1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 花魁の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 花魁
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 235
     女を売り買いする女衒稼業で名を上げた関崎直巳。彼が扱った女の中で、忘れがたい女が三人いる。  晴海楼の空蝉花魁と明石花魁、初音花魁。  どの女も、直巳がただ一度抱かれた男に関わる女たちである。
    文字数 21,107 最終更新日 2022.5.18 登録日 2022.4.29
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 59 24h.ポイント : 42
    花のお江戸の陰間茶屋 江戸時代。 花街の男娼屋に売られた弥太郎は名を薫と改め、花魁として名を馳せた母譲りの美貌で男たちを魅了していく。 華やかな地獄に生きる少年たちの物語。
    文字数 97,583 最終更新日 2020.4.17 登録日 2019.12.10
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 14
    世界には男女以外の性別が存在する。 それはバース性と呼ばれるもので、α、β、Ωの三つが存在している。 Ω性の者の一部はウサギの耳のようなものを持っていた。 ウサギの耳の形によって性格などがあらかた決るらしい。 耳の形は三つ。 寂しがり屋のドロップ。 甘えん坊のネザー。 何にでも染まれるレプス。 そんな世界で二人の少年が織り成す儚く切ない愛憎劇。 これより開幕でございます。
    文字数 9,363 最終更新日 2021.11.2 登録日 2019.9.26
  • 4
    短編 完結 なし
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 7
    前世で花魁だった俺、現世で男に生まれ変わったら結ばれなかった武士と再会しました  花魁だった前世の記憶を持つ男子高校生・青原啓介は軽音部に所属し平凡な日々を送っていた。ある日ネットに上げた歌と演奏の動画をきっかけに大学生と会うことに。その大学生は前世で愛した武士の生まれ変わりで…… 前世で武士だった剣道大学生×前世で花魁(遊女)だった男子高校生 男女カプが転生してBLになっています。書きたいシーンだけ書いたネタメモです 長期で書こうか書かないか悩んでいます 追記 思った以上に指示をいただけましたので、ぼちぼち連載してみることにしました。転生した二人の恋の行方を書いていきます。ちゃんとハッピーエンドにします。いつまで出来るだろうか…… 追記2021/12/6 続き書けないなと思ったので一旦完結にしときます。待っていただいた方大変申し訳ございません。他の作品に力入れています……
    文字数 8,005 最終更新日 2021.11.10 登録日 2021.9.6
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 7
    永久(とわ)に咲くらむ 世は幕末。攘夷運動に揺れるさなか、市田久一(いちだひさいち)は、藩主の護衛役として共に訪れた江戸で、かつて謂れの無い罪で死に追いやられた想い人、葵(あおい)に生き写しな陰間、蜜羽(みつは)に出会う。 呼出し花魁にも引け劣らぬ美貌と評判の蜜羽と、葵と同じ顔を持つ蜜羽に複雑な感情を抱く久一。倒錯の中、久一の中で鎮まりつつあった過去が再び揺り起こされる。
    文字数 40,202 最終更新日 2020.8.10 登録日 2020.7.26
  • 6
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    お兄さんこちら、手の鳴る方へ 鬼さん、こちら手の鳴る方へ____ 小さく可憐な少年が笑顔で走りながらこちらを向いた。男が瞬きをした瞬間、少年は妖艶な花魁へと姿を変えた。 金色桜の簪と真紅の紅をつけ、真っ白な肌が牡丹色の着物の間からちらついて見える。 お兄さんこちら。 ある男は夢を見た。 花魁となった少年は、ただの夢なのか それとも…… 記 憶? 男が夢と現の狭間を彷徨う。 ____________( ^ω^)ヌシ めちゃめちゃ少しずつ書いている状態です。 更新頻度が低いです。 様々ツッコミどころ満載です、すいやせん フ、雰囲気だけでも…って感じです(震え声) どうかよろしくお願いします… orz
    文字数 19,945 最終更新日 2022.1.16 登録日 2021.12.4
  • 7
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 0
    遊郭の禿(かむろ)にまじって花魁のお世話をする小さな少年・・・ 『あー暇!金やるから真くぅーんちょっとお使いしてきて』 そう品の欠けらも無い言葉使いで真に声をかけるのは禿のねね。ここは遊郭、逃げ出しなんざ物理的に心も体もへし折られる。 『分かった。お百合花魁には僕が出かけたって言っておいてね』 真は他と事情が違う、先に飢饉で亡くなった親に頼ることは出来ない。それにまだ13歳だ。働けないし体も小さい よいしょよいしょとみんなの分のお菓子を運んでいたら・・・ 『動くな!泥棒!』 え、えぇ・・・ 誤解から牢にぶち込まれるみたいです・・・
    文字数 6,091 最終更新日 2021.3.1 登録日 2021.2.21
  • 8
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    これは、少し切ない BL恋愛ストーリー
    文字数 1,291 最終更新日 2019.10.22 登録日 2019.10.22
  • 9
    長編 完結 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    三銃士の誓いよ永遠に(白銀楼物語・第2部) 2070年の秋――現代に蘇った吉原、東京玉東(とうきょうぎょくとう)に落とされたごく普通の男子高校生、鶴見章介は苦しみながらも一日一日何とか生きていた。彼はそこで、生涯の友に出会い・・・。 地獄で出会った3人の青年の友情物語。 ※人身売買が横行する近未来日本の花街で生き抜く男花魁たちのお話。大見世、白銀楼(はくぎんろう)が舞台の『白銀楼物語』第2部ですが単体でも読めます。 ※『太陽の子』の前日譚。秋二入楼以前のお話です。唯一足抜けに成功した一樹が玉東から解放されたいきさつが描かれています。 ※精神疾患への言及があります。(詳細な描写なし) ※ホームページより転載
    文字数 58,405 最終更新日 2019.11.3 登録日 2019.8.31