1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 謎の少年の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 謎の少年
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 R18
    お気に入り : 180 24h.ポイント : 177
    獣人と人が共に暮らすようになって20年……。 共に歩む者もいれば互いを受け入れられない者も……。 そんな世界で暮らす人嫌いの狼の獣人ダンテは日雇いの傭兵として日々の生活を過ごしている。 以前は騎士としての誇りを持ち、充実した生活を過ごしていたのだが、10年前任務中に起こった事件の責任を負わされ騎士としての資格を剥奪される。 それからは荒れた生活を送り騎士としての誇りも消え失せてしまう。 どうしようもない日々がこれからもずっと続くと思っていたある日、ダンテは何者かに襲われる。 目を覚ました時には薄暗い部屋の中……。 そして、その部屋の片隅には膝を抱えうずくまる小さな少年の姿が……。 不可解な事件に巻き込まれたダンテと謎の少年が行き着く先は……。
    文字数 26,752 最終更新日 2021.8.20 登録日 2021.8.1
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 42 24h.ポイント : 14
    海賊船船長×謎の少年 襲った船にあった“積み荷”は一人の少年だった。何かを隠している少年と奔放な船長の物語。 ※君を呼ぶ声と最終的にリンクしますが、単品で読めます。
    文字数 189,009 最終更新日 2021.8.10 登録日 2021.7.11
  • 3
    短編 完結 R18
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 14
    夢を買う人 「ねぇ、お兄さん。今晩の夢、買っていかない?」 謎の少年に誘われて、夢を買うことにした哲平だが……
    文字数 22,868 最終更新日 2020.12.22 登録日 2020.12.5
  • 4
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 95 24h.ポイント : 7
    ふと気がつくと、そこは見知らぬ森の中だった……。ここはドコ!?え、え、異世界?俺はこれからどうなっちゃうの! 謎の少年と出会い、運命は大きく動いていく…… 最後はハッピーエンド予定です! 突発的に書きたくなっただけなので、矛盾するところとかあるかもしれません。広い心でお読みください!
    文字数 9,360 最終更新日 2019.6.7 登録日 2018.9.16
  • 5
    長編 完結 R15
    お気に入り : 22 24h.ポイント : 7
    蝶の見た夢【完結】  伝わらなかった切ない想い――。  貧しかった幼少期に見た夢――。それは美しい蝶になって、一人の青年に自分の存在を認めてもらうこと……。台湾京劇のスターである少年が語る夢に、青年が心を開きかけた時、彼のパトロンである台湾財閥の総帥と、その少年との淫靡な場面を目撃する。  蝶になるためには何でもして来た、という彼を受け入れることが出来なかった青年の耳に飛び込んで来たのは、一途な少年の悲劇だった……。  ※一部性描写(必要描写です)があります。苦手な方はご注意ください。  ※表紙画:フリーイラストの加工です。
    文字数 26,740 最終更新日 2017.1.6 登録日 2016.12.23
  • 6
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    ある日ゴミ捨て場に捨てられていた謎の少年と、ピアノを諦めたコーヒー専門店で働く青年のお話し。 2人が音と心を通じて惹かれあっていきます。 切ないけど、かわいい、2人の物語。
    文字数 49,274 最終更新日 2022.4.14 登録日 2021.10.25
  • 7
    短編 完結 R18
    お気に入り : 46 24h.ポイント : 0
    ピエタ【完結】  皮下注射器がそこら中に転がるローマの路上で拾った少年――。その少年も、薬(ヘロイン)に溺れる静脈注射常習者(メイン・ライナー)だった。  少年はフィンという名前以外何も語らず、 「薬(ヘロイン)をくれれば何でもする……」  と、サルヴァトーレの情欲の対象となり、サルヴァトーレは、彼の金の髪と碧い瞳に、幼い頃に別れたままの母の姿を重ね、彼をシチリアに連れ戻る。  ファミリーでは、ニューヨークでの麻薬市場の『諸場代(タンジェンテ)』のことで、コルレオーネ系ファミリーとの衝突が起ころうとしていた。  すでに薬(ヘロイン)なしでは過ごせないフィンを連れ、 ナターレ(クリスマス)の休暇も兼ねて再びローマに訪れた時、フィンがガンビーノ一家(ファミリー)に拉致された。  シシリー・マフィア、インツェリッロ・ファミリーのナンバー.2として君臨するサルヴァトーレは、身代金引き渡しの場所で思いがけない真実を聞く。それは、何も語ろうとしなかったフィンの正体だった。  ※以前、他サイトで掲載していた作品です。  ※表紙はフリー画像に加工をしたものです。
    文字数 29,105 最終更新日 2017.11.19 登録日 2017.10.31