1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 卑屈受けの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 卑屈受け
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 34 24h.ポイント : 475
    疎遠になっていた性格正反対の難あり双子幼馴染×いじめられっ子体質な平凡受け 執着攻め/三角関係/幼馴染/受けが可哀想な目に遭いがち 美甘遠(みかもとおい) 受け。幼い頃から双子たちに玩具にされてきたため、双子が嫌い。でも逆らえないので渋々言うこと聞いてる。内弁慶。 慈光宋都(じこうさんと) 双子の弟。いい加減で大雑把で自己中で乱暴者。美甘のことは可愛がってるつもりだが雑。 慈光燕斗(じこうえんと) 双子の兄。優しくて穏やかだが性格が捩れてる。美甘に甘いようで甘くない。 他サイト掲載済み
    文字数 43,239 最終更新日 2022.6.24 登録日 2022.5.27
  • 2
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 218 24h.ポイント : 149
    溺愛攻め(2人)×卑屈受け  「えっと…彼らは…?」  「お前の義兄たちだ」  幼い頃から母と少しの使用人と共にひっそりと暮らしてきた少年、白虹(はっこう)。病弱な母の死を機に、疎遠であった父とその正妻、そして双子の義兄たちと暮らすことになる。 ***Attention!*** R18&攻めは二人です。 二人とも性格は違えど結局は溺愛のはずです。ぼんやりです。すみません…。 大好きだけど難しそうな二人攻めにチャレンジです。短編と言いつつ中編くらいになるのではないかな…と。完結までまったり更新がんばります☀ 拙文ですが楽しんでいただければ幸いです。(^^)
    文字数 25,223 最終更新日 2022.2.3 登録日 2021.9.9
  • 3
    短編 完結 R18
    お気に入り : 38 24h.ポイント : 85
    爽やか人気者の美形DV癖兄×兄のことが嫌いな劣等感マシマシ卑屈引き篭もり根暗弟
    文字数 8,755 最終更新日 2022.5.10 登録日 2022.5.10
  • 4
    長編 完結 R18
    お気に入り : 140 24h.ポイント : 28
    優秀で美しいヤンデレα×目を合わせるのが苦手な卑屈Ω。 目を合わせるのが苦手なΩの光は毎日やってくる優秀で美しいαの甲賀になぜか執着されている。自分には大した魅力もないのになぜ自分なのか?その理由もわからないまま、彼に誘われて断ることもできず家へ行ってしまう…。 ---目を合わせたら全ては終わり。そこは奈落の底。 過激な表現や嘔吐シーンありますのでご注意ください。
    文字数 15,046 最終更新日 2020.5.7 登録日 2020.5.3
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 118 24h.ポイント : 21
    持ち主の魔力を増幅する不思議な腕輪の力で多くの魔物を魅了し魔界を統べたクソザコ淫魔のシュトリ。 ある日腕輪にひびが入っているのに気付いてしまい「腕輪が壊れたら魅了が解ける→殺される」という名推理を発揮した彼は一縷の望みにすがって人間界へ逃避するのであった。 ※♡喘ぎあり ※他サイトにも投稿しています
    文字数 39,238 最終更新日 2020.9.27 登録日 2020.9.8
  • 6
    短編 完結 R18
    お気に入り : 47 24h.ポイント : 14
    小綺麗な顔くらいしか取り柄がないと思っている瑛士は恋人が出来ず、体だけの割りきった関係しか築けない日々を過ごしていた。 小さなニュースをきっかけに意識に変化が生まれ、出会いによって背中を押された瑛士は結婚願望を持つようになる。 ※淫語要素があります ※同性婚が可能になった現代ものです ※微妙な女装的要素(下着程度)・お尻や耳舐め要素がおまけにあります(本編にはなし) ※他サイトにも投稿しています
    文字数 16,891 最終更新日 2021.1.15 登録日 2020.12.20
  • 7
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    迷える子羊少年と自称王様少年 「その素晴らしい力オレの側にふさわしい、オレの家来になれ!」 「いや絶対嫌だから!」 的なやり取りから始まる 超能力が存在するSF(すこしふしぎ)な世界で普通になりたいと願う平凡志望の卑屈少年と 自分大好き唯我独尊王様気質の美少年との 出会いから始まるボーイミーツボーイ的な青春BL小説になってればいいなって思って書きました。 この作品は後々そういう関係になっていくのを前提として書いてはいますが、なんというかブロマンス?的な少年達の青春ものみたいなノリで読んで頂けるとありがたいです。
    文字数 143,725 最終更新日 2022.6.14 登録日 2022.3.13