1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 武士の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 武士
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 101 24h.ポイント : 42
    お世継ぎ産みます!~公方様の愛されリーマン~ 上様×元リーマン /転生 /大奥/ オメガバース 「なぜ、こんなことに」  転生した先は江戸時代で、職業は武士だったからだ。  しかも、『稀(オメガ)』という男性でも子供を産める性を授かっており、三代目将軍の側室として大奥に入り、世継ぎを産む使命を帯びていた。  名前は一冴(いっさ)。  将軍、朝永(あさなが)は吉兆をもたらす目を持っていたが、その色は青だったことにくわえ『往々(ベータ)』だったため、側室に迎えた女たちは異形の者だと怯えてしまい、世継ぎを儲けることができないでいた。  男に抱かれて妊娠、子供を産むというショックに打ちひしがれていた一冴だが、朝永は、とびきりのイケメンで、かつ優しい心を持った男性だった。  無体を働くこともなく、 「心を寄せ合って結ばれないか」  と、お互いに信頼関係を築くところから始めようと提案し、一冴も持ち前の前向きな性格を活かし、朝永が心地よい場所になるようにと、 『大奥二の丸改善計画』を打ち出す。  朝永を拒否することで団結していた側室たち三人と対峙しながらも、いじわるを跳ね返し、朝永の寵愛を受ける唯一の側室として存在感を持つようになる。  また、朝永も一冴という理解者を得たことで、氷のように硬く、冷ややかだった雰囲気が優しいものへと変わり、異形の者ではないと気づいた側室たちが、恋心を抱き、お目に留まるようにと動き始める。 お気に入り登録おねがいいたします(〃▽〃) 感想いただけたら小躍りいたします。
    文字数 122,020 最終更新日 2021.11.7 登録日 2021.10.15
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 21 24h.ポイント : 21
    花鳥風月 ー花ひらく頃、三条大橋にてー 舞台は江戸時代。武士×絵師のBLです。基本は甘々ですが、時折シリアスになります。 生活様式は史実に沿っていますが、会話は現代語ですので、当時はまだ存在しない言葉も敢えて使っています。 性描写がある回にはタイトルに★をつけています。
    文字数 56,858 最終更新日 2022.5.8 登録日 2022.1.10
  • 3
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 252 24h.ポイント : 21
    エブリスタさんでも投稿していた作品です。 BL小説部門過去最高記録は10位。 ありがたいことでございます。 完結した作品ですが個人的にも思い入れのある 作品なので編集してこちらでも投稿しました。 アルファポリスさんで確認出来た日刊順位 最高記録は47位でした。(数時間) ありがたいの極みですね。 ※ややぼかした表現を使っていますが ちょっとえちぃな過激表現がありますので 苦手な方はご注意ください。 元々作者はドスケベなので他作品の 閲覧も十分にご注意されてください。 (あらすじ) 『紺碧の武士』と戦で名を上げる 立派な侍が主君であるお館様に恋して 案内された場所とは…? 時代設定は戦国時代くらいのフィクションです。 誤った言葉遣いもあると思いますが 何とぞ広い心で見てやってください。 やたら改行が多いので文字小さめで 閲覧することをおすすめします。 テーマは悲恋です。
    文字数 90,146 最終更新日 2020.11.28 登録日 2020.3.12
  • 4
    短編 完結 なし
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 14
    前世で花魁だった俺、現世で男に生まれ変わったら結ばれなかった武士と再会しました  花魁だった前世の記憶を持つ男子高校生・青原啓介は軽音部に所属し平凡な日々を送っていた。ある日ネットに上げた歌と演奏の動画をきっかけに大学生と会うことに。その大学生は前世で愛した武士の生まれ変わりで…… 前世で武士だった剣道大学生×前世で花魁(遊女)だった男子高校生 男女カプが転生してBLになっています。書きたいシーンだけ書いたネタメモです 長期で書こうか書かないか悩んでいます 追記 思った以上に指示をいただけましたので、ぼちぼち連載してみることにしました。転生した二人の恋の行方を書いていきます。ちゃんとハッピーエンドにします。いつまで出来るだろうか…… 追記2021/12/6 続き書けないなと思ったので一旦完結にしときます。待っていただいた方大変申し訳ございません。他の作品に力入れています……
    文字数 8,005 最終更新日 2021.11.10 登録日 2021.9.6
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 7
    パラレル戦国時代、ある小国の武家の子息と忍達の物語。別サイトで投稿したもののリバイズ作品になります。 男同士の恋愛、残酷、凌辱、戦闘表現を含みます。パラレルであることを前提に「この時代にこの言い回しは存在しない」などの時代考証的ご指摘はご容赦ください。
    文字数 62,694 最終更新日 2022.1.10 登録日 2022.1.10
  • 6
    短編 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 7
    淡い瑠璃唐草の如く 時は江戸。 武士であった父を失い、 生活が苦しくなり母親に、 芳町にある、陰間茶屋の卯月屋に売られた瑠璃。 その十四年後。 今では、芳町で知らぬ者が居ないほど 有名な男娼の頂点に立つまでになった。 そんなある日、卯月屋に歳も近い少年が売られた。 彼は、瑠璃の幼馴染であった蘭。 再会した二人に待っていたのは 男に色を売る男娼の瑠璃と、 色を売りたくない 新造としての蘭だった。 瑠璃は蘭に、筆下ろし(性行為)を行う前に 俺がヤッてやる…といい始め……??
    文字数 22,188 最終更新日 2021.3.5 登録日 2021.3.1
  • 7
    長編 完結 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 7
    永久(とわ)に咲くらむ 世は幕末。攘夷運動に揺れるさなか、市田久一(いちだひさいち)は、藩主の護衛役として共に訪れた江戸で、かつて謂れの無い罪で死に追いやられた想い人、葵(あおい)に生き写しな陰間、蜜羽(みつは)に出会う。 呼出し花魁にも引け劣らぬ美貌と評判の蜜羽と、葵と同じ顔を持つ蜜羽に複雑な感情を抱く久一。倒錯の中、久一の中で鎮まりつつあった過去が再び揺り起こされる。
    文字数 40,202 最終更新日 2020.8.10 登録日 2020.7.26
  • 8
    短編 完結 R18
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 7
    陰間で一杯 江戸時代のとある武士が陰間茶屋である青年と出逢うお話。 当時、男色ブームが起きていたということを知り、思いついた次第です。 こういう事を思っていた男娼も少なからずいたのではないでしょうか。 当時の男同士の営みについての記事を読んでいるとそんな気がしてきます…
    文字数 3,225 最終更新日 2020.6.8 登録日 2020.6.8
  • 9
    短編 完結 R18
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    天神さまの云ふとおり 「アンタは生きてるつもりでも活きちゃあいない」 華やかな遊郭を舞台に繰り広げられるBL時代劇短編作品。 世間を騒がす美しき義賊「紅天神」と貧乏旗本の三男坊源之助。重なる筈のない二つの魂がたった一夜だけ重なった。 そのたった一夜が全てを変えた物語。 最初はえ?!コレBL??と言う感じですが、ちゃんとBLになっていきますよ❣️
    文字数 12,883 最終更新日 2021.6.19 登録日 2021.6.14
  • 10
    ショートショート 完結 R15
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    守りに定評がある穣二と武士の二人に陰りが見え始めた。そこで穣二は簪伊久夫を迎え入れる。果たして、この作戦が奴らから守り抜ける方法だろうか?後を追う。その行方はいかに!
    文字数 906 最終更新日 2020.9.15 登録日 2020.9.13
  • 11
    短編 完結 R15
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 0
    生け贄の望み お題のBL小話三篇。「生け贄の望み」「届かない手が空を切る」「鳴いた蛍と泣かぬ蝉」です。すべてR15。 「生け贄の望み」友人の借金沙汰に巻きこまれて、「や」のつく人と関わることになる、おっぱい星人の話。 「届かない手が空を切る」江戸時代のプライドが高い跡取りの武士×対照的な居候の武士の息子の愛憎いり乱れる話。 「鳴いた蛍と泣かぬ蝉」あだ名がセミとホタル。高校のクラスメイトの儚く悲しい恋物語。 拝借したお題の配布サイト「ペトルーシュカ」のリンクは↓にあります。
    文字数 12,541 最終更新日 2021.4.21 登録日 2020.8.14
  • 12
    長編 完結 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    天下泰平の徳川の治世、もはや無用の長物となった剣だけを頼みに世を渡らんと道場破りに明け暮れる浪人「武政国十郎」 道場破りに入った先で剣術指南役の家に生まれた俊英「雲井弦一郎」と出会い、二人は「兄弟」となった 正反対の武士二人が織りなす本格衆道時代小説 浪人×道場主の息子 ※note、pixiv、fujossy、ノクターンノベルズにて重複投稿を行っております。noteよりリンクは辿れます ※後書きに用語等の注釈集を用意しております ※直接のサポートはnoteまたはBOOTHにてお願いいたします 【note】https://note.com/ahai_rainbow/n/na0ed227a3f63?magazine_key=mf4183aa0f8fb
    文字数 26,112 最終更新日 2020.5.15 登録日 2020.5.15
  • 13
    短編 完結 R18
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    ぶしらぶ。 勘定方である沖田恒興は、いつものほほんとしていて、周りから馬鹿にされている。新参の神谷はイライラし、ついキツく当たってしまうが、沖田は叱られると興奮するたちで……。天然と堅物。
    文字数 11,951 最終更新日 2017.9.9 登録日 2017.9.9