼には、ある秘密が...。いつもは、健全な男子高校生だが、モデルをしている時は...。 モデルの時の名前は、姫崎 るか (ひめざき るか) 八神 亜衣希 (やがみ あいき) 社会人 (26歳) 写真家。普段は、商業カメラマンをやっている。だが、琉架にあるものを見られ、変態呼ばわりされる。 彼の素性は、訳ありみたいだが...?? あらすじ 琉架は、モデルの仕事を終えるといつも帰り道の途中にあるコンビニで、甘いものを買って帰るのが日課なのだが...最近、雑誌コーナーに長身の男の人が立ってて...毎回、琉架の事務所の雑誌を買っては、店を出ていく。 琉架の最近のマイブームは、紙パックのミルクティー。いつものように仕事を終え、コンビニでミルクティーを買い、店を出ようとした時「ちょっと...いいですか?」と言って声をかけてきたのは、最近見かける雑誌コーナーの男だった。仕方なく店の外に出て、琉架は、目の前にいる男に目を向けると、その男はいきなり「...その...姫崎 るかさんですよね...??なぜ、男装を...??」と言って訝しげな表情で琉架を見つめた。...これは、琉架と変態カメラマンの史上最悪の出会いだった...。
    文字数 238,520 最終更新日 2019.8.24 登録日 2018.11.29