1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 腹黒王子の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 腹黒王子
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 2,032 24h.ポイント : 518
    【完結】捨てられた侯爵令息は、王子に深い愛を注がれる 特異体質を持つエミリオ・スーヴェリアは、クライド・レッセン伯爵と結婚して三年経ったある日、エミリアという子爵令嬢と逢瀬をしている場面を見てしまう。しかも彼女のお腹には夫の子供を宿しているという。 一度も自分に触れなかった夫の不貞を目撃したエミリオは、夫の両親からも跡継ぎを産めない役立たずのレッテルを貼られ、実の両親からも特異体質のせいで見放され、傷心のまま祖父母のいる領地へと向かう。 一年後、次第に心を癒していくエミリオの元に、国の第二王子であるフレデリクが訪れて突然求婚される。 戸惑いながらもフレデリクの愛を受け入れるエミリオは、ある日、元夫だったクライドからフレデリクがエミリオを手に入れるために画策しているのを聞かされ―― その頃、王都では猟奇的な薬が蔓延しだし、フレデリクはエミリオの実家であるスーヴェリア侯爵家が事件の渦中にあると知り動き出すが、事実を知ったエミリオはフレデリクとすれ違うように。 そしてふたりの亀裂を狙ったかのように、とある人物の魔の手がエミリオに迫り出す。 執着腹黒王子×特異体質の不憫令息(バツイチ)
    文字数 95,535 最終更新日 2021.12.7 登録日 2021.10.23
  • 2
    短編 完結 R18
    お気に入り : 51 24h.ポイント : 411
    ☆注意!ガチな悪役令息ものではありません!!ヒロインもモブです。悪役令息ものをお求めの方にはおすすめ出来ません。 ☆この物語は、前作「姫が可愛くないはずがないっ!!!」の異世界バージョンですが、このお話だけでもお読みいただけるようになっております。 ーーーーーーーーー  俺は今、めちゃくちゃ混乱している。 だって、十七歳のある日、いきなり前世(現代日本)の記憶が戻ったんだ。 俺の名前はトワ。人族だが契約精霊のオオヤマネコ、リンクがいる。そして前世では市姫叶和という名の高校生だった。 ここは、前世で俺が書いていた異世界小説の世界。ちょうどそれを書いていたのが今と同じ十七歳の時だ。それ以降の前世の記憶はないが、死んだ記憶もない。 どういう状況?  小説通りなら、この世界でも俺は恋人のリューセーと仲良く付き合っているはずなんだが、何故かガン無視され・・・俺って、ここではリューセーに嫌われてるの?? しかもリューセーは、前世で全く相手にしなかったピンクなヒロインキャラの女子と仲良くしてるんですけど?! そして俺は、そのピンクに悪役令息呼ばわりされたんですけどっ??!  これは、リューセーに愛される事が当然と思っていたツンデレ気質な俺が、異世界で自分の本当の気持ちを思い知る物語?? ーーーーーーーーー ☆ この異世界は、これまでの自作「異世界でも腹黒王子ちゃんは完璧魔王に溺愛される」から「伝説のドラゴンは心優しき白猫を溺愛す」までと同じ異世界です。が、未読でも「はじめに」の説明をお読みいただくとその異世界の設定が分かるようにしているつもりです。 ですが、設定はゆるゆるなので寛大な心でお読みいただけると助かります。 ☆R18回には*を付けます。 ☆後半になりますが、龍人×獣人の姿でのR18もある予定。
    文字数 45,428 最終更新日 2022.6.6 登録日 2022.5.21
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 60 24h.ポイント : 163
    主人公に転生しましたが、誰とも付き合いたくありません! 不慮の事故により、R18のBLゲーム「運命ときらめきの中で」 というありきたりなゲームに転生した水橋 未来(みずはし みらい)16歳 主人公に転生し、ミライ・フォスティーヌとして生きる事に。 BL世界に転生したもののストーリーは全く知らず、誰とも付き合う気はゼロ。 とてもじゃないがBLゲーム世界観に馴染めずに居たが、 幼馴染みの悪役令息のクレイ・ユレフィールもまた転生者である事が判明し、 またミライを虐める気もなく、お互いに大親友に。 クレイはゲームの内容を知っているが、ミライはストーリーは知りたくないと拒否。 魔法も使え、聖魔法を得意とするミライは第一王子であり、 腹黒で有名なルシファー・クリストフの婚約者になってしまう。 彼はクリストフ帝国の第一王子で王位継承者で、 BLゲームでは主にこの攻略対象だが、攻略するとなると難易度が高すぎるキャラでもあった。 彼、ルシファーとミライは婚約者同士になったが、ミライはルシファーが嫌い。 ルシファーというとなびかないミライに興味を持ち……… 絶対にモノのすると決めたのであった。 転生者ミライとルシファーのバトルが始まる! ※にはエロ要素があります。 主なキャラクター ミライ・フォスティーヌ 16歳 ミルクティーのような髪を持ち、金色の瞳を持つ。 性格は男の中の男っぽい性格。BLゲームの主人公というポジション。 位は侯爵令息の次男。 クレイ・ユレフィール 16歳 茶色の髪にライトブルーの瞳。かなりの美少年。 ミライとは幼馴染み。ミライと同じく転生者でミライの理解者。 位は公爵令息の三男。 ルシファー・クリストフ 17歳 薄い金髪の髪にブルーの瞳。 かなり腹黒く、なびかないミライに興味を持つ。 帝国の第一王子。
    文字数 7,913 最終更新日 2022.6.16 登録日 2022.6.5
  • 4
    短編 連載中 R15
    お気に入り : 145 24h.ポイント : 71
    元は純日本人の俺は不慮な事故にあい死んでしまった。そんな俺の第2の人生は死ぬ前に姉がやっていた乙女ゲームの悪役令息だった。悪役令息の役割を全うしていた俺はついに天罰がくらい捕らえられて人身売買のオークションに出品されていた。 そこで俺を落札したのは俺を破滅へと追い込んだ王家の第1王子でありゲームの攻略対象だった。 そんな落ちぶれた俺と俺を買った何考えてるかわかんない王子との生活がはじまった。
    文字数 8,061 最終更新日 2022.3.16 登録日 2022.3.14
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 1,241 24h.ポイント : 71
    俺、今崎 凛はお金が欲しすぎて出張デリヘル1年生やってます!高校1年の頃、母が再婚して兄ができた。けど、ちょっと上手くいかない。怖いしすぐ怒るし怖いし(2回目)…両親は長期海外出張で共に不在。こいつとの2人生活はお金をこいつにたかるしかない。 「お兄ちゃん、5000円ちょうだい」 「何に使うつもりだ。レシートが貰えない無駄遣いは認めない」 「友達とゲーセン行きたい…」 却下されましたぁ!はい自分でかせぎましょ。
    文字数 47,863 最終更新日 2020.11.7 登録日 2020.9.20
  • 6
    長編 完結 R18
    お気に入り : 169 24h.ポイント : 63
     僕の名前はエナ。歳は二十歳。精霊の白猫、ドナと契約している上位魔族だ。 僕は戦闘には向いていない。魔族でも人族でもドラゴン族でも魔物でも、傷つけるのは嫌なんだ。 だから、得意の回復魔法を活かして、ちょっとした怪我や病気を治す診療所をやっている。回復魔法を使えない魔族も多いから、それなりに繁盛している。 恋愛にも興味はなく、ただ淡々と病人や怪我人を治すだけの日々・・だったのに、突然ドラゴンの王族、ティムという名の美丈夫(人型)が現れて、「エナ、君はオレの番だ。どうかオレと付き合ってくれ。」なんて言われてしまい・・・えっ?ドナ?!何でティムの契約精霊に抱っこされてるの?!もう精神的に繋がってる(=精神的に性交してる)ってどういう事っ?!  これは、心優しい魔族の青年が、一途なドラゴンの王子に求愛され、溺愛されていく物語。 ーーーーーーーーー ☆「異世界でも腹黒王子ちゃんは完璧魔王に溺愛される」と、それ以降の二作、そして前作のファンタジー「双子の兄×幼馴染(男)のカプを横目で見ながらあたしは好きに生きます」からの続編的な物語ですが、こちらだけでもお読みいただけるようになっています。 ☆R18には*をつけます。エロ多めかも? ☆設定等ゆるゆるです。寛大な心でお読みいただけると助かります。
    文字数 129,033 最終更新日 2021.12.26 登録日 2021.9.29
  • 7
    長編 完結 R18
    お気に入り : 67 24h.ポイント : 21
     4/24本編完結しました。 ですが、暫くは番外編(数話はエロ満載予定w)を続けます。読んでくださったみなさま、もう少しお付き合い頂ければ幸いです♡ 5/23再度完結タグを付けました。 ーーーーーーーー  俺の名前は夏海 唯仁(なつみ ゆいと)。この春から高校生になった。   自宅から電車で小一時間かかるこの学校に進学したわけは・・・半分(母親が同じなんだ)血が繋がった会った事のない兄、秋月 暁弥(あきづき きょうや)の母校なので。って、正直兄はどうでもいい。その兄の父親、MAGってバンドのボーカルのジュン様になんとか会えないかな?って思ったからだ。  これは、MAGの動画を見てジュン様の大ファンになった俺が、進学した高校で兄の狂信者の夏秋 紫暮(なつあき しぐれ=シグ)と出会った事により、兄とジュン様の秋月親子にますます傾倒しつつ、シグに愛され、調教されていく物語?? ーーーーーーーー   ☆この物語単品でも読めるようにはしているつもりですが、前作「腹黒王子ちゃんのカタルシス」を読んでからの方が分かりやすいかとは思います。 ☆調教といっても緩めで言葉攻め中心です。ガチなプレイを期待されている方のご期待には添えないかと思います。 ☆シグ(夏秋 紫暮)は、前作に出てくるキョウ様親衛隊の三代目隊長です。前作の主人公、明日楽は暗部の長(あんぶのおさ)と呼んでいます。なぜ暗部かというと、テンプレ異世界ファンタジーの王家が使う暗部(隠密のような存在)と、親衛隊が同様の働きをするからです。 ☆R18には*を付けます。
    文字数 97,087 最終更新日 2021.7.4 登録日 2021.4.4
  • 8
    長編 完結 R18
    お気に入り : 215 24h.ポイント : 14
    5/13 本編完結しました。 本編は完結しましたが、安定の番外編が続きます。どうか今しばらくお付き合いくださいませ。 ーーーーーーーー  俺は冬崎 明日楽(とうざき あすら)。高校三年生だ。 本が好きな俺は、身近な人物が異世界に勢揃いしたらどうなるかな?って思って、勝手に想像してスマホで小説を書いていた。 ある日、いつも通り受験勉強の気分転換に小説を書いていたはずなのに、気が付けば森の中…何か俺が小説の冒頭で書いたままの風景??えっ?!その世界に来ちゃった??!! こんな事って現実にあるの??いくらテンプレっつっても小説、漫画、アニメ、ゲームの中での話だろ?夢かこれ?? 俺が作った設定通り恋人のキョウは魔王様になってるの? どうして自分を勇者なんかにしちゃったんだろう?しかも何で森スタートにしたんだよ?俺っ?!!今すぐ設定変えてぇわっ!! 俺、魔王様なキョウの所に辿り着けるの?そして受け入れてもらえるの?? 不安しかない俺の前に現れたのは…白い翼が生えた黒白猫だった。 ーーーーーーーーー ☆「腹黒王子ちゃんのカタルシス」と「腕白王子ちゃんの純真と甘い調教」のキャラが勢揃いして異世界にいたら?というif的な物語ですが、前二作を読んでいなくても分かるようにしているつもりです。その為、最初は前二作の説明臭いです。 ☆思いついた勢いのまま書いたので、設定等ゆっるゆるです。寛大な心でお読み頂けると幸いです。 ☆独自のファンタジー的設定が多々あります。 ☆異世界ファンタジーといってもバトル要素はほぼありません。自分の身を守る程度です。 ☆猫科動物が憑依して、お互いに獣人?となった状態でのR18シーンがあります。 ☆R18には*を付けます。
    文字数 52,705 最終更新日 2021.5.23 登録日 2021.5.5
  • 9
    長編 完結 R18
    お気に入り : 168 24h.ポイント : 14
    3/16本編完結しました。 しばらくは番外編を続ける予定です。 3/28再度完結タグ。 3/30完全完結しましたが、また番外編を書きたくなったらしれっと更新するかもですw 4/4この物語の番外編的な新作「腕白王子ちゃんの純真と甘い調教」の連載を始めました。そちらもよろしくお願いします。 ーーーーーー  俺、冬崎 明日楽(とうざき あすら)15歳。今何故か放課後の人気のない図書室で、男の先輩に本棚ドンされてます…  その先輩の名は秋月 暁弥(あきづき きょうや)。 完璧王子と言われるハイスペック持ちの超絶イケメン。 まぁ、俺からしたら完璧王子って言うより、完璧魔王だけどな。  こいつが小六になるまでは毎日のように俺と遊んでたんだ。 なのに、キョウの背が急に伸び出した頃から徐々に避けられ、中学生時代はガン無視状態。 なのに何なのこの状況!  これは、ちょっと気が強いだけの腹黒とは言い難いツンデレ属性のショタっ子風味王子ちゃんが、完璧魔王に長年放置、翻弄、溺愛された末、カタルシスを得て幸せになる物語。 ☆カタルシスとは、溜まりまくっていた鬱憤を吐き出すことにより、心が浄化されたり、快感を得たりすることです。 医学的には、排泄という意味もあるらしく…何か意味深w ーーーーーー 年季の入った読み専でしたが、何を血迷ったかBLを書いてしまいました。BL初心者なのに… なので、温かい目で見ていただけると幸いです。 基本固定CPのハッピーエンド至上主義。 辛い出来事は起こらない予定です。 R18には*を付けます。
    文字数 77,420 最終更新日 2021.3.30 登録日 2021.2.27
  • 10
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 35 24h.ポイント : 7
     僕の名前はルイ。契約精霊はジャガーのベル。次代の魔王候補だ。他の候補者は、幼馴染のショウ(契約精霊は虎のマル)とカグラ(契約精霊はホワイトライオンのミミ)の二人。 この前の五歳の誕生日、僕に前世(現代の日本)の記憶が戻った。 ここは、作家の冬崎明日楽先生が書いた非公開の処女作、異世界ファンタジー小説の世界?? 実は僕とアスラ先生は知り合いで、その小説は僕たちの身近な人物が丸ごと異世界に居たら?っていう設定なんだ。 で、非公開を条件にアスラ先生に許可をもらって、その続編を前世の僕(月影瑠依 十五歳)が好き勝手に書いてたんだけど、それがそのまま現実になってる?? けど、元の世界とは幼馴染のショウの性格が違いすぎて・・僕の願望通りに優しくなり過ぎだよっ!! 次代の魔王(僕が書いた小説ではショウが魔王になる)がこれでいいの??! これは、次代の魔王がただひたすら甘々に幼馴染を溺愛するだけの物語?? そして、今代の魔王がひたすら王妃を溺愛する物語でもある。 ーーーーーーーーー ☆ 王子ちゃんシリーズで、「腹黒王子ちゃんは異世界でも完璧魔王に溺愛される」の続編的な物語です。 ☆異世界の設定等は「はじめに」にまとめています。独自のファンタジー設定があるので、まずはそちらをお読みください。 ☆設定はゆっるゆるです。寛大な心でお読み頂けると幸いです。 ☆R18には*を付けます。 ☆途中で前世の現代日本のお話が入ります。
    文字数 46,047 最終更新日 2021.9.12 登録日 2021.7.18
  • 11
    長編 完結 R18
    お気に入り : 44 24h.ポイント : 7
    6/18 本編完結しました。 また、しばらくは番外編にお付き合いください。 ーーーーーーーーーー  僕の名前はリン。今日、契約精霊のネル(ユキヒョウ)とともに五歳から十年通った魔族学校を卒業する。 だが、こんな日にまで同級生のコウが絡んで来た。コウはウンピョウのジンを契約精霊に持ち、潜在的な力はそこまで変わらないなはずなのに、脳筋故、頭を使って攻撃する僕にはなかなか勝てない。十回、いや二十回勝負して一回勝てたら良い方。 なのに、事あるごとに僕に勝負を挑んで来る。 しかも最悪な事に、連勝したらオレと付き合えとかほざきやがる。 バカなの???!! つい「十回勝負で半分以上勝ち越したら考えてやる」なんて言ってしまった僕。それを聞いた魔族最強のカグヤ様がコウを鍛えると言い出して・・・ これは、残念な脳筋ワンコ(ウンピョウなのにw)系少年が成長して強くなり、クールな優等生の冷血王子ちゃんを恋人にする物語。 ーーーーーーーー ☆前作「腹黒王子ちゃんは異世界でも完璧魔王に溺愛される」の一年後、別主人公視点での物語になります。前作のキャラが普通に登場します。「はじめに」の説明をお読みください(ちょくちょく追記しています)。 ☆設定等ゆっるゆるです。寛大な心でお読み頂けると幸いです。 ☆独自のファンタジー的設定が多々あります。 ☆今回はバトル要素も多少あり、ファンタジー色が強いかも?けど最初だけですw ☆猫科動物が憑依して、お互いに獣人?となった状態でのR18シーンがあります。 ☆R18には*を付けます。が、今回、R18まで長いです・・・すまぬ。って言っても8話目で出ますwその後はピュアラブです。
    文字数 75,778 最終更新日 2021.6.27 登録日 2021.6.4
  • 12
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    高校生になった甘沢リンネは身長163cm体重49kg、美少年、男女共にフアンが多く 自分的には男らしくなろうと思っている。 高校2年で有名な腹黒王子柄本飛鳥に目をつけられ呼び出される。
    文字数 1,258 最終更新日 2021.8.6 登録日 2021.8.6
  • 13
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 0
    紋章という名の物語 黒髪黒瞳しか持ち得ない人間たちは魔法を使う金髪碧眼の魔法使いのことを恐れながらも、どこか憧れを抱き、こんな話を語り継いでいた――――今からおよそ20年ほど前、突然、『黒い』髪に『蒼い』瞳を持つ男が魔法使いの国、ナサニエルに現れた。その姿は魔法使いでもなく、人間でもありえない、異形の者の姿。黒髪碧眼を持つ男の魔力はすざまじく、ナサニエル国王を瞬殺すると、ナサニエル国王ただひとりが継承するはずの『王の紋章』を継承し、こう笑ったと言う。「我こそが、『魔王』」魔法使いたちは、魔王による恐怖支配を覚悟したが、何故か魔王はその言葉を残し、忽然と姿を消してしまった。ナサニエルの国王ただひとりが継承する『王の紋章』を誰にも継承せずに。それは「誰にも王の座は渡さない」という、魔王の固執した狂気。膨大な魔力でナサニエルを支えるはずの『王の紋章』を持つ国王がいなくなった今。ナサニエルは絶望の危機に瀕(ひん)し、魔王の再来を待ちわびていると言う。たとえ、魔王による恐怖支配が待ち構えているにしても――――待て。こう聞くとシリアスだが、真実を知ればコメディーじゃないか。突然『王の紋章』を継承してしまった人間、オルランド・サルヴァトールは、人間に戻るため『迷える森』の神殿へと目指すが……腹黒王子×ツンデレ王(自覚なし)官能要素高めですので苦手な方はご注意下さい。
    文字数 129,941 最終更新日 2016.6.9 登録日 2016.4.20