1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 精神科の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 精神科
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 453 24h.ポイント : 2,280
    こころ・ぽかぽか  〜お金以外の僕の価値〜 親のギャンブル代を稼ぐため身体を売らされていた奏、 ある日、両親は奏を迎えにホテルに来る途中交通事故で他界。 親の友達だからと渋々参加した葬式で奏と斗真は出会う。 斗真から安心感を知るが裏切られることを恐れ前に進めない。 もどかしいけど支えたい。 そんな恋愛ストーリー。 登場人物 福田 奏(ふくだ かなで) 11歳 両親がギャンブルにハマり金を稼ぐため毎日身体を売って生活していた。 対人恐怖症 身長:132cm 向井 斗真(むかい とうま)26歳 職業はプログラマー 一人暮らし 高2の時、2歳の奏とは会ったことがあったがそれ以降会っていなかった。 身長:178cm 小林 透(こばやし とおる)26歳 精神科医 斗真とは高校の時からの友達 身長:175cm 向井 直人(むかい なおと) 斗真の父 向井 美香(むかい みか) 斗真の母 向井 杏美(むかい あみ)17歳 斗真の妹 登場人物はまだ増える予定です。 その都度紹介していきます。
    文字数 318,995 最終更新日 2022.5.20 登録日 2021.1.15
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 641 24h.ポイント : 120
    【完結】セックス依存症の精神科医がスパダリCEOと結ばれるまで 精神科医の西園寺静音は定期的に男性とセックスしないとパニック発作を起こし場合によっては死に至る特殊な病気に苦しんでいた。女性にのみ代々伝わってきたはずのこの病気のせいで長男なのにも関わらず当主への道が断たれた。 家で厄介者扱いされながら育った静音は高校時代には劣等感から自らの美貌を利用して男子生徒を誘惑する遊びに耽る。 その後医大に進学し、病の発症を迎えると静音はセックス依存の症状に苦しみ、複数の男と寝るようになる。 クリニックを開業した32歳現在、セックスの相手を見つけては毎週水曜の休診日に男を連れ込んでいる静音。ある日弟に参列を頼まれたパーティで高校時代自分に全く見向きもしなかった東郷雅貴に再会する。 東郷グループのCEOとなり成功を収めている美丈夫に静音はなぜか心を乱された。 歪んだ欲望と捩れた劣等感に突き動かされ静音は東郷をクリニックに誘き寄せる。 静音の思惑を知らない東郷との駆け引きが始まる。 旧家の呪い的な雰囲気のお話です。 受けが設定上前半は不憫で可哀想な描写も多いですが、最後はスパダリ彼氏に溺愛されてハッピーエンドです。
    文字数 56,822 最終更新日 2021.7.23 登録日 2021.7.3
  • 3
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 43 24h.ポイント : 63
    精神科医だった桜幸雄は、ある日突然、自らの患者によって撲殺される。 再び目覚めて気づいたのは、RPGのような世界の王国国家。 王国の魔法使いによって魔王討伐のメンバーとしてほかの人間とともに召喚されたようだ。 しかし、バグか、障害か、桜の職業は【魔王の花嫁】と記されていた。 桜は裏切り者として、過酷な世界を生き残り、元の世界に帰ることができるのか。 ホラー要素アリです。 不定期に更新予定です。
    文字数 14,597 最終更新日 2022.2.27 登録日 2022.1.15
  • 4
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 136 24h.ポイント : 42
    七虹精神隔離病院~闇は誰もが持っている!!~ ここは山のなかに隔離されている心の休憩所。多くの医者が働くこの病院は女性禁止というルールがある。そこで働く患者や、医者はとても見目麗しく、山から降りるたびに人だかりができてしまうほどだった...。 精神科医桃江雪成は中学生に上がったばかりの頃、三人の男に誘拐され、二年間監禁されていた。 これは、助け出されて十年後の話である。 三人の犯人のうちの二人は捕まったが、あと一人、主犯の男がまだ捕まっていない。 そんな中、雪成はその男と再会して…。 表紙絵:ズーちゃん(Twitter@Zu_can61)
    文字数 49,050 最終更新日 2021.11.1 登録日 2016.10.6
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 57 24h.ポイント : 35
    ハムレットな精神科医は、年下男子に癒やされる 過去のトラウマから、自堕落な生活を送る精神科医の恭也(きょうや)。 ある時、不倫相手と泊まったホテルで、コートを忘れてしまう。 翌日クリニックに現れたのは、爽やかな年下イケメン。 彼は、なぜか恭也のコートを持っていて……!? 年下ワンコ×ファザコン気味のビッチ美人。 ※表紙絵は、エブリスタの表紙イラストコラボ企画https://estar.jp/novels/25854683で松本コウ様(作画)、kawo様(塗り)に描いていただきました。ありがとうございました。 ※本作品は、第15回ディアプラスBL小説大賞(2021年1月31日締切)応募作品です(第三次選考通過)。 ※フジョッシー、エブリスタにも掲載中です。
    文字数 39,007 最終更新日 2021.6.18 登録日 2021.6.18
  • 6
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 14
    イドラの崩壊 カニバリスト兄弟と白人精神科医の話。 【主要人物】 *アベル AGE:16 両親から劣悪な環境の中、人肉を与えられながら生きてきた。 両親と兄の元から保護されるが、精神病院でも【バケモノ】扱いされ、閉じ込められたまま必要以上は誰も恐れて世話をしなくなる。 兄の事は大事に思っているが、生まれてから異様な空間でずっと育ってきたからか、正しい接仕方がわからないでいる。対象者を喰らうことで相手を分かろうとする。 *カイン AGE:24 8つ歳の離れたアベルの兄。 両親に幼少期から虐待され、地下の部屋に閉じこめられて暴力を振るわれていた。 弟のアベルの事は重い程に愛しているが、幼少期の両親による虐待で性格が歪んでおり、暴力こそが愛の確立だとアベルに歪んだ愛をぶつけている。執着がとても強い。 *ノア AGE:27 白人の精神科医(国立警察活動支援部NCOFに在籍するプロファイラー(犯罪心理分析官))。 今回の事件の解決協力を任され、アベルの更生も一任された。 タレ目で優しい顔つき、全体的に行動がおっとりしていて人当たりが良い。 今回の様に"精神異常者"や、猟奇殺人事件などを担当することが多い、自身もエンパスと言う特殊体質。 太眉がコンプレックス。元ヤン。 両親は敬虔なキリスト教徒。 どどど素人なので雰囲気小説ですごめんなさい。
    文字数 15,330 最終更新日 2021.8.5 登録日 2021.6.8
  • 7
    短編 完結 R18
    お気に入り : 28 24h.ポイント : 14
    実親によってある施設に無理やり入れられた彼女を救いに来た男。しかし捕まり快楽マシンに乗せられてしまう。快楽に呑まれながらも必死で彼女の姿を思い浮かべようとしたが、男の耳から甘いイケボが聞こえて興奮してしまう。一度意識を失うが、媚薬を注入され絶え間ない快楽を味わうことになる。その後彼は救い出されたが、機械での性行為が忘れられず彼女とは別れることになる。ある日精神科の医者の姿が機械の男と似ていることに気づき、性行為に誘ってしまう。
    文字数 2,528 最終更新日 2021.1.25 登録日 2021.1.25
  • 8
    長編 完結 R15
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 7
    A町日進月歩はbl要素の低い小説です。 注意書き 精神科の治療に否定的だと受け取れる部分がありますが、あくまでフィクションであり、精神科の治療を否定するものではありません。また女性との恋愛があります。片思いです。女性との関係があるキャラもいて、かるくですが、行為を連想させる場面もあります。 あらすじ 異界と交わることが多いA町、そこに暮らす小説家武藤。契約したはずなのに使い魔ではないと主張する異界の住人の白木。そうして武藤を気にかける友人の祐樹。三人?が不思議な事件の数々に巻き込まれていく 武藤 小説家、ライトノベルを書いている。とある事件で人を避けた暮らしをしている。 白木 面白ことが好きな、異界の住人。大きな白い犬になれる。牙が武器。武藤のいうことは聞かないが、武藤のために動いているという。 祐樹 農家。明るい性格である。なにかと武藤を気にかけている。 人付き合いしない武藤を心配する。
    文字数 132,264 最終更新日 2020.2.12 登録日 2020.1.8
  • 9
    短編 完結 なし
    お気に入り : 46 24h.ポイント : 7
    新緑の少年 ~5月の新緑の季節になれば君の気持ちも恋に変るのだろうか?~ 家出少年と同性愛者の精神科医の物語。母親からネグレクト、虐待を日常的に受けていた少年朝日は、11月のある日、傷害事件を起こし家出する。 保護司になった医師・桐野栄之助は、どんどん少年に惹かれていく。 桐野は過去に愛した男性(ひと)のことを回想する。 朝日の唯一の理解者だった中学の女の先生を探し出し、心を閉ざした朝日を助けようとするが……。
    文字数 32,543 最終更新日 2019.7.27 登録日 2019.7.15
  • 10
    短編 完結 R18
    お気に入り : 47 24h.ポイント : 7
    うさぎと狼【R18】 その患者を診たとき、酷く心がざわついた。 いまにも壊れてしまいそうだったから。 精神科医だからそんな患者は見慣れている。 なのに、その患者に対して酷く心がざわついたのだ。 医者になって十年。 患者を前に緊張するなんて、駆け出しの頃以来。 彼の名前を呼ぶ声が、震えてしまいそうで怖かった。 ばくばく早い心臓の鼓動が聞こえてないか心配になってくる。 診療を終え、彼の次の予約を確認すると、うきうきとしてしまった自分を否定する。 ……患者にそんな感情を抱いてはいけない。 しかし、彼は次の診察日に来なかった。
    文字数 7,841 最終更新日 2019.7.27 登録日 2019.7.27
  • 11
    長編 完結 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 7
    噴水の天使と、セックスのオーバードース あらすじ/玲真(れいま)には深刻なオーバードースの問題があった。抗不安剤の依存症で入院中、製薬会社の営業、涼雅(りょうが)から薬を盗み捕まってしまう。玲真は彼を誘惑して再度薬を手に入れようとする。涼雅は玲真に惹かれ、身内に縁の薄い玲真の面倒を見たいと申し出る。 玲真は彼とセックスをしたいがためにドクターに、「早く元気になって退院したい。」とウソをつく。カウンセラーをつけてもらい、その宿題はやりたいことを10個書いて来ること。 やっと退院した玲真はリストにある10個を実行していく。元カレのフォトグラファー、誓也(せいや)と仕事をするのもその中のひとつ。玲真は身長が高く、会ったことのない母親譲りの美形。初めての仕事はファッションブランドのモデルだった。 玲真は涼雅の知り合いでモデルエージェントの博輝(ひろき)を紹介される。彼に、「君は日本人じゃないね。」と言われて玲真は本当の母親を捜そうと決心する。玲真と涼雅は母親の姉でタンゴ教室をしている伯母を見付け、密かに体験レッスンに参加する。伯母によると本当の母はアルゼンチンタンゴの世界チャンピョンでブエノスアイレスに住んでいる。そして玲真の本当の父親はかつて母のタンゴのパートナーだった。父や腹違いの弟まで血がつながってないことにショックを受ける玲真。 本当の母は来年選手権で日本に来るという。選手権の前日、伯母の教室ではイベントを開き初心者のデモンストレーションをする。涼雅は玲真と男ふたりのタンゴを披露し、それを本当の母に見せようようと計画。特訓が始まる。 いくつかモデルの仕事を経験したが、それに納得できない玲真は誓也に、「本当の俺を撮って欲しい。」と頼む。ふたりで作品創りをしている時、玲真は自分の望まれない生を思い出す。自殺願望に取り憑かれた玲真は涼雅の車から薬を盗みだし、ホテルの部屋で自殺を図るが、涼雅は玲真のケータイのGPSから彼を発見。 再び入院した玲真。涼雅は病院のリハビリルームで玲真にタンゴを教える。やっと退院した玲真は涼雅と住むことになり、症状も安定する。モデルの仕事にも積極的になる。 玲真は伯母からタンゴダンサーの父親の名を聞く。しかし彼は自分が父親だと認めていないらしい。涼雅と玲真は彼のタンゴ教室の体験レッスンに行く。玲真は彼をホテルに誘い、睡眠薬入りのビールを飲ませ、DNAサンプルを取ることに成功。彼はほんとの父親だった。 涼雅と玲真のタンゴデモンストレーションが終わる。玲真は初めて母と対面する。玲真は、もしタンゴを習ってなかったら、自分を置いてブエノスアイレスに飛び立った母の気持ちは分からなかった、と思う。玲真は母と一緒にタンゴを踊る。
    文字数 68,915 最終更新日 2018.4.22 登録日 2018.4.22
  • 12
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 52 24h.ポイント : 0
    13歳年下の弟を出産した母が、義父と俺を残して蒸発した。それから15年後、精神科医になり開業した俺の元にひょっこりと弟が姿を現した。それが、止まっていた俺の時間を動かすことになろうとは、そのときの俺は知る由も無かった。※近親相姦・妊娠部分あります。苦手な方はご遠慮願います。
    文字数 33,250 最終更新日 2020.8.1 登録日 2019.8.3
  • 13
    長編 完結 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    え、マジ?ヌードシーンがバンバン? リオは重症の買い物依存症。彼の親が保証人になっていたクレジットカードの返済ができず、17才の時、母親に家を叩き出される。親が払ったのは400万円。全てが高級ブランドの服やバッグや靴を買うために消えて行った。リオの母親はブラジル出身で、赤ちゃんの時から可愛かったリオは大人気モデルだった。しかし勉強は全然できず小学生の頃から落ちこぼれで、自他ともに認めるおバカだった。そんなリオは子供の時からブランドモノが大好きで、小学生でバッグはヴィトン。中学生の頃には全身ブランドモノに身を包んで学校に通っていた。しかしリオの人気は高校に入ってから下降線をたどる。それでも高級ブランド品好きはなおらず、母に叩き出されたあと、住むところも食べるモノもなかったのに、それでも買い物をするために、売春や愛人稼業に精を出し、食べるモノはスーパーやコンビニのゴミ箱をあさる日々だった。彼の身体は極限まで痩せ細っていた。リオは才雅(さいが)という精神科の看護師の目の前で卒倒して、彼のところに住まわせてもらうことになる。そして才雅とカウンセラーの先生の助けで買い物依存症を克服する努力を始める。テレビで拒食症で亡くなった若い男性のドキュメンタリーをつくることになり、主役にリオが選ばれる。久し振りの大役だったが、リオのモデルエージェンシーの新しい社長は、彼の買い物依存症が治るまで、リオの給料を凍結する。みんなのお陰でリオは買い物依存症から快復。リオは才雅を愛するようになる。その頃、拒食症のドキュメンタリーを観たリオの母親は、彼のために払った400万を取り戻すため、息子を必死に捜していた。リオは母に恐れおののき、ヌードシーンがバンバン出てくる映画への出演を100万円で承諾。映画のロケ地で遂に母親に捕まり、分割で支払うことになって母とも仲直りする。
    文字数 53,482 最終更新日 2017.12.22 登録日 2017.12.22