1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 眼帯の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 眼帯
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 244 24h.ポイント : 340
    「ええ!? 俺が美人でモテモテなんて、ありえないよー!?」 チビでデブでブスと、三重苦が揃った冴えない大学生、田中昴。大学でフテ寝したらいつの間にか異世界に。そこで出会ったイケメン達につきあえって言われたり、誘惑されたり、主になってくれって言われたり!?俺、日本に帰りたいから今は恋愛なんて無理なんだけどー! 礼儀正しい美形執事、ムードメーカーな美オカマ、ツンデレ眼帯イケメンの三人に情熱的に迫られて、主人公はドキドキキュンキュン心臓が忙しくなります。 男性妊娠があり得る世界観です。 また、血が出たり戦ったりと残酷なシーンも少々含まれますので、苦手な方はそっとブラウザバックでお願いします。
    文字数 208,847 最終更新日 2022.2.23 登録日 2021.12.29
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 66 24h.ポイント : 63
    Pictures【健気 わんこ ハーフ DK × 口悪 世話焼き 美形 DK】 『景色の交換』から始まる二人の関係。 黄色の右目。セピア色の世界。 受け入れる鍵は互いの手の中に。  黄色の右目、青の左目を持つハーフ(フィンランド系アメリカ人×日本人)の少年、ルーカス・ライブリー。彼はいじめを受けたことをきっかけにオッドアイであることを隠して生きるようになる。偽りの青を黄色の瞳にかぶせて。  そんなある日、白渡景介(しらとけいすけ)という名の少年と出会う。警戒心の強いノラ猫のように人を拒む彼。そんな彼に強い仲間意識を抱いたルーカスは『景色の交換』を提案。ルーカスは写真を、景介は水彩画を贈ることで心を通わせていく。  しかし、そんな日々もルーカスの引っ越しを機に終わりを迎えてしまう。彼への想いを捨てきれなかったルーカスはその三年後、高校進学と共に帰国。彼の新たな親友・武澤頼人(たけざわよりと)と後に師となる一つ上の先輩・狭山照磨(さやましょうま)からの後押しを受け思いを遂げる。様々な経験を通じて作り手としても人としても成長をしていく二人。そんな最中景介が事故に遭う。  赤と緑。二つの色を失ってしまった彼の右目。右目を通して見た世界は鮮やかさを欠いたセピア色の世界へと一変してしまう。受け入れを拒んだ景介は右目を眼帯で覆うようになる。その姿は黄色の瞳を偽りの青で覆い隠す、逃避に逃避を重ねてきた自身の姿と否応なしに重なり合っていく――。 ++++ ☆……全年齢 ★……おとな向け ++++ ●表紙イラスト● ミツヲさま(https://www.pixiv.net/users/32699295)に描いていただきました! 恐れ入りますが無断転載はご遠慮くださいm(__)m ミツヲさまへのイラスト発注のご相談は、下記サイトより行えます。 お悩み中の方はぜひ♡ https://coconala.com/users/926989 ●公開状況● エブリスタさま、fujossyさま、ムーンライトノベルズさま でも 同名小説をアップしています。内容はいずれも同じです。
    文字数 132,181 最終更新日 2022.5.8 登録日 2022.5.8
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 119 24h.ポイント : 42
    【第一部完結】 記憶喪失中の美少年は、偶然出会ったギルベルト・スレイブという眼帯の青年と旅をすることになる。 ギルベルトは、偶然出会った美少年が十年前に死んでしまった姉とよく似ていることに驚く。 そして、記憶のない少年も目覚めたときに見た記憶のこともあって、自分がギルベルトの姉の生まれ変わりなのだと考えるようになる。 二人で旅をするうちに、次第に相手を好きになっていくがそれぞれの抱える思いの所為で、お互いに芽生え始めた気持ちに蓋をするのだ。 そんな二人は、とある大きな復讐劇に巻き込まれていき、次第に絆を深めていく。 これは、記憶を失った美少年が拗らせ眼帯青年と恋に落ちて結ばれるまでの物語。 ※作中、めっちゃイチャイチャします(当社比)が、主人公カップルの前戯的な接触と本番行為はかな~り後になります。主人公カップル以外での性的な描写は第三章でちょろっと出てきますのでご注意ください。 ※小説家になろう様にも掲載しています。 ※何日間がお休みした後、第二部再開予定です。
    文字数 50,725 最終更新日 2021.10.30 登録日 2021.10.8
  • 4
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 21
    彼との出会いは最悪だった 心を閉ざし敵意を剥き出した 味方だと認められるのに5年も要した ようやく味方だと認められた矢先に彼は幼い子供を拾ってきた 家族を奪われた彼と親を奪われた子供……… いつか来たる「制裁」の日を思い浮かべながら俺は2人を見守った……… 〜人物紹介〜 神原  蓮(かみはら  れん) 軍人  夜月(ないと)を発見し保護した人物  夜月の死んだと思われていた実の兄  泣き別れた息子とはもう十年会っていない  本当の苗字を伏せ「新先(しんさき)」と名乗っている  能力者 神原  夜月(かみはら  ないと) 他軍に所属していたが拷問されながら監禁されていた  蓮の生き別れた弟だが言うタイミングを見計らっている  後に子供を拾ってくる  優しい性格だが戦闘になると容赦なし  能力者 神原  瑠偉(かみはら  るい) 育ての親を失い途方に暮れていた時に夜月に拾われた子供  齢15  蓮を見てすぐに父親だと気がついたが言うタイミングがなく言えていない  能力者で成長がとてつもなく早い 篠原  真(しのはら  しん) 蓮の相棒  よく一緒にいるが恋愛感情は一切ない  蓮の隣にいるのが楽  夜月の存在も瑠偉の存在もわかっている  過去には他軍の最高幹部を務めていた  能力者  オッドアイ 辰王  征也(しんのう  ゆきや) 蓮と真が所属している軍の最高権力者である総裁  真からは「征也さん」蓮からは「総裁」と呼ばれている  能力者  片目を失っているので常に眼帯をしている  隻眼 篠原  真司(しのはら  しんじ) 真の実の父親であり長年軍に監禁されている  失語症  視力も悪くほとんど見えていない  双子の兄  誠に恐怖で支配されていて刃向かえない  息子のことが心配 彼は知っていた………自分に降かかる「制裁」を………
    文字数 8,330 最終更新日 2020.10.1 登録日 2020.9.30
  • 5
    長編 完結 なし
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    迷想画廊 昭和中期、戦後、東京。 坂上啓は、普段は眼帯で片目を隠して生活している。 常人には見えない不思議な景色を見ないようにするためだ。 書道家の祖父、標文の家から、都内の美術専門学校に通っている。 絵画の師である高梨英介に尊敬以上の想いを寄せるも、自分に自信が持てず、恋心を伝えられずにいる。 見える景色が何を意味するのか、描くことで答えを見つけようとするが、わからない。 その悩みをよそに、啓の描いた油彩画は高い評価を受ける。 ある日、高梨の叔父であり、画廊を営む北原諭介に、啓の絵を画廊に置きたいと商談を持ちかけられる。 啓と同じように右目を隠す北原は、人形の様な美貌を持つ不思議な男だった。 初めは北原を警戒していた啓も、北原の姪、愛子と親しくなる内、徐々に打ち解けていく。 一方、啓の親友、飯田和美の義兄で刑事である飯田無流は、体の一部を切り取り持ち去る連続傷害事件の捜査に奔走していた。 そこに“連続珍猫行方不明事件”を追って聞き込みをする、新聞記者の椎名八重に出くわす。 二つの事件は関係している? 啓の体質と、絵画が示す、事件解決の糸口とは――?
    文字数 69,384 最終更新日 2021.10.31 登録日 2021.10.22