1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 乳兄弟の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 乳兄弟
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 5,822 24h.ポイント : 2,146
    事故で死んだ俺が転生した先は、子供の頃に読んだことのある本の世界だった。 その本の主人公は隣国の王弟のご落胤。今はまだ自分の出自を知らずに、侯爵子息である俺の乳兄弟をしている。 そんな主人公のことを平民のくせにスペックが高くて生意気だと嫌い、イジメる悪役が俺だった! もちろん、前世を思い出した俺はイジメなんてしない。 いつの日か主人公が隣国の王位につくその日まで、俺は応援し続けるつもりです! ※本編終了後の「Sideカイル」に変態がでますし、死ネタも有ります。
    文字数 162,432 最終更新日 2020.9.21 登録日 2020.9.15
  • 2
    短編 完結 R18
    お気に入り : 1,184 24h.ポイント : 276
    規格外王子×真面目すぎる乳兄弟。 エログロだけど、「かわいらしい愛」を目指していたのに……。 自分の表現力の限界を感じています。 皆様の想像力で補って、お楽しみいただけると幸いです。 全体的に、かなりなR18になってしまいました。もう、全体的に※なので、各話に※はつけません。 大人じゃない方は、ぜひともお避け下さい。 5/27 「お気に入り」100超えてました!ありがとうございます。続き、がんばります。 6/2  完結したら、急にポイントが上がって「お気に入り」200超えててびっくりです。 6/21 ちょっと見ないうちに、400超えてて、自分のビギナーズラック作品の「王子様の選んだ相手が……」よりも多くなっていたことに驚いています。嬉しいような、怖いような。 1/24 いつの間にか700以上もの「お気に入り」をいただいていました。本当にありがとうございました。 9/20 「お気に入り」が1000超える日が来るなんて、夢のようです。どこか知らないところの「触手キャンペーン」かなにかで紹介されたのでしょうか?
    文字数 51,267 最終更新日 2021.8.1 登録日 2020.5.16
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 59 24h.ポイント : 142
    「俺のものになれフィリエル」 眉目秀麗常にクールな究極イケメンの皇太子カルスバートに体を重ねられる日々。 俺フィリエルはふたなり・両性具有として産まれてきた。女寄りの中性的な顔の為、ワガママ皇太子が幼い頃から俺を令嬢としてパーティーへ参加させたりやたらスキンシップが多かった。 でも俺はずっと男として育ってきたんだ。なのに14歳の時に生理がきてから皇妃様と母が喜びカルも二人の時しかしなかったスキンシップをおおっぴらにするようになってしまった。 周りは諌めると思いきや温かい目で見ている・・・? カルはというと乳兄弟として幼い頃から一緒にいる俺をずっと抱こうとしていたらしい。うん、知ってた。気づいていたけど気づかないふりをしていた。 そんなカルスバートの15歳の誕生日に俺をくれだと⁉ クールな皇太子が乳兄弟を娶る為に体と行動で気持ちを伝え気づいていない気持ちを自覚させようとするお話。 基本イチャイチャラブラブ。 ※オメガバースではありません。ふたなりです。話の流れで妊娠はあるかもしれませんが出産シーンは書きません。 R18の話には✳が付いています。 小説家になろうの方で先行投稿中。
    文字数 29,181 最終更新日 2022.6.24 登録日 2022.6.8
  • 4
    長編 完結 R18
    お気に入り : 188 24h.ポイント : 56
    泉界のアリア【昔語り】~御子は冥王に淫らに愛される~ 冥界が舞台のダークファンタジーBL。 父王と王子のシリアスな近親ものです。 こちらは王子の少年期~本編の前までを描いた『泉界のアリア』の過去編(外伝)です。 作中時系列はこちらが先になります。 ※番外編とした書いたものなので、やや唐突に物語が始まりますがこちらからもお読みいただけます。 (世界観の詳細は『泉界のアリア(本編)』にあります) ――――― ~ことのはじまり~  かつて、異端とみなされ天上界からただひとり黄泉に堕とされた闇の神(のちの冥王)。  同族のいない地底世界で千年ものあいだ孤独に打ちひしがれていた彼は、あるとき天から降りてきたひとりの女神の献身的な愛により我が子ナシェルを得るのだが、女神は闇の瘴気に冒されて、ほどなく消滅してしまった。  愛する女神を喪い、ふたたび味わう孤独と絶望は、冥王をナシェルへの“異常な愛と執着”に奔らせたのだった。  孤独な冥王の元に遺された“唯一の同属神”として、ナシェルは美しく淫らに成長してゆく。  しかし成熟とともに、次第に王の庇護と束縛に抗いはじめて……? ――――― 本編第一部(成神編)よりも500年ぐらい前からスタートします。 四本の短・中編で構成されています。 執筆時期はバラバラですが、一連の流れが分かるよう主人公の成長順(少年期~青年期まで)に並べました。 最初は健気ショタ受けから始まります。シリアスで無理やり多めです。 メインカプはもちろんですが乳兄弟(魔族)との関係にも焦点を当てています。 ※※第四章のラストに諸事情でNL表現があります。本編につながる転機となる重要な話ですので掲載しています。第四章は単なる父子ものではありませんので男女の絡みが苦手な方は注意してください。 なお、この過去編の結末が『本編』の冒頭の状況へと繋がっております。こちらの作品のみでは父子の物語は『完結』しませんのでご注意ください。 表紙画:syuka様
    文字数 123,114 最終更新日 2020.10.4 登録日 2020.8.29
  • 5
    長編 完結 なし
    お気に入り : 216 24h.ポイント : 42
    ある日、突然、セレンは生まれ育った伯爵家を追い出された。 異母兄の婚約者に乱暴を働こうとした罪らしいが、全く身に覚えがない。なのに伯爵家当主となっている異母兄は家から締め出したばかりか、ヴァーレン伯爵家の籍まで抹消したと言う。 途方に暮れたセレンは、年の離れた乳兄弟ギーズを頼ることにした。ギーズは顔に大きな傷跡が残る強面の騎士。悪人からは恐れられ、女子供からは怯えられているという。でもセレンにとっては子守をしてくれた優しいお兄さん。ギーズの家に置いてもらう日々は昔のようで居心地がいい。とはいえ、いつまでも養ってもらうわけにはいかない。しかしお坊ちゃん育ちで手に職があるわけでもなく……。 「僕は女性ウケがいい。この顔を生かしてツバメをしようかな」「おい、待て。ツバメの意味がわかっているのか!」美貌の天然青年に振り回される強面騎士は、ついに実力行使に出る?!
    文字数 104,760 最終更新日 2022.1.3 登録日 2021.10.31
  • 6
    長編 完結 R18
    お気に入り : 54 24h.ポイント : 21
    王子の船旅は多難につき 冥界の王子ナシェルと、その乳兄弟で魔族の貴公子ヴァニオンは、とある事情から地上界で船旅をしている。 ところが寄港地で乳兄弟が旅の資金をスられたことからはじまり、事態は何だかとっても、ややこしいことに…。 そこへナシェルを心配した冥王までもが追いかけてきて……事態はますますややこしいことに!? ◆ドタバタコメディBLファンタジーです。 ◆『泉界のアリア』のパラレル話です。同じキャラクターが出てきますが独立したお話です。こちらからでも読めるように書きましたが本編をかじった上で読まれるとより楽しめるかと思います。 ◆お色気シーンはぬるいです。 ◆終始、おふざけの域を出ませんので悪しからず。 ◆キャラの性格は本編を踏襲しつつ、かなりお間抜けになってます。 ◆「可愛らしい受けちゃん」はおりません、主人公は耽美な見た目に反して口が悪くやや横暴で凶暴ですご注意下さい。 ※表紙画(冥王)はあく*さんに描いていただきました! おもな登場人物 ナシェル……冥界の王子。黒髪蒼眼の超絶美人。素行不良で高飛車。冥王とは父子だが(めちゃくちゃ深~い確執の末に)今は伴侶でもある。なぜ、深い確執の上に父子で伴侶となったのかは本編で。 ヴァニオン…ナシェルの乳兄弟で親友。魔族(冥界貴族)。主従というよりは、とてもフラットな仲。ボケもツッコミもシリアスも護衛もこなす万能な友人。 セダル……冥王。黄泉の国(あの世・冥界)を治める闇の神。黒神赤眼。ナシェルを盲目的に愛する親バカな父上。
    文字数 81,278 最終更新日 2021.2.21 登録日 2021.1.9
  • 7
    長編 完結 R18
    お気に入り : 63 24h.ポイント : 0
    次男であり妾の子だった春岳。幼い頃に寺預けられるが、兄が亡くなった事で城主になるべく城に戻される事に。 そこで出会った乳兄弟の伊吹が好きになってしまう。 自由奔放でチートな春岳に振り回される伊吹。 美人城主×真面目な男前家臣 10/15、完結しました。
    文字数 113,706 最終更新日 2021.10.15 登録日 2021.9.12
  • 8
    長編 完結 R18
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 0
     下河辺 行長から̪紫霄学院高等部の特別室の住人が現れたという知らせがあった。入学式に向かう武たち。  一方、新たな特別室の住人である薫の乳兄弟である御影 朔耶は、入学式に突然現れた彼らっを警戒する。彼と彼の弟たちはずっと薫を守って来たのだった。  自分と同じく薫を学院都市の外に出すと武は宣言し、寄り添っていた朔耶の人生も大きく動き出す。  同時に再び、武の周辺に不穏な動きが復活する。  紫霄学院に隠された更なる『闇』が、新たな仲間をも巻き込んでいく。  翻弄される彼らはまるで水面を漂う『浮舟』のよう。
    文字数 622,481 最終更新日 2020.6.18 登録日 2020.6.18
  • 9
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 46 24h.ポイント : 0
    鬼の居ぬ間に BL/R18/和風ファンタジー/江戸/鬼/妖怪/主人公総受け/三人称 [あらすじ] 江戸の老舗の呉服問屋、藤吉屋の放蕩息子、藤(ふじ)は人(ヒト)成らぬモノが見えている。類い稀なる美形の藤は町娘のみならず男衆にも人気があり……。 [作品概要&注意事項] 江戸の町を舞台にしたBL和風ファンタジー小説です。不特定多数の鬼を含む妖怪との性描写を含む作品なので、人外や 総受け等が苦手な方はご注意ください。 特に性描写が激しいわけでも多いわけでもありませんが、妖怪との性描写がテーマとなるためにR18とさせて頂きます。 [登場人物] 藤吉 藤 (18) 呉服問屋【藤吉屋】跡取り(長男) アルビノで病弱な美少年 妖怪(あやかし)が見える 紅蓮(赤鬼) 蒼月(青鬼) 佐吉(乳兄弟/手代)
    文字数 5,811 最終更新日 2020.9.1 登録日 2020.1.8