1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 傷痕の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 傷痕
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 1,077 24h.ポイント : 489
    無臭Ωは抱かれたい。【完結】【後日談】 中学時代、誤解されたまま失恋した初恋αと、自分を散々な目に合わせた猫被り性悪Ωに大学で再会した。恋もいざこざも、もう勘弁! Ω不全の受け(ミハル)が、二人を全力スルーしつつ、遊び人α(ナツキ)に頼んで発情期に抱いてもらう話。 【攻め】ナツキ (18) 【受け】ミハル (18) ※完結しました。 ※R18 ※オメガバース設定をお借りしてますが、独自設定あり。受けはΩ不全により無臭で妊娠なし。 ※受けが中学時代に負った傷痕あります。 6/15……話数を、月光サイトと揃えました。しおり挟んで下さった読者様すみません。 誤字脱字、修正しました。(感謝)
    文字数 97,738 最終更新日 2022.5.27 登録日 2022.4.11
  • 2
    短編 完結 R15
    お気に入り : 666 24h.ポイント : 113
    【完結】番、募集中。 (※定員1名。) 番、募集します。誠実な方希望。 以前、ある事件をきっかけに、番を前提として交際していた幼馴染みに去られた緋夜。 別れて1年、疎遠になっていたその幼馴染みが他の人間と番を結んだとSNSで知った。 緋夜はその夜からとある掲示板で度々募集をかけるようになった。 番の‪α‬を募集する、と。 しかし、その募集でも緋夜への反応は人それぞれ。 リアルでの出会いには期待できないけれど、SNSで遣り取りして人となりを知ってからなら、という微かな期待は裏切られ続ける。 何処かに、こんな俺(傷物)でも良いと言ってくれる‪α‬はいないだろうか。 選んでくれたなら、俺の全てを懸けて愛するのに。 愛に飢えたΩを救いあげるのは、誰か。 ※ 確認不足でR15になってたのでそのままソフト表現で進めますが、R18癖が顔を出したら申し訳ございませんm(_ _)m
    文字数 52,159 最終更新日 2021.12.10 登録日 2021.12.2
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 69 24h.ポイント : 35
    花は何時でも憂鬱で 日本屈指の財力を持つ金持ち学校 春栄学園に入学した春は とある事情で財閥の長子であるにも関わらず偽名で入学することになった けれど、その学園には奇妙な独自規則が展開されていた。 ______『力こそが、全てだ』_____と。 そして、春も様々な思惑の中で その独自規則に巻き込まれていく そして知ることとなる       この学園の端々に感じる        『春田叶多』の名と『オーロ世代』と呼ばれるその世代とは何なのか、を。       『オーロ世代』 の間違いのその犠牲の果てに、この学園には    “何か”が欠如してしまった生徒たちが多く蔓延っていた。   【 ヒトは、変わらないことを願う。願い続ける。けれど、それを壊さんとする悪魔が鬼が 現れたのならどうなるのだろうか____待っているのは“安寧”かそれとも“崩壊”か  】 ※登場人物は随時更新していくので お手数ですがご確認下さい ※生徒会・風紀委員それぞれ出ますが 王道の様な王道ではない様な所が多々あるのでご注意下さい ※関西弁使いますが 本場の人からすれば違和感まんさいです けど、どうか温かい目で見てやってください ※年齢制限の表現は極力挟まない予定ですが。全くないとも言い切れませんのでR指定させていただきます。
    文字数 246,194 最終更新日 2022.6.19 登録日 2019.2.25
  • 4
    長編 完結 R18
    お気に入り : 30 24h.ポイント : 0
    真夜中の片隅で、ずっと君の声を探していた 孤独な仁木葉司は、同級生の快活な少年・小山田優に片思いをした。 過去の傷痕に孤独に苦しみ続ける、17歳の葉司にとっては、優の明るい笑顔は、密かな憧れ、心の支えだった。 だけど、ある日突然、優から声をかけられて―― 明るい優等生の優 × 過去を持つクール眼鏡の葉司の、青春の一途で一生懸命なピュアラブ。 葉司と、いとこの瑠奈の、暗い秘密。 明るく優等生だと思っていた優の隠された想い。 交錯して、孤独な心が触れ合い、そして変化が訪れる。 愛しくて、切なくて、時に臆病になりながら、ただ大切に愛することを追いかけていくストーリー。 純愛の、耽美で美しい世界へどうぞ。
    文字数 146,553 最終更新日 2019.6.26 登録日 2019.5.17
  • 5
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 44 24h.ポイント : 0
    ジ・エンド R-18/シリアス/年下攻め/年上受け/束縛/虐待/無理矢理/高校生/ホームレス/主従関係/スピンオフ/溺愛/etc. (「あべらちお」にて登場する愛弥の両親のストーリー。愛弥を引き取る前の親父と父ちゃんのお話です) 【傲慢少年×幸薄青年】 極道一家の次男坊として生まれた萌 幸在(キザシ ユキアリ)は、両親を上手い具合にだまくらかして中学卒業と共に一人暮らしを始め三年が経とうとしていた。桜が咲き始めた暖かさと寒さが交互にやって来る三月も終わりのことだった。 歩道橋の手摺りに乗っかり、今にも身を投げ出そうとしている若い男と遭遇し、無意識に助けていた。拾ったものは全て自分のものだという主義の幸在は、明らかに浮浪者の形をした男を連れ帰り、飼うことに勝手に決め行動に移していた。 ホームレスらしき男、無平 幸(ムヒラ サチ)を風呂に入れ食事を与え、身形を整えさせるも、身体中に根性焼きや傷痕、火傷痕を持つ彼は、死にたいと泣き縋る一方だった。面倒になった幸在は、自分の中での決定事項を漸く青年にと告げ、飼われる以外に道はないのだと幸を追い詰めるのだった。 その日から、死にたがる幸薄い青年と、彼を束縛し飼い慣らす傲慢で俺様なあざとい少年との生活が幕を開けた――。 本名も知らない、年齢もわからない、虐待を受けて育った様子の幸を、ゆっくりと少しづつ飼い慣らしていく幸在と、他人の優しさも温もりも世間のことも何も知らない幸のお話。 「幸せにしてやるから、お前のその命、俺に預けろ。お前が捨てる命を俺が拾ってやるんだ。今この瞬間からサチは俺の犬だ。精一杯傅けよ」 「こんな汚いオレなんか、何の為に傍に置こうと言うんです? オレは死にたいんよ。死なせて下さい。お願いやから、オレに構わんといて」 *不定期更新。 性的描写があります故、高校生含む18歳未満の方は、自己責任に於いて判断をお願い致します。 当方では、如何なる不利益を被られましても責任が取れませんので、予めご理解下さいませ。 タイトル横に*印がある頁は性的描写を含みますので、お気を付け下さい。 此方の作品は、作者の妄想によるフィクションであり、実際のものとは一切の関係も御座いません。 また、作者は専門家ではありませんので、間違った解釈等あるかと思います。 「あべらちお」に登場する愛弥の両親のスピンオフとなります。 苦手な方は読まれないことをオススメ致します。 以上のことご理解頂けたらと思います。
    文字数 47,053 最終更新日 2020.1.19 登録日 2019.4.17