1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 怪談の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 怪談
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 56
    芸術大学の夜に目撃された、狂気めいた、いかがわしい光景。怪談のように噂された、その正体は・・・。 二話完結のBL短編。ホラーでなく、ややコメディチックなR18。
    文字数 3,661 最終更新日 2021.5.10 登録日 2021.5.9
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 19 24h.ポイント : 21
    語れや勿怪 鎌屋平良は同居人を探していた。どうしても、同居人を作らなければならない理由があった。 編集者の紹介で『同居人候補』としてファミレスに姿を現した男は、砂糖菓子のように笑う怪物みたいな男。勿部ナガル、と名乗った男は、壊れた玩具のような顔で笑う。「でも、おれよりタイラさんのほうが、目はいいのかなぁ?」 怖い話が大好きで人間として壊れている除霊師兼怪談ユーチューバー×霊感バリバリ幸薄作家のホラーBL小説(倫理観薄め)です。 ※他サイトで連載していたもの。完結というか一区切り済み。 ※誤字脱字報告は不要です。 ※同人誌にして春庭に持っていきたい。
    文字数 116,340 最終更新日 2022.2.27 登録日 2022.2.23
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 71 24h.ポイント : 7
    眠れぬ夜にはこんな話を ホラーテイストBL小説。 怪奇と幻惑の夜話集です。毎日一夜ずつ読んで下さい。色々詰め込んでます。 美麗な表紙イラストは 今際きわ 様 @ima5wano9kiwa にココナラから描いて頂きました。 ロゴは自分。 画像の無断転載・悪用は固く禁じます。
    文字数 31,468 最終更新日 2022.4.22 登録日 2021.7.10
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 22 24h.ポイント : 7
    俺と先生のあまあまホラーな同棲せいかつ! 霊感0の変人怪談作家・夜城(やしろ)先生と、ばりばり霊感持ちのアシスタント兼コイビトの俺。 Hでハッピーな2人の日々には、時にオソロシイ現象が起きたりして……? ラブ&ホラーがテーマの短編連作BLコメディ。
    文字数 59,264 最終更新日 2021.6.20 登録日 2021.6.3
  • 5
    短編 完結 R18
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 7
    驟雨(しゅうう) 時代物(江戸時代)18禁BL。怪談風。二人の美青年と二人の美少年の狂愛。 ーーーー 暗い堂内で、夏之丞と咲之助は睦みあった。暑い熱がお堂の中にこもっていった。時折、花火の光が明かり障子を昼のように明るくした。その度に浮かび上がる咲之助の姿に、夏之丞は夢か現か幻かと、無我夢中ですがりついた。 ーーーー 夏之丞は大店の若旦那咲之助との色恋沙汰で勘当され蟄居(ちっきょ)の身。孤児の藤松を預かり平穏な日々を送るかに見えたが、夏祭りの日に稚児の磯松を連れた咲之助に再会し四人は……。 ーーー (明かされていないことがいくつかあるので、そのうち修整したいです)
    文字数 3,818 最終更新日 2016.2.20 登録日 2016.2.20
  • 6
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 20 24h.ポイント : 0
    嗤う繊月/他 雰囲気ピッタリの表紙絵は紅香様@SKIMAから頂きました。 無断転載・使用は固く禁止いたします。 ロゴは自分。 四人の語り部達から次々と怖い話を聞くホラーBL怪談。 話を聞いている内にいつしかあなたの傍にも足音を立てて闇が近寄ってくる。 《某学校或怖話ゲーム系》の系統ですよ。 小さな新聞社に勤めているあなたは、次から次へと出会う語り部達にコワくて怪しい話を聞かされます。 聞いているだけだった筈なのに、あなたの隣に得体の知れない何かが近付いて来ています……。 登場キャラ達 語り部1  竹澤宏太 語り部2 吉岡智弥 語り部3  古木陽毅 語り部4 国栖法之 ⚠️🚨当作品の内容からの無断引用は一律禁止とさせていただきます。ご了承ください。
    文字数 44,405 最終更新日 2022.2.24 登録日 2021.7.30
  • 7
    短編 完結 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    あめおとこ ❤三十路目前なのに、いまだに女の子に間違えられる作家の空閑李久(くうが りく)。 9月のある日、一週間の契約で別荘管理のアルバイトをすることになった。 バイト最終日の夜、嵐で管理事務所に足止めされていると、インテリ風の美青年が訪ねてくる。 礼儀正しく、そのくせ官能的な魅力をダダ漏れさせる彼に、李久はひとめで惹かれるのだが……。 ※BL×怪談/全年齢 ※あまり怖くないです。 ※メリーバッド風の切ないラストですが、極力明るい雰囲気にしました。 昔ばなしの代わりに怖い話を聞きながら田舎で育ちました。おかげで立派な(?)怪談大好き人間に成長しています(笑) 最近、【幽霊を見る・不思議な体験をする】ときというのは、無数にあるパラレル・ワールドに一瞬だけ迷い込んでしまってるんじゃないかな……と思うようになりました。怪談って、ファンタジーでもあるのですね。
    文字数 14,373 最終更新日 2020.5.29 登録日 2020.5.29
  • 8
    短編 完結 R18
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 0
    耳なし 今は昔、周防の国の海にほど近いところに桐という若者がおりました。 桐は生まれつき目が見えず身よりもいなかったので、村はずれの古寺の和尚が幼い頃から世話をしていました。 桐は誰から教わることもなく幼い頃から琵琶を弾き始め、すぐに上手になりました。 * 表紙 310さん https://www.pixiv.net/member.php?id=18743418 * 他サイト掲載。
    文字数 11,336 最終更新日 2018.3.7 登録日 2018.3.4
  • 9
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    怪談? 快談! ー童貞が未練な幽霊と、ひと夏のー 35歳、筋骨隆々な城崎達夫は、安アパートで気楽なひとり暮らしをしている。 いつものように缶チューハイを開けて飲んでいると、視線を感じた。 いったいなんだと声をかけると、青白い青年が現れる。 青年は童貞なのが未練で成仏できないと言い、達夫が好みなのだと言って――。
    文字数 7,519 最終更新日 2017.9.18 登録日 2017.9.18