1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 伝奇の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 伝奇
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 85 24h.ポイント : 35
    目を覚ますとなぜか深い森の中、そして現れたモンスターはみんな美少年!? スライムやハーピィ、ドラゴンに魔王まで俺の"コンパク"を取り込もうとしてくる毎日!! 果たして、少年はモンスター達からコンパクを守り切れるのか♡ ひょんなことから異世界に舞い降りた少年と、その世界に住むモンスター達との濃厚なイチャラブ生活伝奇です!! ※小説家になろうでも掲載しています。
    文字数 63,306 最終更新日 2021.7.30 登録日 2020.5.27
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 41 24h.ポイント : 14
    夜天の涯て 輝く連星 戦のたびに現れる凶暴な人格が、俺を苦しめる。 隼勢、俺から目を離すな。――これ以上、人を殺めてしまわぬように。 ――――――― <あらすじ> 倭国に小豪族が乱立していた時代。 地方豪族・緒上氏の末子である神久良は、幼いころより身の内の別人格に悩まされていた。 別人格はたびたび彼の体を乗っ取り、戦で勲功をあげる。 だが性根の優しい神久良は戦へ駆り出されるたびに疲弊し、心傷つくのだった。 従者の隼勢はそんな神久良を献身的に支えるが、内心では満たされぬ想いを抱えており……。 そんなあるとき、同盟相手の大豪族が客人として緒上の庄へやってきた。 彼が神久良に目をつけたことがきっかけとなり、主従と緒上氏をとりまく状況は一変する。 ――――――――― 豪族のいた時代のような古代日本をイメージしています。 時代設定ふんわり、あくまでも和ファンタジーです。実在の歴史人物等は出てきません。 みずらを結った雄々しい若様が書きたくて書いてます。 威勢はいいが精神的に脆さのある強気受けです。たまに凶暴な人格が表出します。いわゆる二重人格もの。 BLと、古代和風伝奇小説の境目をウロウロする感じでシリアスです。 序盤じれじれ&殺伐で、中盤以降ややBLっぽく濡れ場もあります。従者×主人公。 戦闘シーンなど流血描写あり、無理矢理な性表現、攻め以外からのレ〇プ描写が一部あります。 殺伐と色香の境目を目指して書きました。約18~19万文字。こちらに載せるにあたり少々改稿します。 表紙イラスト:楳丞さん
    文字数 196,802 最終更新日 2022.2.28 登録日 2021.12.18
  • 3
    短編 完結 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 7
    民俗学者伊坂幹比古は、一枚の手紙に招かれ、静かな漁村を訪れる。そこには人魚憑きと言われる、美しい少年、石榴がいた。幹比古は石榴を救うため、とある方法でもって憑き物落としを執り行う。 伝奇もどきのおにショタ。時代背景が迷子。
    文字数 33,552 最終更新日 2020.10.18 登録日 2020.10.18
  • 4
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    父の転勤で、ある町にやって来た高1の陸は、不思議な同級生・三景(みかげ)と出会う。人を寄せつけない雰囲気の三景に、反発しつつも強烈に惹かれる陸だったが、やがて不気味な蜘蛛の幻影に脅かされ始める…。人の心を喰らう異形の存在『影』に対峙する一族と、彼らの力になるため血を与える性を持つ『贄』の物語です。 ※自サイト、ふじょきん様、小説家になろう様にも連載中です。
    文字数 76,329 最終更新日 2022.2.5 登録日 2021.8.27
  • 5
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    中学2年生の陵は元クラスメートとのトラブルのさなか、斉二という同級生に出会う。当初は斉二に敵対心を抱く陵だが、互いに少しずつ打ち解けていく。ところが…。「小説家になろう」様でも連載中です。
    文字数 21,595 最終更新日 2022.4.16 登録日 2021.8.15
  • 6
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    ほもむかしばなし 混迷を迎えたこの時代こそ「温故知新」すなわち古きを訪ね新しきを知るべし。 僭越ながら我らガチホモが先人たちの伝奇に隠された真実を語り伝えてしんぜよう。
    文字数 40,783 最終更新日 2019.12.1 登録日 2019.11.15
  • 7
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 47 24h.ポイント : 0
    真稀には後見人である月瀬に絶対に知られてはいけない秘密があった。 それは男性の精液を摂取しないと生きていけない体質であること…。 しかし、ある日夜の街で客を取っていたところを目撃され、挙句空腹だった真稀は本能のまま月瀬から強引に奪ってしまう。 自分のしたことに罪悪感を覚える真稀だったが、月瀬は気にしていないどころか『供給源』になってくれると 言い出して———
    文字数 69,184 最終更新日 2019.5.16 登録日 2019.4.29