1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 卑怯の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 卑怯
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 R18
    お気に入り : 3,261 24h.ポイント : 603
    1度、時流に乗って長いタイトルを付けてみたかった…。 番って、なんだろう? 運命って、なんだろう? 好きな人を手に入れる為に、ちょっと卑怯になってしまうα‬と、人に興味が無くて目立たず一生1人で生きようと思っていたΩの話。 盛大にすれ違う2人をご覧下さい。 ※のある章はR18ですのでご注意下さい。
    文字数 69,655 最終更新日 2021.10.19 登録日 2021.10.4
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 2,998 24h.ポイント : 562
    魔王と村人A 突然、魔王アルスに呼び出された城下町の宿屋で働く平凡な男、レン・ヤマモト。 「ここに貴様を呼びつけたのは、これからこの城で俺の傍仕えとして働いてもらうためだ」 かつて、主人公レンは自分が転生者であることを自覚し、マンガ「リスティリア戦記」とよく似た世界であるこの国で、幼い頃に魔王アルスと出会っていたのだ。だが、あることがきっかけで二人は別離の時を迎え―― 「貴様のような卑怯者に一時でも心を許した俺が愚かだった。これからは、俺が飽きるまでせいぜい飼い殺しにしてやる」 主人公受け・転生知識はあるけどあまり役立ってない感じのゆるゆる監禁調教系BLファンタジー!
    文字数 93,774 最終更新日 2018.10.13 登録日 2018.9.11
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 46 24h.ポイント : 21
    夢で逢えたら ※陵辱ものです。途中からけしからん表現が多々出てきますので、閲覧の際はご注意ください。 高橋健吾は優しくて、とても卑怯なヤツだった。 ネットで言葉巧みに騙し、関係を持っては捨てていった。 そんな因果がもとで、本社から出張中に支店で勤める社員に逆恨みされ、刃物によってめった刺しにされてしまう。 死んだと思ったのも束の間、意外な展開が彼を待ち受けていた。
    文字数 125,428 最終更新日 2020.10.10 登録日 2018.4.5
  • 4
    短編 完結 R15
    お気に入り : 35 24h.ポイント : 14
     ぼくは大柄で力は強いけれど、かなりの小心者です。好きな人に告白なんて絶対出来ません。  放課後の教室で……ぼくの好きな湊也君が一人、席に座って眠っていました。  これはチャンスです。  目隠しをして、体を押え付ければ小柄な湊也君は抵抗出来ません。  どうせ恋人同士になんてなれません。  この先の長い人生、君の隣にいられないのなら、たった一度少しの時間でいい。君とセックスがしたいのです。  それで君への恋心は忘れます。  でも、翌日湊也君がぼくを呼び出しました。犯人がぼくだとバレてしまったのでしょうか?  不安に思いましたが、そんな事はありませんでした。 「犯人が誰か分からないんだ。ねぇ、柚月。しばらく俺と一緒にいて。俺の事守ってよ」  ぼくはガタイが良いだけで弱い人間です。小心者だし、人を守るなんて出来ません。  その時、湊也君が衝撃発言をしました。 「柚月の事……本当はずっと好きだったから」  なんと告白されたのです。  ぼくと湊也君は両思いだったのです。  このままレイプ事件の事はなかった事にしたいと思います。 ※誤字脱字があったらすみません
    文字数 9,404 最終更新日 2020.4.27 登録日 2020.4.27
  • 5
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 7
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 1,732 最終更新日 2021.10.22 登録日 2021.10.22
  • 6
    短編 完結 なし
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 7
    秋瑠(あきる)と春夫(はるお)は一卵性双生児ではない。それどころか血の繋がりすらない。なのにこのふたりはぞっとするほど瓜二つで、秋瑠は春夫を「双子の兄弟」として扱い、春夫もそれに甘んじている。そこに割って入るのは不可能だと感じながらも、春夫の後輩であるルカはひょんなことから彼の思い人の存在を知ってしまう。「双子の兄弟」に執着する秋瑠に知られればどうなるか――。ルカはひどく卑怯な手と知りつつ、「二番目でいいから」と春夫に迫り恋人になることを承諾してもらう。一方、それを打ち明けられたルカの幼馴染である洸(こう)は春夫を批難する。しかしルカの意思は固く物別れに終わり、落胆する洸を双子の兄である涼(りょう)は慰めながら、内心彼が「失恋」したことを喜ぶ――。
    文字数 13,790 最終更新日 2021.3.12 登録日 2021.3.9