1. TOP
  2. 投稿小説
  3. ギリシャ神話の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード ギリシャ神話
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 497 24h.ポイント : 170
    泉界のアリア 遠い昔に天を追われ「黄泉の王」となった父神と、冥界生まれの王子の諸事情。 冥王の後継ぎである主人公の、成長と葛藤と遍歴を綴りました。 <あらすじ> 天の神族たちに捨てられ孤独だった冥王は、妃神の忘れ形見・ナシェル王子を溺愛する。 しかし成長したナシェルは、自分を(性的に)躾けた王への複雑な感情に苦悩する。 淫らに育てられた憎しみと、冥王の絶大な力を身に受けたいという欲望。 愛憎に揺れるナシェルの行動が、やがて大きな騒動を生むことになり…。 配下の魔族たちや天の神族も交えて展開する、厄介な父子関係の行末は? ――――以下注意書きなど。 ◆神族は不老ですが『不死ではない』世界観です。最上位種族というだけで神らしい立派な行動は特にしません。 ギリシャ神話のように人間くさくて色々やらかす生身の神々です。 ・BL作品ですが微NL要素あり。 ・メインは冥王×王子です。深い愛のある攻め×ささくれ美人ツン受け ・途中で、攻めが複数人登場します、脇カプも存在します。 ・シリアスで物語後半にかけて描写濃いめ。特に第三部以降エロ多&激しめです。 ・無理矢理、媚薬、拘束、モブ輪、3P、道具など。 ・本編四部構成の長編です。 ・完結済の作品をこちら用に直して載せます。 ※主人公は素行不良の青年神です。冒頭ささくれています(グレた原因は過去編で)。前半、ダークサイドな主人公のBLらしからぬ言動がある『不謹慎で非常識な』BL作品です。最終的には濃い父子BLになります。 神族なので近親タブーは度外視、血縁関係が濃密です。カップリング問題作ですが深い愛情がテーマです。 表紙:syuka様 ※泉界(せんかい)……黄泉の世界。あの世。泉下(大辞泉より) ハイファンタジー/ダークファンタジー/≠魔王?/魔族/神話/死神/近親/暗鬱/退廃/背徳/幻想/耽美/相姦/官能/快楽/美形攻め/ツンデレ受け/強気受け/鬼畜/プチSM/ドS攻め/ドロドロ/禁断の恋/禁断愛/偏愛/紆余曲折/裏切り/拗らせ愛/NL要素あり
    文字数 671,075 最終更新日 2021.1.9 登録日 2020.8.22
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 165 24h.ポイント : 49
    オメガの戦士はアルファに囚われる~オメガバース・ギリシャ神話~ 『いいな、心しておけ・・・その身もその心もオレのモノにする・・・必ずだ』 冥府の王の指示を受けて、行方不明の王妃を探すこととなったテセウス(受) 謎のイケメン案内役アトラス(攻)に出会うや否や求愛され――? グライアイの三姉妹、ミノタウロス、メデューサと。 立ち塞がる難問を乗り越え、使命遂行を目指すテセウスを 一体、何が待ち受けているのか。 実はやんごとなき系イケメン戦士(攻)と記憶を奪われた美人系戦士(受)の正体不明者同士の恋物語 【閲覧ご注意点】 1:異形からの無理うにゃ系シーンや荒々しい場面があります。 2:ギリシャ神話をモチーフ&独特なオメガバース世界観の大胆アレンジです。 ※章に付いている※印はかなりの執着系&荒々しさなのでご留意を。 ※アダルトなエロチックファンタジー ※2021年2月10日RIKAOさんに描いてもらった美表紙にしました。 (RIKAOさん情報:下部のフリースペースにリンクあり) ※2021年05月08日 本編完結済 (短編とおまけを後から付ける予定です/ハッピーエンド) ※いろいろな意味で未熟なのでプロット版として楽しんで下さい。
    文字数 201,903 最終更新日 2021.5.8 登録日 2021.1.9
  • 3
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    異説冥界神話 ~ペルセポネ 遥か神話の時代。 それは数多の神々が、人間の元へ降りて来てくれていた時代。 地母神デメテルの娘コレーは、ある日突然冥界へと連れ去られた。 それは、恋の矢を受けた冥府王ハデスの仕業であった。 コレーを后にと望むハデスの言葉に、コレーは首を振ることしかできなかった。 なんとしてでも地上へ、母の元へと戻らねばならない。 何故ならば、コレーには誰にも知られてはならない秘密があったからだ――。 おなじみギリシャ神話の冥府王ハデスとコレー(ペルセポネ)の婚姻物語。 それを違う方向から攻めてみた、もしかすると本当にあるかも? しれない? お話。 ※タグを見てね! BLだよ!※ ※ノベルアップ+、小説家になろうにも掲載しております
    文字数 7,430 最終更新日 2021.10.25 登録日 2021.10.23
  • 4
    短編 完結 なし
    お気に入り : 41 24h.ポイント : 0
    ケルベロスは甘く囁く 「お前の甘さなら、いくらでもイケるな」 地獄の番犬も、時には甘く囁きます(?) ケルベロス――ギリシャ神話に登場する、三つの頭を持つ巨大な犬。 冥府の入り口を守護し、黒い双頭の犬、オルトロスとは兄弟。 竜の尾と蛇のたてがみを持つ獅子とも言われるその怪物は、実は甘いものに目がないのです。 「スイーツ好きな怪物? 可愛いーっ! いっちゃんみたーい」 「あ? ふざけんな。俺は甘いモンがこの世で一番嫌いだ」 「ふっふっふっ。そんな君がイチコロで堕ちる魅惑の果実を僕が発明したよ。さぁ、楽しい楽しいお注射の時間ですよぉ」 ――とあるパティスリーで繰り広げられるトライアングルなひと時は、激しく妖しく、甘……いのか?(笑) 『降る雪の…』のサブキャラ、秋田正親の物語。 奈倉まゆみさん(https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/901541888)の『オルトロスの咆哮』より、伊織先生をお借りしました。 表紙は、ちよこ様作画です。 ◆本文、画像の無断転載禁止◆ No reproduction or republication without written permission.
    文字数 22,614 最終更新日 2019.4.7 登録日 2019.3.27