1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 転生勇者の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 転生勇者
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 R18
    お気に入り : 389 24h.ポイント : 156
    ( ゚Д゚)<おかしい!もっと幸せな話だったはずなのに、バッドエンドというかメリバになった!何故だ(作者:叫)  朝陽と夕陽は双子の兄弟。世話焼きの兄の朝陽と、お調子者の弟の夕陽。同じように育った二人なのに、差が生まれ始めている。それは二人に大きく影を落としていた…‥。  突然の異世界へ連れて来られた朝陽と夕陽はどちらかが「勇者」だという。 「はいはーい!俺俺!」「ゆ、夕陽っ!」  手を挙げる夕陽に、状況を見定めようとする朝陽。そして勇者として旅立つ夕陽と、残された朝陽に課せられた使命は……。  2万字弱のBL作品です。本当の最後にR18が出てきます。  完結しました。  作品の全体に暗い空気が流れている作品です。誰も幸せにならない、メリーバッドエンドがお好きな方へ。
    文字数 18,186 最終更新日 2021.8.20 登録日 2021.8.18
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 118 24h.ポイント : 42
    前世持ちが跋扈して世を蹂躙する世界。 勇者も転生者(勇者と名のつく者いっぱい) 魔王も転生者(魔王と以下略)但し四大魔王はノット転生者 主人公は農村のモブ農民。ノット転生者。 昨日も今日も多分明日も転生者達の争いに巻き込まれて折角耕した畑や世話した牛達を滅茶苦茶にされる。 ノット転生者は転生者達に巻き込まれて大変。 命落とす者も少なくない。 主人公(ユタ)ブチ切れる。 「もう転生者達に振り回されるのは懲り懲りだ!」 辺境の無人島。南国風味へお引越し。 一人無人島生活を楽しんでいたら、転生勇者に転移魔法で飛ばされた魔王がやってきて「あー!」な展開に。 ※題名な割に転生者は現状空気です。その内魔王を転移させた転生勇者は出したいとは思っていますがふんわり設定で始めた為未定です。現段階の詳しい設定は近況ボードに載せます。 アホエロ攻防からのイチャラブを目指して書いていきます。 なろうでも同時連載中です。不定期更新になります。更新するとしたら土曜か日曜です。
    文字数 124,804 最終更新日 2021.11.21 登録日 2020.10.24
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 66 24h.ポイント : 21
    異世界の性愛の女神アルアドナの加護を受けて勇者として転生した僕は、その運命から逃れようと必死に抗うが・・ エブリスタ、ムーンライトにも掲載しています。
    文字数 67,289 最終更新日 2020.12.11 登録日 2020.11.21
  • 4
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 21 24h.ポイント : 7
    https://www.alphapolis.co.jp/novel/296676539/552603249 『魔王様は静かに暮らしたい』の続きを書きたくなったので。    社畜のごとく働く魔王と、魔法アレルギーの勇者のお話。    ――魔王であるシドは身体を張っていた。民の貞操と魔界の平和のために。  突如として現れた男は、勇者アレスと名乗った。    魔法が効かないばかりか、受けた魔力を腕力と性欲にして蓄積してしまう男は魔界の脅威である。  だからシドは敢えて彼を魔物と偽り、配下とした。   『ご褒美』として、アレスの夜の相手をさせられることと引き換えに……。  そんな日々の中、魔城にとある来訪者が足を踏み入れた。  シドの遠い親類にあたる魔女、ファルサ。  彼女は魔界の東部地方を統治していて、先代魔王 (前任者)の娘。  シドのやることなすことが気に食わないのか、いつもイチャモンつけていびってくる。イジワル姑のような女。        ……彼女がやってきたことで新たなトラブルが巻き起こる。  転生勇者 (脳筋ヤンデレ?) ×  忙殺魔王(慢性過労)  の、ドタバタエロBL。  ※♡喘ぎあり  ※性癖に忠実  ※地雷原の可能性あり。さすれば回れ右!        
    文字数 40,077 最終更新日 2022.4.14 登録日 2022.3.19
  • 5
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    転生勇者×召喚勇者 神様とやらの人選には悪意を覚える。
    文字数 1,298 最終更新日 2022.2.3 登録日 2022.2.3