1. TOP
  2. 投稿小説
  3. レトロの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード レトロ
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 R18
    お気に入り : 73 24h.ポイント : 35
    僕は眼鏡越しに恋ができない 現代に普及した眼鏡型デバイスでは、最近、片思い解析アプリというものが流行っている。アプリによると、僕の片思いの相手は、大学のレトロゲーム研究サークルでつるんでいる虎目らしい。 今日も変わらず二人でゲームをしていると、「自分と似たような名前の攻略キャラ、何周も攻略されたら、気持ち悪くないか?晶」 彼はそう言った。 たくさんご飯を食べさせたい系攻め×大人しめかわいい系受け/ゲーム好き×ゲーム好き/インドア同士/ 自サイト: https://sakkkkkkkkk.lsv.jp/ 誤字脱字報告フォーム: https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcdb8998a698847f ※無断転載、人物名を既存の有名キャラクター名へ変更して二次創作小説へ転用することは固くお断りします。
    文字数 21,299 最終更新日 2021.4.19 登録日 2021.4.19
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 28
    淫呪の青年を愛でる男 ■レトロな大正時代、先祖代々による淫呪の血を引く青年は、ストリップ劇場で孤独に生きていた。 ■ある晩、軍人に保護された主人公は、大きな屋敷に身を置くことになる。また、軍人(陸軍将校)は青年の謎めいた血筋を解き明かそうとするが……!? ■本作にはダーク系ホラー要素あり。R18表現は随所に散らばっていますので、あらかじめご了承のうえ読み進めてください。 ↓正式タイトル↓ [陸軍将校は淫呪の血を引く青年を愛でるため調教する。] ★アルファポリスさま限定公開作品⑪&完全新作★盗用厳禁★
    文字数 14,000 最終更新日 2022.1.10 登録日 2021.12.27
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 21
    作曲家の惣次郎は重大な欠陥を抱えていた。耳が良すぎて女を抱くことが出来ず、三十過ぎた今も童貞なのである。 (ストーリー重視、性描写はねっとり短めです)
    文字数 12,534 最終更新日 2021.10.17 登録日 2021.10.16
  • 4
    長編 完結 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 14
    時は大正。 教師でありながら小説を書いていた兵藤は、親友の泉田から愛人の心持ちを確認して欲しいと頼まれる。 小説の掲載等で恩義のあった兵藤は断ることが出来ず、泉田に連れられてとある観光地に赴くことに。 そこで、三味線の芸者である佑月を紹介される。 男でありながらも美しい容姿を持ち、三味線の腕前が逸品な佑月に、兵藤は興味を抱く。 だが、二人の情事を目撃し、佑月からけしかけられた事で、兵藤の心証が一変する。 やめた方が良いと兵藤は泉田を説得しようと試みるも、泉田が聞き入れてはくれない。 そんなおり、忙しさから泉田と疎遠になった事を不安に思った兵藤が、会いに行こうとしたのだが――
    文字数 79,531 最終更新日 2021.11.29 登録日 2021.10.10
  • 5
    長編 完結 なし
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 7
    迷想画廊 昭和中期、戦後、東京。 坂上啓は、普段は眼帯で片目を隠して生活している。 常人には見えない不思議な景色を見ないようにするためだ。 書道家の祖父、標文の家から、都内の美術専門学校に通っている。 絵画の師である高梨英介に尊敬以上の想いを寄せるも、自分に自信が持てず、恋心を伝えられずにいる。 見える景色が何を意味するのか、描くことで答えを見つけようとするが、わからない。 その悩みをよそに、啓の描いた油彩画は高い評価を受ける。 ある日、高梨の叔父であり、画廊を営む北原諭介に、啓の絵を画廊に置きたいと商談を持ちかけられる。 啓と同じように右目を隠す北原は、人形の様な美貌を持つ不思議な男だった。 初めは北原を警戒していた啓も、北原の姪、愛子と親しくなる内、徐々に打ち解けていく。 一方、啓の親友、飯田和美の義兄で刑事である飯田無流は、体の一部を切り取り持ち去る連続傷害事件の捜査に奔走していた。 そこに“連続珍猫行方不明事件”を追って聞き込みをする、新聞記者の椎名八重に出くわす。 二つの事件は関係している? 啓の体質と、絵画が示す、事件解決の糸口とは――?
    文字数 69,384 最終更新日 2021.10.31 登録日 2021.10.22
  • 6
    短編 完結 R15
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 7
    学ランを脱がさないで 学ランフェチで、憧れの秘密の花園、清美男子校にいくことを夢見ていた主人公。夢破れて、意気消沈しているところに、思いがけない奇跡的な出会いがあって・・・? 懐古趣味の父親の影響を受けて育った、学ランフェチの男子高生が、一線を越えそうになりつつ、学ランフェチ青春を謳歌する話。ややコメディチッなBL短編です。R15。 「『学ランを脱がせて』と恋ははじまらない」は不良の一人の視点になります。
    文字数 51,108 最終更新日 2021.2.18 登録日 2019.11.09
  • 7
    長編 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 7
    俺のウェディングドレスと金魚すくい 小松進也は有名なウェディングドレスのデザイナー。小さい頃からの夢はゴージャスなドレスで王子様と結婚すること。しかしウツで3カ月入院している間に、アシスタントの考将(たかまさ)にチーフデザイナーの地位とモデルの彼氏を奪われた。 進也は青哉(せいや)というイケメンのデザイナー志望の若者に出会う。3カ月ご無沙汰だった進也は青哉と一夜を共にする。実は進也は青哉の最も尊敬するデザイナーだった。 進也は50あまりのブランドを抱えるアパレルの社員。部長命令で『金魚すくい』という聞いたこともないブランドに送られる。ところが会社はもう進也がいないのに人気ブランド名Shinya Komatsuを使い続けるという。 『金魚すくい』は地方のスーパーに卸す男性のカジュアルウエア。取引先の会社もひとつしかない。進也はアシスタントの麗良(れいら)以外の無能なスタッフを全員を首にして、青哉をアシスタントデザイナーに迎え新しい『金魚すくい』をスタートさせる。初めての展示会で進也はもうShinya Komatsuとは一切関係ないとマスコミに暴露し、これからは『金魚すくい』でユニークな服創りに専念すると発表。 そのためウェディングのオートクチュールが全てキャンセルされ、会社は億単位の損害をこうむる。部長は進也にまたShinya Komatsuに戻って来るように頼むが、その勝手な言い分に進也達は会社から独立する決心をする。 進也は部長に「そんなに金儲けしたいんだったら俺の才能に投資すれば?」と提案し、それを受け入れた部長はShinya Komatsuを縮小し『金魚すくい』に投資することに。お陰で自転車操業を続けていた『金魚すくい』のビジネスが本格的になる。 部長はかつて20才の進也をスカウトして一流のデザイナーに育て上げ、そしてふたりはロマンティックな関係だった。それを知った青哉はふたりに嫉妬するようになるが、尊敬するデザイナーの進也からデザインを学ぼうと努力する。 優秀な営業、光軌(こうき)が加わり小松進也の名前を大々的に使った『金魚すくい』は巨大なポスターが大手百貨店の壁を飾るまでになる。 進也は冬物のデザイン画を描いた途端またウツ病で入院していまい、彼の謎の記号だらけのデザイン画を見てスタッフ達は途方に暮れ宿敵、考将に助けを求めに行く。進也の描いたシルエットを使ってもいいという条件で考将は記号の意味を教えてくれる。 みんなの励ましで復帰した進也。その後『金魚すくい』は順調に成功を収め、海外からのバイヤーを迎えるようになる。初めてのアンテナショップを進也の育った古い商店街の、彼の家族が代々商っていたレトロな洋品店に作ることになる。楽しみにしているスタッフの面々。
    文字数 59,156 最終更新日 2017.10.25 登録日 2017.10.25
  • 8
    長編 完結 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    目を覚ますと記憶を失っていた天野は、翡翠色の綺麗な瞳を持ちヒスイと名乗る妖怪に助けられていた。 この妖怪は人の記憶を食べる妖怪だったが、天野は既に記憶ないうえに森から出ることも出来ず途方にくれてしまう。 そこで、記憶を取り戻したら幸せな記憶を渡すことを条件に、ヒスイとの共同生活が始まっていく。 そんな最中で、ヒスイの言動に心動かされていく天野。次第に密かに恋心を募らせていくが……
    文字数 89,629 最終更新日 2021.4.29 登録日 2021.3.12
  • 9
    短編 完結 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
     僕たちの世界は〝ロボット〟という体のほとんどを機械化した改造人間に支配されている。  弟の蓮と廃墟の街で日々を懸命に過ごす僕たち兄弟は、細やかな幸せを探すように生きていた。  ある日、弟の蓮が発見した廃屋の洋館にある書庫を訪れた僕たち兄弟。  僕は大のレトロマニアであり時間を忘れて蔵書を読み漁っていた。  それがいけなかったのだ。  あの時、弟の助言通りに帰っていれば。  僕たちは支配されずに済んだのだ。  そして、僕たち兄弟はもうあの快楽から逃れることができないほどに、支配されてしまったのだった――
    文字数 3,178 最終更新日 2021.1.16 登録日 2021.1.16
  • 10
    短編 完結 R18
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    隠逸花 戦後すぐ、地獄に堕ちる兄弟。 ※BL要素薄めです。
    文字数 14,551 最終更新日 2019.3.23 登録日 2019.3.23
  • 11
    長編 完結 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    昭和通商店街~レトロな男×男恋物語 昭和を思わせる商店街を舞台に、古風な男二人の恋物語がはじまる。 小料理屋の店主と年下豆腐屋の若旦那。そこに元一流ホストのクラブ・ オーナーとピアノ教師の恋愛事情が絡み合う。
    文字数 50,669 最終更新日 2017.10.24 登録日 2017.10.24