1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 多角関係の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 多角関係
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 90 24h.ポイント : 988
    Tragedian ~番を失ったオメガの悲劇的な恋愛劇~ 【2022年4月1日より毎日更新・完結済】 オメガの唯一の幸福は、富裕層やエリートに多いとされるアルファと、運命の番となることであり、番にさえなれば、発情期は抑制され、ベータには味わえない相思相愛の幸せな家庭を築くことが可能である、などという、ロマンチズムにも似た呪縛だけだった。 けれど、だからこそ、番に棄てられたオメガほど、惨めなものはない。
    文字数 131,781 最終更新日 2022.6.26 登録日 2022.4.1
  • 2
    短編 完結 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 56
    これは、バームクーヘンエンドか Rain-拗らせた恋の行く末は…- スピンオフ 『俺には…お前だけだ』 思わせぶりな態度をとった樹を、初めて意識し 自分の気持ちに気付いた時にはもう───手遅れだった。 高校卒業後。 未だに樹への想いを吹っ切れずにいた僕は、就活も手につかず燻った毎日を送っていた。 そんな中、高校時代の悪友、東生に呼び出されて…… *rain-拗らせた恋の行く末は…- に登場する、樹の学生時代のお話しです。 *これ単体でも、支障なく読めます。 *エロ無し。R指定無し。頗る健全。 *女性登場あり。 *リアル傾向寄り。 *回想シーンが多めです。 *タグの確認お願いします。 ──高校時代。 よく連んでいた仲間との間で起きた小さな出来事が、やがてそれぞれの運命に導かれていく。 これは、バームクーヘンエンドか。
    文字数 10,698 最終更新日 2022.6.20 登録日 2022.6.18
  • 3
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 266 24h.ポイント : 28
    アメジストの呪いに恋い焦がれ~きみに恋した本当の理由~  ひとを恐れて生きてきた。誰とも関わらず、傷つけないように、そして傷つかないように。    僕には呪われた瞳がある。忌々しくも美しい紫色の瞳。ある魔女によってかけられたその呪いは魔女が死ぬまで解けることがない。    その瞳には見た者を魅了し、理性を吹き飛ばしてしまう恐ろしい魔力がある。  その呪いによって僕は図らずも三日に一度、必ず「呪いによる代償」を得なければ生きていけない体になってしまった。    けれどなれの果てに赴いたスタローン王国で僕は出会う。  呪いを恐れず僕という人間と真っ向から向き合ってくれるひと。  地獄のような日常から僕に救いの手を伸ばしてくれたひと。  そのひとのために僕には何ができるのだろう。    犯罪が渦巻く地下街でそんなアレクを救ったのは警備隊長マーリナスだった。  傷つき悲しむアレクに心を痛めたマーリナスは呪いを解く術を模索するが、ことは思いもよらない方向に進んでいく。      *出だしはダークですが、切なくも甘い展開が徐々に増えていきます。  *性的描写は少ないです。  *この作品の見所のひとつは、自分の推しで色んなcpを妄想して楽しめるところだと思っています。アレクやマーリナスだけではなく、ぜひ自分の推しをみつけて小説ならではの楽しみを見つけて下さい。 *最後はどんでん返しのハッピーエンドです。もし気に入って頂けたら「お気に入り」にチェックしてね。 ※基本土曜日更新です。
    文字数 246,765 最終更新日 2022.5.29 登録日 2020.10.25
  • 4
    長編 完結 R18
    お気に入り : 27 24h.ポイント : 14
    ラムネ瓶の底に沈む  大学院生の鹿嶋陸(かしまりく)は、浮気を繰り返す梶暁人(かじあきと)に疲れを感じていた。微妙なバランスを保っていた関係は、陸の弟が二人の部屋に転がり込んできたことで加速度をつけて崩壊する。  別れを決めた陸に解放はしてやらないと叫ぶ暁人。何が真実で誰が悪いのか、暗い瓶の底に沈んでいた感情が暴かれていく。 各種投稿サイトにも掲載中です。
    文字数 77,046 最終更新日 2020.9.7 登録日 2020.8.11
  • 5
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 26 24h.ポイント : 7
    ふたりは呪われている 見た目はおっさん、魔力量は平均値、使える魔法は地面をえぐる攻撃魔法のみ。魔力回復ポーション頼みのおっさん魔法使いを、魔物との戦い最前線で守るのは、呪いの大鎧を身につけた戦士。呪いの鎧を外せば美少女顔の獣人混じりトッカと、物理で不器用な魔法使いおっさんのラブファンタジー。 10万字程度、本編はすでに書き終えています。毎日更新。 おっさんが受!リバなし、ハッピーエンド(両思い)、多角関係(3Pあり)、過酷な主人公モブレ表現あり。特殊性癖を持った人間が書いています、何でも許せる人向け。 あらすじに明記してありますので、読んでからの苦情は一切受け付けません。 2021年10月10日に同人誌として文庫本型、紙媒体のみで販売予定です。予約受付開始しています。
    文字数 98,405 最終更新日 2021.9.15 登録日 2021.9.1
  • 6
    短編 完結 なし
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 0
    秋瑠(あきる)と春夫(はるお)は一卵性双生児ではない。それどころか血の繋がりすらない。なのにこのふたりはぞっとするほど瓜二つで、秋瑠は春夫を「双子の兄弟」として扱い、春夫もそれに甘んじている。そこに割って入るのは不可能だと感じながらも、春夫の後輩であるルカはひょんなことから彼の思い人の存在を知ってしまう。「双子の兄弟」に執着する秋瑠に知られればどうなるか――。ルカはひどく卑怯な手と知りつつ、「二番目でいいから」と春夫に迫り恋人になることを承諾してもらう。一方、それを打ち明けられたルカの幼馴染である洸(こう)は春夫を批難する。しかしルカの意思は固く物別れに終わり、落胆する洸を双子の兄である涼(りょう)は慰めながら、内心彼が「失恋」したことを喜ぶ――。
    文字数 13,790 最終更新日 2021.3.12 登録日 2021.3.9
  • 7
    長編 完結 R18
    お気に入り : 27 24h.ポイント : 0
    世界の片隅で、書庫に眠るは麗しの君 【過去回帰編】  紫苑(しおん)先輩は、同い年の従兄である柊(しゅう)先輩に物心ついた幼き頃から密かに恋心を抱いている。  だのに、歳を重ねるほどに絶世たる美貌を増してゆく彼は、本人の意思に関わりなく多くの目を惹き、周囲の思惑に翻弄されてゆく。  おまけに、柊先輩との間には、もう長年の間、見えない壁が出来上がっており――。  従兄との思い出の場所でもある書庫にて半ばひっそりと暮らす、総受けな姫兄様・紫苑先輩が、身の内に潜む龍神に突き動かされるまま、大本命である柊先輩と結ばれるまでの恋遍歴物語†  現時点では主に、従兄×従弟・伯父上×甥・後輩×先輩・天龍様×依り代♡ また、紫苑先輩受け以外では、後輩×龍神も有り。  おまけに、『胸に秘めるは、薔薇の睦事』以降の天界編において、天龍様×依り代紫苑ちゃんのカップリングではアブノーマルな性描写もあるので、どうぞ苦手な方は御遠慮下さいませ(*ノωノ)♡  おまけに、天龍様×依り代は、水仙でっす† ※ この作品は「小説家になろう」グループの「ムーンライトノベルズ」および「fujossy」および「pixiv」にも掲載しています。
    文字数 134,480 最終更新日 2021.2.21 登録日 2020.10.22
  • 8
    長編 完結 R18
    お気に入り : 35 24h.ポイント : 0
    現代もの。 祟り憑きの青年・八坂雪虎が主人公。 そのあらわれである体質に悩まされつつ、特に野心もないため、それなりに図太く生きている。 それが呼び寄せるのか、周囲には、鬼、悪魔、妖といった伝承を因子として祖から受け継ぐ者たちが集まっていた。 そのためか、主人公も変わっているが、周囲の人間はそれ以上に変わっている。 似ているところと言えば、致命的なまでに伝承に振り回されている部分。 彼らと関わる中で、主人公は諦めて受け入れていた伝承からどうにか離れることはできないかと模索をはじめる。 基本、地味め。暴力的表現あります。そしてあまりまともさは求めない方向性です。 リバなど地雷の方は避けてください。不定期更新。 この話は「小説家になろう」さまでも掲載しています。
    文字数 559,124 最終更新日 2020.12.30 登録日 2020.1.13
  • 9
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    わたしは決してあなたを離れず 「あなたには向日葵より、百合が似合いますよ」 ――ある日新宿駅で出会ったのは美貌の神父だった。 新宿の教会に、上永谷瀬人という若き神父がいる。誰よりも信仰に篤く、慈愛に溢れ、美しい声を持っていた。彼が春を鬻ぐのもまた、麗しき自己犠牲であり、そこに裏も表も存在していない。彼はただ神の御心のままに、他人の幸せだけをずっと願っている。 四辻善路は彼のために名前を捨てたが決して不幸ではない、二条皐月は彼のために花を買ったがそれもまた幸福であった。 上永谷だけが心の奥になにもない。異国の地に置いてきてしまった本当の愛は、自分でももう見つけられなかったし、思い出すこともなかった。 半神の英雄は、神の子を迎えにはこない。 ※この物語はフィクションです。実在するあらゆるものとは関係ありません。 ※主軸はBLですが、いろいろあります。 ※母子の近親相姦表現がほんの一瞬出てきます。 ※更新頻度はとても低い
    文字数 31,671 最終更新日 2017.11.6 登録日 2017.10.9