1. TOP
  2. 投稿小説
  3. たった一度のの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード たった一度の
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 R15
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 42
    その唇で愛をおしえて 【BL】経験豊富な年上幼馴染×従順なツンデレ君 小さな頃から、幼馴染であるナオには何故か逆らう事の出来なかった律(りつ)。人生にたった一度の高校受験の時も、突然キスをされた時も、それは同じだった。 同じ高校に入学した事をきっかけに、いつの間にか経験豊富なイケメンになっていた幼馴染とキスフレという関係を持ってしまうお話。 ※キスシーンを多く含みます。 ※攻めの過去の女性関係が一部描かれています。
    文字数 24,532 最終更新日 2022.8.6 登録日 2022.7.11
  • 2
    短編 完結 R18
    お気に入り : 56 24h.ポイント : 35
    冬にビンタ 看護師として堅実に暮らしてきた日野 歩は、男オメガということを除けば、見た目もなにもかも普通の男だった。 犬獣人(柴犬)にしか見えない運命の番に出会ってしまったことで、歩の生活は一変。たった一度のヒートで、人生が思わぬ方向に動き出しーー!? 年下αわんこ獣人攻め×年上Ω平凡受け!! ゆるゆるオメガバースです。 『#同じタイトルで遊ぼう』という企画に寄稿したお話です。 イラスト・かじったっけ様、表紙デザイン・コーヤダーイ様。 全4話。完結済みです。直接的なエッチシーンはありません。
    文字数 4,978 最終更新日 2022.1.2 登録日 2022.1.2
  • 3
    短編 完結 R15
    お気に入り : 87 24h.ポイント : 21
    ある春の日。 俺は中庭でその人に出会った。 美しい白い髪に、宝石のように輝く赤い瞳を持ったその人に。 一目で恋に落ちた。 けれど、その恋は―――― 俺の好きな歌声。 俺を見下ろす赤い瞳。 髪を束ねるのは、俺の瞳色と同じ色のリボン。 『マティ……愛してる』 『はい。私も愛してます。今も、これからも』  ふわりと微笑み、再び歌い始めたマティに、身を委ね目を閉じた。 *タグにてネタバレしてます *タグ注意してお読みください *作者のメンタル低下により投下された唐突な物語です *他シリーズとは全く関係ありません *楽しいお話を読みたい!という方は、そっとこの画面をお閉じください *完結済みです。
    文字数 20,890 最終更新日 2022.5.24 登録日 2022.5.19
  • 4
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 7
    絶胎の格子 「俺と恋愛してください」 そう告げた彼を数時間前にテレビの画面で見ていた。 芸能人である鎌田颯天が欲しがったのは、一般人である真山巡。  たった一度の拉致から逃走することで始まる執着の物語。
    文字数 4,895 最終更新日 2022.7.23 登録日 2022.6.25
  • 5
    短編 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 7
    キィナはフィルベルテの従者だった 第二王子のフィルベルテと従者のキィナは生まれてからずっと一緒にいた。「貴様らの悪行は聞き及んでいるぞ、パイナップル侯爵子息ども!」「パナレッロ侯爵子息です。殿下」記憶力の足りない王子はやがて王になり、政略結婚で迎えた正妃に加えて側妃を迎えろと迫られる。フィルベルテはよりにもよって従者のキィナを指名した。主君のことで自分が知らないことがあるのは許せない。忠誠をとっくに超えた愛を告げる代わりに、キィナはたった一度の伽を受け入れた。 ※人によっては悲しいと感じる終わり方かもしれません。
    文字数 11,379 最終更新日 2022.6.9 登録日 2022.6.9
  • 6
    長編 完結 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 7
    ベンツの新車の一番高いヤツが買えるほどのダイアモンド ヘア・スタイリストである清夜(せいや)には、五年間生活を共にしてきた、若くして不動産の事業に成功した和輝(かずき)がいる。しかし清夜は自分の客である速斗とたった一度の浮気をしてしまう。その罪悪感で、和輝のもとを飛び出す清夜。しかしある晩、和輝が清夜を訪ねて、清夜の新しい職場へやって来る。清夜は自分の夢であった、ブライダルのヘア・サロンで働いていた。それからというもの、毎週末、清夜とレストランに行き、一緒に食事をすることが和輝の楽しみになる。和輝は清夜が速斗と一緒に暮らしていると思っていたが、実は清夜が彼と別れて一人で住んでいることを知り、彼に、ベンツの新車の一番高いヤツが買えるほどのダイアモンドのエンゲージリングを贈って、帰って来るように、と懇願する。しかし、清夜はどうしても和輝を裏切った、彼自身を許すことができない。不眠症になった和輝は、医者からもらった睡眠薬を全部飲んで一か月入院する。死に損なった和輝は、まだ生きている自分の強さを自覚し、また清夜に帰って来るよう頼みに行く。都心に家を購入した和輝だが、その古い洋館には幽霊がたくさん住んでいて、その幽霊を見ているうちに、浮気の罪悪感など、どうでもよくなった清夜はとうとう和輝のもとに帰って来る。実業家和輝は、色々な社交の場に清夜をエスコートしていく。ある音楽財団に頼まれて、ブラジル人のバイオリニスト、アレックスをコンテストの決勝に出演するまで、和輝達が面倒を見ることになる。決勝を前にナーバスになったアレックスと、ベッドを共にする清夜と和樹。ところが今度は和輝が若い男と浮気してしまう。清夜はまた和輝のところを飛び出してしまう。若い男と別れた和輝は清夜のもとに帰って来る。仕事の忙しい清夜は拒食症になってしまう。清夜は、献身的に看病してくれる和輝が清夜の本当の王子様と気付くのだった。
    文字数 28,230 最終更新日 2017.11.2 登録日 2017.11.2