1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 低身長攻めの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 低身長攻め
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 49
    可愛い攻め、低身長×高身長、陽キャ×DT・・・というワードにピン!ときたそこの貴方に読んでほしい短篇です!※攻めが過去に受けもやっていたことを匂わせる描写があるので苦手な方はご注意ください うろたえる身体のでっかい受けを可愛い顔でクスクス笑いながら翻弄する小柄な攻めっていいよねっていうお話です! こんなんで萌えてもらえるのだろうか・・・私は萌えるけど・・・世界中で私一人でグフグフ言ってるだけなんじゃないか・・・と試行錯誤しながら書いてるので、ぜひぜひ感想ください!ほんの一言だけでもいいです!うわっ、なんか知らん腐女子が感想クレクレ喚いてる・・・ったくしょうがねえなあ、ほらよっこれやるから少し黙っとけくらいの感じででも書いてくださるととっても嬉しいです!お願いします!
    文字数 17,115 最終更新日 2020.7.28 登録日 2020.7.28
  • 2
    短編 完結 R18
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 14
    【R18完結】おとなになれない私-I can't be an adult.- 初めての恋人と初めてのエッチをするお話です。童貞メガネ男子が受けになります。 ※ネタバレありのあらすじです。結末まで書いてあります。 空港内の文房具店に務める三浦晴之(みうらはるゆき)には、恋人がいる。空港警備員、加賀谷寿(かがやひさし)だ。 仕事を終えて、加賀谷の働く保安ゲートに向かうと、抜き打ち審査が行われていた。そのときの様子を見て、晴之は再び大切な人を失うのではないかと不安になる。 同日。晴之の家にふたりでいる夜に、加賀谷から誘われる。しかし晴之は、加賀谷に攻められ気絶する。 その後の加賀谷の言動から、自分から踏み出さないと一線は超えられないと晴之は気づく。 翌日の午後。晴之は高田(たかだ)と空港で昼食をとる。高田は加賀谷の同級生であり、晴之と同じ店に務めている。 高田は、加賀谷を晴之に紹介したときのことを話した。「ハムスターに似ている」と高田が加賀谷を紹介した。加賀谷は背が低いことをコンプレックスに感じているかもしれないと考えた晴之は、高田に「そんなこと言わないでください」と反発したのだった。 高田の話によると、加賀谷はそれから晴之のことを、「いい子」と呼んでいたらしい。 晴之は高田に、加賀谷は亡くなった兄に似ていると話した。警察官だったが殉職した兄は、よく泣いていた幼い晴之の頭を撫でていた。でも、晴之は幼すぎてお礼が言えなかった。高田は晴之の話をやめさせる。「おまえを抱きしめるのは加賀谷の仕事だ」と言う。 夜。晴之は加賀谷の家に行き、抱いてほしいと言う。会話してから、晴之は風呂場で加賀谷に抱かれる。 終わったあと、ベッドの上で、晴之は兄には返せなかった愛情を、これから加賀谷に返していけるんだと気づき涙をこぼす。
    文字数 48,220 最終更新日 2021.6.13 登録日 2021.6.13
  • 3
    短編 完結 R18
    お気に入り : 55 24h.ポイント : 0
    他の作品と傾向真逆なのでご注意ください。 終始やっています。強姦から始まりますが、最後は甘々。主人公が若干くず。 高校の同級生ですが、校内の描写はでません。主人公が生意気な鳳凰院グループの後継者である鳳凰院高臣を寮の自室にだまくらかして呼び出し、強姦する話。 1人称で頭の悪そうな話と生意気な御曹司を泣かせたかっただけです。 主人公の名前結局最後まで出てきません。 ピュアな話ばかり書いてたら反動で書きたくなってしまった。 身長差、低身長攻め、拘束、言葉攻め、ドS、ツンデレと好きな要素をてんこ盛りに入れました。 別タイトルでムーンライトノベルズにも投稿しています。 ※当然ですがこの作品の著作権は作者にあります。  設定、話の流れ、セリフなど盗作することは絶対にやめてください。  多少変えたとしても類似していれば運営さま、その他に通報します。  またこの作品と似たモノを見つけたら作者及び運営さままで通報いただけますようお願い申し上げます。
    文字数 6,169 最終更新日 2018.4.15 登録日 2018.4.14