1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 外国人×日本人の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 外国人×日本人
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 75 24h.ポイント : 149
    朝靄~君の血と肉、すべてが欲しくて俺は狂人となった~ 絵画や宝石よりもエドワードが欲しいのはただひとつ、ミツルという男。無意識に誘惑するミツルは、まるで悪魔のようだった。 実業家のエドワードは、仕事先で赴いた隣国で観光客のミツルと出会う。どうしてか、惹かれるものを感じたミツルに、パーティーへ招待する。 それ以来、彼に惹かれていったエドワードは暴走していく。エドワードに恐怖を抱いたミツルは、邸から逃げだし、隣町の教会に逃げ込んでしまう。 半年後、ついにミツルを探し出したエドワードは、彼をさらいに行こうと教会に車を出した。 美形×平凡、邸の主人×日本人の観光客 BL小説大賞コンテスト応募しています。応援よろしくお願いします。
    文字数 116,139 最終更新日 2021.11.26 登録日 2021.6.14
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 56 24h.ポイント : 28
    一年前の忘れ物  バイト先の上司・倉木と関係を続ける大学生、玲。ある日アメリカ人のアレンと出会い、猛アタックされるようになる。優しい倉木に不満は無いのに、情熱的なアレンに心を揺さぶられ……。 ※主人公とモブが絡むシーンがあります。該当ページには注意書きを付しておきますので、苦手な方は閲覧をお控えください。 ※エブリスタ、フジョッシーにも掲載しています。
    文字数 113,260 最終更新日 2021.8.16 登録日 2021.7.18
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 25 24h.ポイント : 21
    讓治は大学の卒業旅行で山に登ることになった。 でも、待ち合わせの場所に何時間たっても友達が来ることはなかった。 ご丁寧にLIMEのグループ登録も外され、全員からブロックされている。 途方に暮れた讓治だったが、友人のことを少しでも忘れるために、汗をかこうと当初の予定通り山を登ることにした。 しかし、その途中道に迷い、更には天候も崩れ、絶望を感じ始めた頃、やっとたどり着いた休憩小屋には先客が。 心細い中で出会った外国人のイケメン男性。その雰囲気と優しい言葉に心を許してしまい、身体まで! しかし翌日、家に帰ると異変に気づく。 あれだけ激しく交わったはずの痕跡がない!? まさかの夢だった!? 一度会ったきり連絡先も交換せずに別れた讓治とジョージだったが、なんとジョージは讓治が配属された部署の上司だった! 再開したジョージは山で会った時と同一人物と思えないほど厳しく、冷たい男に? 二人の関係は如何に! /18R描写にはタイトルに※を付けます。基本ほのぼのです。 筆者の趣味によりエロ主体で進みますので、苦手な方はリターン推奨。 BL小説大賞エントリー作品 小説家になろうにも投稿しています。 
    文字数 35,248 最終更新日 2021.11.05 登録日 2021.10.20
  • 4
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 64 24h.ポイント : 21
    日本異聞録  ある日、いつも通りふらふらと渋谷の繁華街を歩いていた東風は、ぼぅ、とどこか遠くを見上げたサングラスの大男に出会う。 あんた、難儀な体質だなぁと笑った。  そんな出会いから数か月後、ちょっぴりオカルトな駆け込み寺を営みながら、ゲオルグと東風は順調に愛情を交わしあっていたのだが__。 ●この作品について ・シリーズ短編で基本的に1話完結で、上から順にストーリーが続いていきます ・作者ホラー苦手なため、そっちの描写はライトです(たぶん) ・≪前戯≫はR指定描写が多いです ●表紙切り絵の製作動画はこちら! https://youtu.be/vlUlotau_iU
    文字数 169,123 最終更新日 2020.8.24 登録日 2018.3.25
  • 5
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 7
    日本から逃げるように留学したイギリスで、1人の男と出会う。 穏やかイケメンイギリス人×おとなしい日本人 特に山も谷もない展開。
    文字数 7,638 最終更新日 2020.9.27 登録日 2020.9.27
  • 6
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 0
    竜と水面に光る街 エドことエドヴァルド・アウストレームは竜が見える。 それは何かの比喩ではなく――例えば学校帰りの道のど真ん中であったり、何気なく足を伸ばした山の頂だったり、ふと見上げた空であったり――そんな日常の中に、彼らは文字通り、ふいに彼の前に姿を現わすのだ。 **** 日常を離れたい一心で、オーストラリアのブリズベンを訪れた礼一は、不思議なイルカに懐かれたがためにファンタジックなひと騒動へと巻き込まれていく。 ただ静かに暮らしたいという思いとは裏腹に。 主人公は日本人男性です。
    文字数 74,318 最終更新日 2019.5.28 登録日 2019.5.06