1. TOP
  2. 投稿小説
  3. モブ姦ありの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード モブ姦あり
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 37 24h.ポイント : 35
    帝国への貢物として献上された小国の王子シャムスは、退廃した帝国の宮廷で貴人に身体を弄ばれる日々を過ごしていた。娼夫や愛玩動物同然の扱いとはいえ、祖国では望むべくもない贅沢な暮らしは、けれど新しく現れた美童ファラーシャに脅かされつつあった。 シャムスの唯一の従者ハディードは、主を案じつつも立場ゆえに守ることができない自身に忸怩たる思いを抱いている。二人の秘めた胸の内は、決して明かされるはずはなかった。だが、シャムスを陥れようとするファラーシャの企みによって、二人の関係は否応なく変わっていく。 ※何となくアラビア風の世界観です。 ※受は攻以外の男性と関係を持ちます。
    文字数 100,078 最終更新日 2021.11.20 登録日 2021.10.31
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 184 24h.ポイント : 21
    僕の飛ばされた異世界は、転移者が「転生者」と呼ばれ現地人の性的嗜好品としてモノ扱いされている、最悪の世界だった。 しかも転生者はペニスのみならず乳首からもアナルからも精液が出る肉体に変化していた。 異世界でいきなり僕は、現地人から性的に襲われてしまうが、かつて行方不明になった片思いの相手、レンに助けられる。レンも「転生者」としてこの世界に飛ばされていたのだ。 自分の顔に自信がなかった僕は、異世界ではレン好みの美少年になっていた。 おかげでレンとらぶらぶになれたけれど……。 この残酷な世界で、僕達は生きていく。 ※印付きはR18シーンありです。 ・設定がアレですが基本は主人公と攻めのいちゃらぶです ・モブ姦あり ・後半エログロあり(触手・尿道・欠損) ・リバあり ・64話「それから」(九万文字くらい)で完結済みです ・転生じゃなくて異世界転移(異世界トリップ)ですが小説内では「転生」ってワードで呼んでます ・ムーンライトノベルス・fujossyにも投稿しています
    文字数 98,119 最終更新日 2020.6.27 登録日 2020.5.16
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 23 24h.ポイント : 7
     時は明治。家族を亡くして独りたくましく生きる少年・稀一郎は、さる陸軍将校の屋敷で奉公することになる。そこで出会った儚げな美少年・朔之介。ツンツンしていて嫌なやつ、と思いきや次第に惹かれていき、秘めた逢瀬を重ねるが……!?朔之介の痛ましい半生が明らかになる時、物語は急加速する。  無邪気だけど短気な攻め×心持ちだけは処女な受け。孤独と孤独が出会い、過去に足を引っ張られながらも、幸せをつかもうとするお話です。差別的、反社会的、未成年に対する虐待描写があります。  ムーンライトノベルズ https://novel18.syosetu.com/n9639gb/   エブリスタとfujossyでも公開中です。
    文字数 98,610 最終更新日 2020.6.20 登録日 2020.4.2
  • 4
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 37 24h.ポイント : 7
    俺のお隣さんがエロ同人作家であることについて アイドル育成ゲーム好きで絵描きの俺は、大好きな推しと脳内愛欲にふけまくっていた。ある日俺は兄弟グループの男の娘本に出会う。清らかな顔なのにビッ○な彼。誌面から溢れるエロさに俺は女好きのはずなのに彼に夢中になった。来る日も来る日も彼の妄想ネタを考える日々。 アイドルオタの主人公が男の娘に目覚め、自らアナル開発をするなど快楽落ちしていきます。妄想の二次元、三次元を往き来します。 性描写多め。妄想の中で男女間もあります。ご注意ください。しちょり、ジョウタロは受け固定。不定期更新。更新がかなり遅いと思うのでお許しください。……妄想の産物です。 表紙は「かんたん表紙メーカー」さんを利用させて頂きました。
    文字数 49,935 最終更新日 2020.6.19 登録日 2019.9.6
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 21 24h.ポイント : 0
    【BL】初春や 桜吹雪の 十三夜 俺と契りて 妻になれっ! ※R18※ご神託で国を動かす神子様の、日々の『お勤め』とは…。一般リーマン×神子様!  僕の名前は、四つあった。  家人(けにん)は僕の事を『よび様』と呼ぶ。  でもお勤めの最初には『皇城充樹(すめらぎみつき)』と名乗る。  参拝者様は僕を『神子様(みこさま)』と呼ぶ。  父である先代だけが、僕の事を『珠樹(たまき)』と呼んだ。  物心ついた時にはすでにそうだったから、僕にはそれが当たり前だった。  僕にしか出来ない神聖な『お勤め』をこなし、ご神託を占い、四角い木の格子のある部屋で僕は俗世の穢れから『守られて』いた。  生まれて二十年間、変わらなかった世界は、だけど二十歳の誕生日に一変した。  政臣(まさおみ)さんという男性と娶せられる事になり、秘密の多い関係が始まった。  初めて屋敷の外に出て、初めて自動車に乗って、初めて動物園でぱんだの赤ちゃんを見て。  政臣さんの涼しげな奥二重が僕に微笑むのを見ると、何だか足元がふわふわする。  それは確かに、新聞連載の物語で読んだ事のある、『初恋』という心地のような気がするのだった。
    文字数 74,199 最終更新日 2021.10.31 登録日 2021.10.2