1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 中世ヨーロッパ風ファンタジーの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 中世ヨーロッパ風ファンタジー
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1,813 24h.ポイント : 255
    転生腐女子の華麗なるBLライフ 前世では腐女子だった主人公は、自分が生まれ変わるなら異世界転生で自分好みのBLライフを送りたいと考えた直後、不慮の事故で生涯を終えた。 生まれ変わった先は、希望どおりの異世界だった。 性別男。有力貴族の子息。中世ヨーロッパ風ファンタジー世界という王道設定で自分好みのBL展開を楽しむために奮闘する話。 ただし、前世は処女で生身の異性との接触ほぼゼロの女子校育ちの箱入り娘。性的知識は保体の授業と18禁BL同人誌という残念スペックなのでなかなか思い通りには進まない。 色んなタイプのイケメンと様々な『初めて』(←性的なこと含む)を経験しながら成長していく話です。 ムーンライトノベルズ様にも同時投稿。
    文字数 699,238 最終更新日 2022.6.7 登録日 2018.8.2
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1,031 24h.ポイント : 127
    「真実の愛をみつけた!」 テンプレおつ!で、婚約破棄されたシャリオン。 なのに、毎日のように目の前に現れ「シャリオンは幸せにならなきゃ駄目だ!」と、他貴族との婚約を承認してくれない元婚約者に説教されながら、元ライバルの次期宰相に粘着されるお話です。 ガリウス×シャリオンです。 ※タイトルに「-」がついているものは書き直したものです。 ※誤字脱字超絶ごめんなさい ※ヨーロッパ風中世ファンタジーですがゆるゆるです。爵位とかマナーとかいろいろふんわりです。 ※男妊娠あります。 ※女もいます。 ※名前は氏名ランダムで付けており、「名前(英名)・家名(イタリア名)」 で付けてます。 ※魔法出てきますが地味です。 ※受けは快楽に弱いですが、頑固なところもあります。 ※更新頻度は不定期更新です。。。
    文字数 1,293,839 最終更新日 2022.5.7 登録日 2020.10.9
  • 3
    短編 完結 R18
    お気に入り : 339 24h.ポイント : 42
    最悪な記念日に異世界へ飛ばされ、悪魔の血を受け継ぐ王子から溺愛されたんですけど! 【ざっくり内容紹介】 イケメン筋肉×幼顔、溺愛、らぶえっち、分岐によって主人公の運命が変わる、一部残虐描写あり 【エンディング分岐について】 3話後の番外編でバッドエンドあり。8話後の番外編でトゥルーエンドあり。最終話でハッピーエンドとなります。(番外編をスルーしても、メインストーリーには影響ありません!) 【詳細なあらすじ】  今日は彼と付き合ってから一周年の記念日。彼との交際は順調だと思っていた。  しかし、まさかの別れを彼から告げられる。笹本悠人は彼に水をぶっかけ、レストランを飛び出し、閉まりかけのエレベーターに乗り込む。ショックで声を出して泣いていると、エレベーターの到着音が聞こえ、ドアが開いた。そのフロアは薄暗く霧がかっていた。惹きこまれる様に悠人はそのフロアへ降りる。怪しげな空間を彷徨っていると、突然目の前が光り出し、目を瞑る。  目を開けると、『精霊の間』と書かれた扉の前に立っていた。重厚な扉を開けると、そこには四大精霊(水・風・火・地)が待ち構えていた。悠人は四大精霊から救って欲しい世界があると言われ、十分な説明が無いまま、その異世界へと召喚(転移)される。聖女を呼ぶように命令されていたため、男性である悠人が召喚されてしまった事に国王は激怒!悠人は色んな困難を乗り越え、そんな中、自分の事を気にかけてくれる第二王子(悪魔の血を受け継ぐ者)から溺愛されるようになる。そして、二人は結婚式を挙げ、最高の熱い熱い初夜を過ごした。 ※小説家になろうでは、文字数の関係上、「記念日に彼氏から振られ、絶望してたら、いつの間にか異世界へ飛ばされて、悪魔の血を受け継ぐ第二王子から溺愛されて、ラブラブなんですけど、本当に良いんですか?!」で掲載しています。 ※第9回BL小説大賞にエントリーしました。
    文字数 64,998 最終更新日 2021.7.13 登録日 2021.7.7
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 34 24h.ポイント : 28
    オメガ修道院〜破戒の繁殖城〜  某国の最北端に位置する陸の孤島、エゼキエラ修道院。  そこは迫害を受けやすいオメガ性を持つ修道士を保護するための施設であった。修道士たちは互いに助け合いながら厳しい冬越えを行っていたが、ある夜の訪問者によってその平穏な生活は終焉を迎える。  聖なる家で嬲られる哀れな修道士たち。アルファ性の兵士のみで構成された王家の私設部隊が逃げ場のない極寒の城を蹂躙し尽くしていく。その裏に棲まうものの正体とは。
    文字数 83,365 最終更新日 2022.4.14 登録日 2022.4.10