1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 陰間の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 陰間
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 484 24h.ポイント : 127
    枕営業から逃げたら江戸にいました。陰間茶屋でナンバー1目指します。 *和風ファンタジーBL* 弱小芸能事務所で俳優を目覚す鏑木悠理(19)は、初オファー先での枕営業から逃げ真冬の川に飛び込んだ。 目覚めたらそこはなんと江戸時代の陰間茶屋! 陰間茶屋とは歌舞伎座の女形を目指しながら体を売る芸子達の美少年版遊郭(男娼サロン)だと言う。 悠理は過去と向き合いながら「百合」として陰間茶屋でNo.1を目指す事を決意し、多くの人達との出会いと別れ、恋を経験して成長して行く。 本タイトル 大華繚乱─陰間茶屋記─ 表紙は琴吹かなこ様 https://www.pixiv.net/users/60870820 *江戸時代の陰間茶屋について下調べはしていますが、作品を円滑に進めるに当たり史実と異なる部分は多数あり、場所や年号も空想の物となっています。 異世界ファンタジー物としてお楽しみ下さいますようお願い致します。 史実をアドバイス下さるのは大歓迎です。出来る範囲で後直し致します。
    文字数 347,552 最終更新日 2021.11.13 登録日 2020.11.22
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 57 24h.ポイント : 49
    花のお江戸の陰間茶屋 江戸時代。 花街の男娼屋に売られた弥太郎は名を薫と改め、花魁として名を馳せた母譲りの美貌で男たちを魅了していく。 華やかな地獄に生きる少年たちの物語。
    文字数 97,583 最終更新日 2020.4.17 登録日 2019.12.10
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 14
    永久(とわ)に咲くらむ 世は幕末。攘夷運動に揺れるさなか、市田久一(いちだひさいち)は、藩主の護衛役として共に訪れた江戸で、かつて謂れの無い罪で死に追いやられた想い人、葵(あおい)に生き写しな陰間、蜜羽(みつは)に出会う。 呼出し花魁にも引け劣らぬ美貌と評判の蜜羽と、葵と同じ顔を持つ蜜羽に複雑な感情を抱く久一。倒錯の中、久一の中で鎮まりつつあった過去が再び揺り起こされる。
    文字数 40,202 最終更新日 2020.8.10 登録日 2020.7.26
  • 4
    長編 完結 R18
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 7
    君色の空に微笑みを 友人も恋人おらず、やりがいの無い仕事を続けるだけの退屈な日常を過ごしていた浩介は、飲み会の帰りに見知らぬ街の奇妙なホテル「幻龍楼」に入る。一風変わった従業員と様々なサービスの中、「陰間メニュー」と称された男性用風俗に興味を持つ浩介。そこで出会った青年・混一(ホンイツ)は、五年前、浩介が地元で見かけて以来忘れられないでいた美少年なのだった。
    文字数 77,672 最終更新日 2018.11.24 登録日 2018.11.16
  • 5
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 30 24h.ポイント : 7
    花が散る、その夜に。 佐原花街─そこは欲に溺れた人間たちが集う街。ある軍人は女で遊び、ある商人は男娼に囲まれる。 そこで一際有名な陰間茶屋の看板美少年、千里(センリ)はただただ金のためだけに見知らぬ人と夜を共にしていた。そんな少年に本物の愛を届けようとするのは軍隊の将校である、丞(タスク)。身分の違うふたりはお互いに愛を貫けるのか。 *オメガバースの設定を組み込んでいます。作中でも説明は致しますが、本来の設定を知りたい方は是非調べてみてください。 *時代の異なる設定があるかもしれませんが、気にせず読み進めてください。
    文字数 13,261 最終更新日 2017.3.27 登録日 2017.2.17
  • 6
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    時は安栄6年、のちに伝説の陰間と語り継がれる青年が江戸芳町の遊郭街にいた。 ──威張りくさった武士はその態度を改心させ、 ──野暮な見た目の田舎者があれば都会者のように垢抜けさせ、 ──冷めた一座があればその一声で祭りのごとく盛り上げてみせる。 姿は万にひとつの美童なり。 そんな伝説の陰間、上村一弥。 実は転生者だった──!? これは上村一弥の転生初日からその生涯を追う物語。 (陰間とは、主に男を相手に体を売る江戸時代の男娼のこと) はじめ数日は毎日投稿。 完結保証!
    文字数 22,270 最終更新日 2021.11.07 登録日 2021.10.31
  • 7
    短編 完結 R15
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    菊松と兵衛 陰間茶屋「松葉屋」で働く菊松は、そろそろ引退を考えていた。そんな折、怪我をしてしまった菊松は馴染みである兵衛に自分の代わりの少年を紹介する。そうして、静かに去ろうとしていたのだが…。※一部性的表現を暗喩している箇所はありますので閲覧にはお気を付けください。
    文字数 4,828 最終更新日 2021.6.10 登録日 2021.6.10
  • 8
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    陰間としてデビュー(水揚げ)直前の少年と、ヤクザなおっさんのお話。 昔二次創作として書いていたものなんですが、気に入っている話なので、 少しでも多くの方に読んで欲しくて、設定少しかえてこちらへ載せました。
    文字数 22,919 最終更新日 2021.3.11 登録日 2021.3.05
  • 9
    短編 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    淡い瑠璃唐草の如く 時は江戸。 武士であった父を失い、 生活が苦しくなり母親に、 芳町にある、陰間茶屋の卯月屋に売られた瑠璃。 その十四年後。 今では、芳町で知らぬ者が居ないほど 有名な男娼の頂点に立つまでになった。 そんなある日、卯月屋に歳も近い少年が売られた。 彼は、瑠璃の幼馴染であった蘭。 再会した二人に待っていたのは 男に色を売る男娼の瑠璃と、 色を売りたくない 新造としての蘭だった。 瑠璃は蘭に、筆下ろし(性行為)を行う前に 俺がヤッてやる…といい始め……??
    文字数 22,188 最終更新日 2021.3.05 登録日 2021.3.01
  • 10
    短編 完結 R18
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    陰間で一杯 江戸時代のとある武士が陰間茶屋である青年と出逢うお話。 当時、男色ブームが起きていたということを知り、思いついた次第です。 こういう事を思っていた男娼も少なからずいたのではないでしょうか。 当時の男同士の営みについての記事を読んでいるとそんな気がしてきます…
    文字数 3,225 最終更新日 2020.6.08 登録日 2020.6.08
  • 11
    短編 完結 R18
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 0
    蕎麦売りは夜に鷹を抱く ※男の夜鷹という特殊設定です※ 蕎麦売りは夜に鷹を抱(いだ)く 侍であった過去を捨て、二八蕎麦を売る「しまき」 × 陰間であった過去を引きずって、夜鷹として生きる青年「ざらめ」 名前の元ネタは雪しまき・ざらめ雪から。 ------- 本編のお話が一~六。 番外編として蛇足が四本あります。 表紙協力:詩穏さま( https://skima.jp/profile?id=45840 ) ロゴ協力:せみこさま( https://twitter.com/semicco ) 参考文献:『歴史道Vol.2江戸の暮らしと仕事大図鑑』朝日新聞出版/『男色の景色』新潮社/『浮世絵春画と男色』河出書房新社/『江戸文化から見る男娼と男色の歴史』株式会社カンゼン
    文字数 23,023 最終更新日 2020.4.22 登録日 2020.3.20
  • 12
    長編 完結 R18
    お気に入り : 94 24h.ポイント : 0
    万華の咲く郷 現代日本に健在する花街、吉原。 陰間茶屋『万華郷』は、何から何まで規格外の高級大見世。 皆の恐れる遣手×売れっ子太夫を中心に繰り広げられる、超高級男娼達の恋愛、友情、仕事事情。 ストーリー重視。 濡れ場のある話にはタイトルに※を付けています。 本作は横書き仕様です。
    文字数 412,014 最終更新日 2019.12.08 登録日 2019.8.24
  • 13
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    本日も満員御礼 BL・MLに ”エロいシーン”は不可欠だ。という事で、主人公に特定のパートナーは定めず 官僚・大臣クラスの政治家・アスリート・実業家・投資家・医者・弁護士・検事、等など…… タイプも違う男達と絡む物語を書いてみました。
    文字数 2,007 最終更新日 2018.12.16 登録日 2018.12.16
  • 14
    短編 完結 R15
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    去りし桜の片隅に 年季あけ間近の陰間の桜。胸には、彼に貰った簪。 でも、彼はもういない・・・ 悲しい想いの桜が幸せを掴んでいく・・・・ 「ムーンライトノベルズ」で公開している物です。
    文字数 8,247 最終更新日 2018.4.12 登録日 2018.4.12
  • 15
    長編 完結 R18
    お気に入り : 39 24h.ポイント : 0
    白妙薄紅 しろたえうすべに * 足引山の主が作ったとも言われる花街で、十になったばかりの白妙は陰間として水揚げをする。 しかし、彼の心には置屋の番頭の源蔵へのほのかな恋心があった。 * 時代も場所も不特定なため「異世界」や「ファンタジー」として世界をとらえると入りやすいかもしれません。 全ては作者の想像によるものなので、実際とは大きくかけ離れる事柄、言葉があります。 * 作品の内容上、漢字がたくさん出てきます。 最初のページに「登場人物・用語解説」あり。 * 他サイトにも掲載。
    文字数 60,208 最終更新日 2018.3.31 登録日 2018.3.08
  • 16
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    『日の当たらない世界で懸命に生きる少年達。それぞれの胸に砕かれない想いを込めて今日を生きていく。』 陰間茶屋のお話です。
    文字数 4,513 最終更新日 2017.3.13 登録日 2017.3.08
  • 17
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    月夜と穢れとサヨウナラ 『同じ鎖で絡み取られた二羽の小鳥』 陰間のお話です。
    文字数 534 最終更新日 2017.2.07 登録日 2017.2.07