1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 妖刀の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 妖刀
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 34 24h.ポイント : 7
     鈴木庸平(すずき ようへい)は剣道場の息子。鈴木家はなぜか不思議な力を持って生まれる者が多く、普通に暮らせるように「凡庸」「平凡」を重ねて「庸平」と名付けられた。  結果は一族最強の特殊能力者。スカウトされて退魔師ギルドに登録し、国宝級の太刀を貸与される。 鈴木庸平(すずき ようへい) 175cm 65kg  剣道場の息子。 冴(さえ) 80cm 0.8kg/185cm 80kg  太刀の付喪神(つくもがみ)。 深雪(みゆき) 100cm 25kg/170cm 55kg  白い毛の人狼。
    文字数 18,568 最終更新日 2022.1.31 登録日 2021.2.26
  • 2
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    9/20更新いたしました。 昔書いていた創作キャラの 恋愛面掘り下げ小説を 書いていましたので こちらにおさめさせていただきます。 よかったら、お楽しみください。 本編をこちらに収録していきます。 お話によっては、流血表現もいくつかありますので、 苦手な方は、これまた ご注意ください。 俺様で、結構な自信家の蛍と まったり平和主義な大和の二人 が辿って来た人生の一部を 過去のお話から現代までとさまざまに 綴っていきます。 地方の結界として存在する 守護職をしています。 ほぼ、不老不死に近い存在 であり、神力と霊力、などの 絡む世界観です。
    文字数 30,562 最終更新日 2021.9.20 登録日 2021.7.24
  • 3
    長編 完結 R15
    お気に入り : 37 24h.ポイント : 0
    その白い髪、赤い瞳の美しい男は獣。 よく喋り、浮かび、世話を焼いてくるぬいぐるみと共に、田舎の一本道をのんびりと歩いていた。 目的はあるものの、目的地は未だ定まらない。 そこへ一台の車が通りかかる。 出会いにより擡げたのは妖刀の凶刃か、人の狂気か。 ※ポケットBLノベルクラブさんより加筆修正、改稿して移植したものです。ストーリー粗め。 あちらに掲載してあるものは、削除致しました。 ※小説家になろう様にも掲載しています。
    文字数 118,346 最終更新日 2019.5.13 登録日 2019.4.20