1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 双子弟×双子兄の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 双子弟×双子兄
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 R18
    お気に入り : 51 24h.ポイント : 42
    不良兄と秀才弟 * この物語は近親愛表現がメインとなります。 苦手な方はご注意ください。 相賀 総司(あいか そうじ)の容姿は決して悪くない。 ……が、派手な見た目とろくでもない成績が原因なのか、モテた記憶もない。 総司には二卵性双生児の弟、針谷 幾斗(はりや いくと)がいる。 名字が違うのは二人の両親が既に離婚しているからで二人も別々に住んでいる。 幾斗は総司と比べものにならないほど頭も良く、明らかに女子にモテる。 そんな幾斗に対して総司は基本喧嘩腰で、幾斗も総司に呆れてはいるようだったが…… (R指定の話には話数の後に※印)
    文字数 65,464 最終更新日 2021.10.10 登録日 2021.9.21
  • 2
    短編 完結 R18
    お気に入り : 51 24h.ポイント : 28
    物心ついたころから“めおと”になるのだと教えられてきた双子の円月(みづき)と更嗣(のぶつぐ)。だが成長するにつれ円月はその言葉と、弟の更嗣と違い自分だけ学校に行かせてはもらえず奥座敷に閉じ込められていることに疑問を抱き始める。そんなおり、娘の病気のために都会へ出ていた一家が村に戻って来て……。 ※性的表現あり。
    文字数 23,378 最終更新日 2020.10.1 登録日 2020.9.27
  • 3
    短編 完結 R18
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 21
    オメガトアルファ ぼくたちは一卵性双生児。そっくりな顔つきに、おなじものをたべて、おなじ柄の服を着て、いつも一緒にいる。ある夜、弟が泣きながら寝ている僕の前に立つ。おちんちんの根元にこぶができたと泣いていた。ぶつけたのかなっと思って触っているうちに、弟のさきっちょから白い液体が飛び出した。なんだろう、これは……。その日から、僕たちは未熟な性器をいじってあそぶようになった。 それはごっこあそびの延長で、弟はやんちゃで好奇心旺盛なせいか、ぼくのおしりにおちんちんをいれて、うなじをかぶりと噛んでしまう。大人たちはなにもしらない。僕たち双子がつがいになってしまったことなんて……。 ※少年同士なので地雷の方は注意をお願いいたします。 ※ショタ執着攻めα×ショタぼんやり健気受けΩ
    文字数 6,641 最終更新日 2021.11.13 登録日 2021.11.13
  • 4
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 27 24h.ポイント : 0
    宰(つかさ)と梓(あずさ)は二卵性の双子である。けれども見た目は一卵性と間違えられるくらいに似ている。だから梓はなんとなく宰は自分と同じなのだと思っていた。けれども現実には梓はαで、宰はΩでそして――ふたりは運命の“つがい”だった。 ※オメガバース。 ※性的表現あり。
    文字数 4,026 最終更新日 2020.12.26 登録日 2020.12.26
  • 5
    短編 完結 R18
    お気に入り : 30 24h.ポイント : 0
    和巳(かずみ)は双子の弟である英司(えいじ)と近親相姦の関係にある。「先輩食っちゃった」こともなげに言う英司に、和巳は腹を立てることはない。なぜなら結果は、わかりきっていたから。 ※性的表現あり。
    文字数 11,377 最終更新日 2020.9.18 登録日 2020.9.16