1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 満員電車の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 満員電車
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 R18
    お気に入り : 228 24h.ポイント : 489
     昨晩終電まで飲み明かした大学4年生の高野は、一限の授業があるにもかかわらず、寝坊してしまった。なんとかいつもの電車に乗ったが、襲ってきた尿意は昨日の酒も残ってか、とても強いものだった。しかし満員電車。ケータイを出すことも困難なくらいぎゅうぎゅう詰め。手で前を押さえることも叶わない。そんな時、彼の股間に一本の膝が差し込まれるとともに、その衝撃で少しチビってしまう。 「おしっこでそうなの?」 と、耳に囁かれ、慌ててその膝の持ち主の方を見ると、彼より10cmほど身長の高いサラリーマンで…?
    文字数 21,881 最終更新日 2021.6.12 登録日 2021.5.19
  • 2
    短編 完結 R18
    お気に入り : 22 24h.ポイント : 134
    万年平社員のサラリーマン・塚本貴也は、家庭と仕事のストレスから痴漢を繰り返していた。誘う方が悪いんだと身勝手な言い訳を続ける貴也。ある日、いつものように女性の身体を触っていれば、後ろから1人の男に声をかけられる。そして、貴也は痴漢の加害者から被害者へと変わった。満員電車の中で身体中を触られる貴也。男は耳元で囁く。「誘う方が悪い」と。そして、前からも貴也は別の男に触られ、拷問のような時間を過ごした。
    文字数 1,588 最終更新日 2021.8.10 登録日 2021.8.10
  • 3
    短編 完結 R18
    お気に入り : 19 24h.ポイント : 56
    朝のラッシュ時。女性専用車両に女性が集中する中、男性ばかりの車両で少年が痴漢にあってしまうお話。
    文字数 989 最終更新日 2020.7.8 登録日 2020.7.8
  • 4
    長編 完結 なし
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 14
    永遠に愛してる 大矢慶輔が春田舜と出会ったのは満員電車の中だった。 痴漢と間違われた高校生春田舜を助けた大矢慶輔。 春田 舜は一目見るなり彼に恋をした。 ずっと続くと思っていたこの恋はいつしか違う方向へと形を変えていく。 大人になった春田 舜はもう一度彼に恋をする。 2人の恋の行方をお楽しみください。
    文字数 15,322 最終更新日 2022.5.19 登録日 2022.5.12
  • 5
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 7
    同性と、満員電車が苦手で、引きこもるように作家になった主人公、花絵水季(ペンネーム)は、苦手な満員電車に乗っていた。 その時の出会いは主人公の運命を変えることになるとはつゆ知らずーーー。 作家と推しと、彼らの取り巻く周りの恋の話。 ムーンライトノベルでも公開する予定です。
    文字数 11,411 最終更新日 2022.4.28 登録日 2022.4.6
  • 6
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 128 24h.ポイント : 7
    蒼依は満員電車の中、痴漢されていたところをホスト風の色男に助けられる。またある日、痴漢されていたところを怜悧な瞳の男に助けられる。運の悪い男の子のお話し。
    文字数 7,816 最終更新日 2017.3.4 登録日 2017.2.15
  • 7
    短編 完結 なし
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    トーク・サイレンス・スローリィ 初めて通学に満員電車を使うことになった晟一(せいいち)は、ある朝電車の中で倒れそうになる。隣に立っていた会社員に助けられたが、彼は晟一が礼を言っても笑顔を返すだけだった。彼は唖者で、手話ができない晟一は、彼と筆談を交えながら、電車の中で交流を深める。しかし楽しく心休まるひとときは、そう長くは続かず……。 舞台は関西です。fujossyさんの「5分で感じる『初恋』コンテスト」参加作品。短編は得意でないうえ、お題が「初恋」=主人公が高校生というのも未知の領域ですが、お楽しみいただければ幸いです。
    文字数 4,212 最終更新日 2022.2.3 登録日 2022.2.3
  • 8
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
     残業もなく定時で仕事を切り上げた、いつもの満員電車に揺られての帰り道。首の後がピリピリと痛んで、軽い耳鳴りがする。病院に行くほどではない不快感。放っておけばなんとかなるか、なんて軽く思いながら借りているアパートに目を向ける。 「おかえり、圭佑」  そこには大学時代からの親友が立っていた。  ※事故・病院表現注意  ※ハッピーエンドです
    文字数 2,612 最終更新日 2021.4.11 登録日 2021.4.11