1. TOP
  2. 投稿小説
  3. カウンセラーの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード カウンセラー
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 44 24h.ポイント : 35
    ≪あらすじ≫  裕福な家の財力と親からもらった美貌に恵まれ、自由奔放で楽しい学園生活を送る美少年、琉。  ある日、学園内でトラブルに巻き込まれる。  琉の17歳から30歳ぐらいまでの話です。 ≪登場人物≫ 安堂 琉(あんどう りゅう)……名家、安堂家の一人息子。黒髪、白い肌の美少年。精使(せいし)学園二年生。身長160cm、体重50kg。 和田……琉の執事。ドーベルマン系の忠実な青年。186cm、76kg。 九条 薫(くじょう かおる)……琉の友達。元気なスポーツ少年。寮生活。170cm、65kg。 和歌倉 里汪(わかくら りお)……琉の友達。倹約家の演劇少年。寮生活。170cm、60kg。 三島 崇(みしま たかし)……精使学園カウンセラー。ゴールデンレトリバー系の温和な三十代。175cm、70kg。 華宮 光彦(はなみや みつひこ)……精使学園三年生。優しい。人気若手俳優のような甘い顔立ち。175cm、65kg。 上杉 一郎(うえすぎ いちろう)……精使学園三年生。一匹狼系の読めない少年。180cm、70kg。 ★第2話から登場。 安堂 譲琉(あんどう ゆずる)……琉の父親。ファッションブランド会社社長。息子思い。39歳。 白鳳 琉(はくほう りゅう)……精使学園二年に転入してきた優等生。父親は白鳳グループ社長。170cm、60kg。 里中 透(さとなか とおる)……奪われた琉のスマホと財布を送りつけ、金銭を要求してきた人物。 ★第3話から登場 宇都宮 疾風(うつのみや はやて)……精使学園二年三組。琉の従兄弟。まったり部メンバー。160cm、60kg。 武田……精使学園三年生。短髪。琉を恐喝していた。180cm、70kg。 梅木……精使学園三年生。長髪。武田の友達。175cm、65kg ★第4話から登場 土手(どて)……デートクラブ「るーしー」管理者。二十代の男。 葵(あおい)……「るーしー」メンバー。金髪の美少年。明るい性格。積極的。 雫(しずく)……「るーしー」メンバー。水色ヘアーの美少年。整形中。 ミチオ……「るーしー」メンバー。耳がピアスだらけの美少年。 高橋……「るーしー」の利用客。二十代のサラリーマン。 岡田……「るーしー」の利用客。太ったヲタク。 ★第7話から登場 古村 登……創作和食店「ひなた」の調理師兼ボディーガード。 高守 大輝(たかもり だいき)……琉の複数いる恋人の一人。コスメ会社社長。36歳。
    文字数 236,243 最終更新日 2021.9.20 登録日 2021.4.01
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 7
    噴水の天使と、セックスのオーバードース あらすじ/玲真(れいま)には深刻なオーバードースの問題があった。抗不安剤の依存症で入院中、製薬会社の営業、涼雅(りょうが)から薬を盗み捕まってしまう。玲真は彼を誘惑して再度薬を手に入れようとする。涼雅は玲真に惹かれ、身内に縁の薄い玲真の面倒を見たいと申し出る。 玲真は彼とセックスをしたいがためにドクターに、「早く元気になって退院したい。」とウソをつく。カウンセラーをつけてもらい、その宿題はやりたいことを10個書いて来ること。 やっと退院した玲真はリストにある10個を実行していく。元カレのフォトグラファー、誓也(せいや)と仕事をするのもその中のひとつ。玲真は身長が高く、会ったことのない母親譲りの美形。初めての仕事はファッションブランドのモデルだった。 玲真は涼雅の知り合いでモデルエージェントの博輝(ひろき)を紹介される。彼に、「君は日本人じゃないね。」と言われて玲真は本当の母親を捜そうと決心する。玲真と涼雅は母親の姉でタンゴ教室をしている伯母を見付け、密かに体験レッスンに参加する。伯母によると本当の母はアルゼンチンタンゴの世界チャンピョンでブエノスアイレスに住んでいる。そして玲真の本当の父親はかつて母のタンゴのパートナーだった。父や腹違いの弟まで血がつながってないことにショックを受ける玲真。 本当の母は来年選手権で日本に来るという。選手権の前日、伯母の教室ではイベントを開き初心者のデモンストレーションをする。涼雅は玲真と男ふたりのタンゴを披露し、それを本当の母に見せようようと計画。特訓が始まる。 いくつかモデルの仕事を経験したが、それに納得できない玲真は誓也に、「本当の俺を撮って欲しい。」と頼む。ふたりで作品創りをしている時、玲真は自分の望まれない生を思い出す。自殺願望に取り憑かれた玲真は涼雅の車から薬を盗みだし、ホテルの部屋で自殺を図るが、涼雅は玲真のケータイのGPSから彼を発見。 再び入院した玲真。涼雅は病院のリハビリルームで玲真にタンゴを教える。やっと退院した玲真は涼雅と住むことになり、症状も安定する。モデルの仕事にも積極的になる。 玲真は伯母からタンゴダンサーの父親の名を聞く。しかし彼は自分が父親だと認めていないらしい。涼雅と玲真は彼のタンゴ教室の体験レッスンに行く。玲真は彼をホテルに誘い、睡眠薬入りのビールを飲ませ、DNAサンプルを取ることに成功。彼はほんとの父親だった。 涼雅と玲真のタンゴデモンストレーションが終わる。玲真は初めて母と対面する。玲真は、もしタンゴを習ってなかったら、自分を置いてブエノスアイレスに飛び立った母の気持ちは分からなかった、と思う。玲真は母と一緒にタンゴを踊る。
    文字数 68,915 最終更新日 2018.4.22 登録日 2018.4.22
  • 3
    短編 完結 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    金色に回るカラオケミラーボール 主人公(男性)は精神に病を持っている。彼は健康な生活に向けて努力している。周りの家族、友人の大きな助けもある。しかし最近は、カラオケで自分の青春だった頃の曲を歌うと号泣してしまう。病気のせいで失われた青春が彼を泣かせる。元友人、今恋人になった彼氏とカラオケを歌って、暗い過去を思う気持ちを忘れていく。
    文字数 37,276 最終更新日 2021.4.28 登録日 2021.4.28
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    【BL】キスと勃起と俺と僕 BL創作サイトBLoveさんの第4回 BLove短編小説コンテストの応募作品です。 ⇒https://blove.jp/novel/212159 テーマは、「童貞○○責め」 キス責め。トラウマ責め。腹黒責め。褒め責め。よしよし責め、色々あり。 トラウマ持ちの童貞男性がカウンセラーの年下男性に受けに責められる話です。 ●あらすじ● 母親からの虐待により、勃起することができなくなった仙堂啓は、それが原因により別れた彼女から紹介されたカウンセラー鈴風樹のカウンセリングに通っていた。 ある日、元彼女から結婚するという報告を受けた啓は、ショックを受ける。 自分が心のどこかで彼女に期待をしていたと思い知る啓、そして、そんな彼を気に掛ける樹は、いきなり泣き出してしまう。
    文字数 13,970 最終更新日 2020.9.08 登録日 2020.9.08
  • 5
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 0
    白と黒 諸事情により彼女いない歴10年、そして30年間貞操を守り続けて来てしまった黒原は、合コンの人数合わせで呼ばれた白石と出会う。 カウンセラー×童貞会社員のBL小説です。 性的描写あり。苦手な方はUターンお願い致します。
    文字数 70,959 最終更新日 2021.12.08 登録日 2019.9.04
  • 6
    長編 完結 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    え、マジ?ヌードシーンがバンバン? リオは重症の買い物依存症。彼の親が保証人になっていたクレジットカードの返済ができず、17才の時、母親に家を叩き出される。親が払ったのは400万円。全てが高級ブランドの服やバッグや靴を買うために消えて行った。リオの母親はブラジル出身で、赤ちゃんの時から可愛かったリオは大人気モデルだった。しかし勉強は全然できず小学生の頃から落ちこぼれで、自他ともに認めるおバカだった。そんなリオは子供の時からブランドモノが大好きで、小学生でバッグはヴィトン。中学生の頃には全身ブランドモノに身を包んで学校に通っていた。しかしリオの人気は高校に入ってから下降線をたどる。それでも高級ブランド品好きはなおらず、母に叩き出されたあと、住むところも食べるモノもなかったのに、それでも買い物をするために、売春や愛人稼業に精を出し、食べるモノはスーパーやコンビニのゴミ箱をあさる日々だった。彼の身体は極限まで痩せ細っていた。リオは才雅(さいが)という精神科の看護師の目の前で卒倒して、彼のところに住まわせてもらうことになる。そして才雅とカウンセラーの先生の助けで買い物依存症を克服する努力を始める。テレビで拒食症で亡くなった若い男性のドキュメンタリーをつくることになり、主役にリオが選ばれる。久し振りの大役だったが、リオのモデルエージェンシーの新しい社長は、彼の買い物依存症が治るまで、リオの給料を凍結する。みんなのお陰でリオは買い物依存症から快復。リオは才雅を愛するようになる。その頃、拒食症のドキュメンタリーを観たリオの母親は、彼のために払った400万を取り戻すため、息子を必死に捜していた。リオは母に恐れおののき、ヌードシーンがバンバン出てくる映画への出演を100万円で承諾。映画のロケ地で遂に母親に捕まり、分割で支払うことになって母とも仲直りする。
    文字数 53,482 最終更新日 2017.12.22 登録日 2017.12.22