1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 褐色受けの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 褐色受け
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 89 24h.ポイント : 14
    主神の祝福 褐色の肌と琥珀色の瞳を持つ有能な兵士ヴィクトルは、王都を警備する神殿騎士団の一員だった。 神々に感謝を捧げる春祭りの日、美しい白髪の青年に出会ってから、彼の運命は一変し――。 ドSな触手男(一応、主神)に取り憑かれた強気な美青年の、悲喜こもごもの物語。 本作は拙作「聖騎士の盾」シリーズの派生作品ですが、単品でも読めなくはないかと思います。 (「神々の祭日」で当て馬攻だったヴィクトルが受になっています) 脇カプの話が余りに長くなってしまったので申し訳ないのもあり、本編から独立しました。 冒頭に本編カプのラブシーンあり。
    文字数 113,684 最終更新日 2020.7.22 登録日 2020.7.19
  • 2
    長編 完結 R15
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 7
    多忙で有休が取れないので役所に行けない。そうボヤいたときに、代わりに行くよという褐色少年が現れた。 誰よ? と聞くと宇宙人だと言うが、どう見ても普通の日本人。でも本人は宇宙人と言い張る。 宇宙人なのであれば、犯しても合法という気がしないでもないが……。
    文字数 17,742 最終更新日 2021.12.1 登録日 2021.11.22
  • 3
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 26 24h.ポイント : 0
    俺は、褐色の肌に、月光に輝く銀色の髪。瞳は黄金と、とても珍しい色合いをしている。珍しいというか、そう言う人間はこの国には、皆無だ。この周辺の国々は白い肌を美点としており、美しい者は男も女も白く透き通った肌が第一とされている。異端な俺を受け入れてくれる人などいるのだろうか?その上、魔法まで使える俺。本当の姿を見ても驚かないで欲しい。願うのはただそれだけ……
    文字数 13,448 最終更新日 2021.10.11 登録日 2021.8.11