1. TOP
  2. 投稿小説
  3. グルメの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード グルメ
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 4,217 24h.ポイント : 1,242
    祖母と母が亡くなり、別居中の父に引き取られた幼い三兄弟。 暴力に怯えながら暮らす毎日に疲れ果てた頃、アパートが土砂に飲み込まれ…。 目を覚ませばそこは日本ではなく剣や魔法が溢れる異世界で…!? 強面だけど優しい冒険者のトーマスに引き取られ、三兄弟は村の人や冒険者たちに見守られながらたくさんの愛情を受け成長していきます。主人公の長男ユイト(14)に、しっかりしてきた次男ハルト(5)と甘えん坊の三男ユウマ(3)の、のんびり・ほのぼのな日常を紡いでいけるお話を考えています。 この子たちにチート機能は必要ないので、多くても1つか2つの予定です。 ※ボーイズラブ・ガールズラブ要素を含める展開は98話からです。 苦手な方はご注意ください。
    文字数 1,255,247 最終更新日 2022.2.19 登録日 2021.1.16
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 1,016
    俺の言葉で指で、舌で、俺のする全ての痛みや快楽で……よがりきる…お前……が見たい 【セフレのつもりでいたくせに】第2章・(ここからでも全然読めます。途中登場人物がちょっとわからないかも、位です)ただ前作後半は【セフレのつもりでいたくせに】は雨宮悠が良くわかると思います。 第1章はイタリア料理も沢山でるので、グルメが好きな方はよろしければそちらから読んでいただけたら嬉しいです。 【あらすじ】 イタリアはアマルフィに店を構えるイケメンシェフ、三枝涼、彼には可愛すぎる天の邪鬼な妻【男】がいた。 【第1章で】20年越しの恋を実らせた【妻】悠を自分無しではいられないように開発しようといいだした。 仲良くやっていたように見えた二人だったが、ある日を境に悠の態度がおかしくなっていく。 浮気を疑う涼だったが… 実は……… (地雷があると、いけないのでタグご確認下さい)
    文字数 29,326 最終更新日 2022.6.30 登録日 2022.6.21
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 19 24h.ポイント : 71
    ~セフレのつもりでいたくせに!~ライラックの咲き乱れる中庭で壊れる程お前に抱かれたい。。 幼少期に親を亡くし孤児院で育つ三枝涼は十歳の時雨宮と運命的な出会いをする。二人は一心同体のように共に頂点に向かって駆け上がっていく。 二十歳の頃には料理の世界でその片隅に籍を置きその二年後には世界のトップに君臨していた。三枝の作るものが王室御用達に選ばれたのが25の時。順風満帆に見えた三枝に悲劇は訪れた。料理の祭典で大富豪を敵に回した三枝は彼によって嵌められ資格剥奪の目に合ったのだ。 どん底まで落ちた三枝はそれでも這い上がり城を構え再起を狙う。そこに現れた救いの手は日本の大金持ち羽柴家だった。彼が主催する料理の祭典、参加条件はプロである事。そして過去の祭典での資格剥奪の有無は問わない。 その条件の意思は本人にも彼を愛する他の料理人にも伝わり、役者は出そろっていく。  お題目は「審査員が今まで食べた中で思い出のシチューと飲み物」 正賞5000万 副賞極秘扱い 涼の悠の反撃の狼煙が上がった。 レストランを舞台に、涼と靖二の恋物語の結末は… そしてひた隠しにしている悠の片想いの結果は…。 後半がっつりR-18です。メスイキ、拘束あります。
    文字数 84,955 最終更新日 2022.6.19 登録日 2022.5.28
  • 4
    長編 完結 R15
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 14
    翠雨の水紋 千鳥シリーズ第4作 幕末の動乱が影を落とし、多くの民間宗教が渦巻く江戸の市中。参勤交代で江戸藩邸にやってきた羽代の若き当主、朝永弘紀は、始めたばかりの茶の販路獲得や物資調達など羽代藩の存続がかかる交渉のため江戸市中を走り回ることになる。 一方、秋生修之輔も、同僚の外田や山崎とともに羽代の新たな軍整備に向けて武術や練兵の技術習得に奔走する。市中を警邏する新徴組士、岩見清十郎との接触や、弘紀の母の過去を知るくろさぎの行動が羽代藩を窮地に追い込む ・・・・・・内容盛りだくさんですが、みどころは桜餅です。あと馬とか江戸のB級グルメとか名物とかです。R15性表現(強め★/弱め☆)あり。
    文字数 280,518 最終更新日 2022.6.23 登録日 2022.2.13
  • 5
    短編 完結 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    酒と談話【期間限定全公開】 青年たちが酒を片手に会話を楽しむ、BL×飯テロ短編集 ほろ酔いサイダー ある週末、学生時代の仲間と飲みに行った翔也は、勢いに任せて適当に酒を頼んだ。 すると、酒に詳しい同級生の宏介が翔也に語り始める。 プライステイスト ネットサーフィンをしていたタクトは、高級なワインが飲みたいと同棲しているコウに言う。 しかしコウは、そんなワインは美味しくないと言い張る。 秘密の味 いつもの面子で飲み会に行った佐藤。 目の前に座った先輩、金森の調子がいつもより悪そうで心配していたが、大丈夫だと言い張っていた。 いつかのさけ そこそこの頻度で開催されている絶品グルメを楽しむ個人的な飲み会。 そんな飲み会に初めて参加する桂木は、先輩の岡崎に日本酒の楽しみ方を教えてもらっていた。 ロマンティック・プランク 曖昧な関係の柊に突然呼び出された杏里。 彼に導かれてお洒落なバーで一緒に食事をすることになった。
    文字数 77,703 最終更新日 2022.5.2 登録日 2022.4.24
  • 6
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 26 24h.ポイント : 0
    営業部の阿志雄くんは総務部の穂堂さんに構われたい *現在更新おやすみ中* ノベルアップ+では完結まで公開しています。そちらでのコンテストが終わるまで続きは掲載いたしません。 【年下わんこ営業マン×年上敬語メガネ総務】 「オレと友だちになってくれませんか」 「いいですよ。君が本社の役に立つのなら」 東京支社から地方都市にある株式会社ケルスト本社に転勤してきた営業部の阿志雄 真司(あしお しんじ)は、憧れの先輩が入れ替わりで転勤してしまった事実にショックを受ける。歓迎会でも悲しみを引き摺り、飲み過ぎて潰れてしまう。わざわざアパートまで送ってくれた総務部の穂堂 徹(ほどう とおる)に憧れの先輩・伊賀里(いがり)に似た部分を見つける。「仲良くなりたい」と申し出る阿志雄に、穂堂は「本社の役に立つのなら」と条件付きで了承する。阿志雄が伊賀里の代わりに穂堂を求めたように、穂堂も失った大切な人の代わりを別の人に求めているからだ。 何故か年配社員や社長に可愛がられている穂堂。彼が本社にこだわる理由。それは彼の生い立ちに秘密があった。 都会にある二つの支社と地方都市にある本社。それぞれのトップの思惑とは。 部署と年齢、立場が違う二人の出会いと絆の物語。 事件を解決しながら美味しい料理を味わうグルメ小説……もといBL小説です。
    文字数 129,941 最終更新日 2022.1.2 登録日 2021.10.22
  • 7
    短編 完結 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    雪の日 【千鳥シリーズ・番外編】 降り続いた雪が止んだ正月のある日、弘紀が雪まみれになりながら修之輔に持ってきた冬の贈り物は。 時系列としては「通う千鳥の鳴く声に」(https://www.alphapolis.co.jp/novel/366083533/782540813)作中の正月になります。グルメ回です。
    文字数 4,034 最終更新日 2021.10.16 登録日 2021.10.16