1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 触手姦の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 触手姦
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 615 24h.ポイント : 1,199
    あるバーの2階の寝室。許可されたモノだけが使えるその部屋からは今日も喘ぎ声が聴こえてくる。 ♡喘ぎ/亀頭責め/尿道責め/潮吹き/機械姦/触手/媚薬/結腸責めetc. 短編連作式。 不定期に、寝室に泊まる人々の営みを投稿していきます。 基本的には愛ある攻めばかり。
    文字数 8,275 最終更新日 2020.5.07 登録日 2020.5.06
  • 2
    短編 完結 R18
    お気に入り : 189 24h.ポイント : 702
    魔物のお嫁さん 美人系触手魔物(人型)×腹筋シックスパック割れな逞しい冒険者のファンタジーエロ。 金髪美人攻め。やや粗暴筋肉受け。♡喘ぎ、濁点喘ぎ、尿道責め、乳首責め等…逞しい男が美人お兄さん(魔物)に好き勝手されてメス堕ち甘々えっちするお話です。 ※作中で魔物さんが受けちゃんのことを「可愛い」と称しますが、間違っても『可憐』という意味ではないです。 長編小説を書いていて行き詰まり、息抜きの為に自分の欲望をただただぶち込んで己の性癖のままに書きました。 息抜きで書きましたが、ちゃんと真面目に書きました。ただ頭は使ってませんので設定はふあっふあです。 エロ重視、というより理不尽にえっちな目に遭う男性が書きたかった次第です。エロが書きたかったんです。欲望に正直に書きました!(一応ハッピーエンドのつもりです)
    文字数 26,653 最終更新日 2021.10.19 登録日 2021.10.16
  • 3
    短編 完結 R18
    お気に入り : 119 24h.ポイント : 163
    触手になった弟×DVガチムチ兄 ※ホラー風味 ある朝、僕は目が覚めると触手になっていた。混乱する僕だったが、おぞましい姿を見た兄の恐怖におののく姿に全身が総毛立った。暴力で支配するあの兄が僕を恐れているのだ。今度は僕が兄を支配する番だ――。 弟×兄/触手/潮吹き/亀頭責め/尿道責め/結腸責め/出産/
    文字数 30,159 最終更新日 2020.6.13 登録日 2020.6.13
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 56
    ごみ置き場で変な植物の生えた鉢植えを拾った ペットを欲しかった 団地に住む少年が謎の植物の 植えられた鉢を拾い いつしか会話をするようになった その植物の子孫繁栄を 身体で手伝うお話 ※触手注意 ※男の子が その植物の種を お腹に孕まします
    文字数 8,050 最終更新日 2021.3.18 登録日 2021.2.08
  • 5
    短編 完結 R18
    お気に入り : 26 24h.ポイント : 49
    戦場で利き腕を無くし、脚も歩くのが精一杯な僕は第二の人生として“魔物牧場”で魔物の世話をすることを決意する。 魔物の繁殖から子育てに携わることになるが… 触手×青年 ※こちらの作品はpixivでも公開しております。
    文字数 5,271 最終更新日 2021.6.05 登録日 2021.6.04
  • 6
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 33 24h.ポイント : 42
    賢者になるためにはその門の試練に耐え抜く必要があった。 一族の悲願のため門に挑戦する魔導師の話。 魔物(複数)×魔導師 ※こちらの作品はpixivでも公開中です。
    文字数 3,552 最終更新日 2021.5.19 登録日 2021.5.19
  • 7
    長編 完結 R18
    お気に入り : 39 24h.ポイント : 28
    傭兵×美少年 出会うはずのなかった二人が出会い動き出す物語。 ※二分の一の世界と最終的にリンクしますが、どちらも単品で読めます
    文字数 199,498 最終更新日 2021.8.18 登録日 2021.7.11
  • 8
    短編 完結 R18
    お気に入り : 126 24h.ポイント : 21
    勇者だけど今触手に捕まっている しかも近くに男が優雅に昼寝してるんだが、もしかしてあれって……? お金に目がくらみ世界を救う気もないクズ勇者が触手に捕まりあれこれされた挙げ句、 魔王にも好き勝手されるだけのお話です。 以前他サイトで掲載していたお話を加筆修正しています
    文字数 13,211 最終更新日 2019.12.21 登録日 2019.12.18
  • 9
    短編 完結 R18
    お気に入り : 56 24h.ポイント : 14
    魔物を殺しすぎて、罰を受けることになった元勇者様。 魔物の雌として魔物の子を産むことに。 たくさんの魔物に犯されて、雌の悦びに目覚めてしまい…。 触手×元勇者がメインの孕み男子。 ーーー 『勇者を追った俺は、獣の雌になりました。』 尊敬する勇者を追って魔物のいる地に訪れたそこは、もう全てが狂っていた。 絶望の中、魔物の王に言われた言葉は。 獣(キメラ)×青年 ※元勇者も出てきますが、相手は不特定多数です。 ーーー 『癒し手の僕は、精霊たちの小鳥です。』 魔物に襲われたところを妖精たちに助けられた歌を唄う癒し手は精霊と妖精の領地に迷い込む。 妖精たちを信じて進むが…。 精霊(複数)×少年 ※グロ注意 ーーー こちらの作品はpixiv様、ムーンライトノベルズ様でも公開中です。
    文字数 12,703 最終更新日 2021.5.16 登録日 2021.5.16
  • 10
    短編 完結 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    ボクは人里離れた地に別荘を購入した。隠されるようにあった地下へと降りていったボクを照らす淡い光と、耳に障る奇妙で淫靡な声。 不動産屋からの連絡で一旦は地下を出るも、会話の中で別荘の何気ない歴史が語られていく。 今から100年ほど前、劣等種オメガに対する差別がまだ色濃く残っていた時代の話。ささやかなご先祖様の英雄タンを聞き終えたボクは、改めて地下に残された水晶を見に行った。 球面に映るのは乱れるボクの姿。聞こえるのは、ボクの悩ましい声と見覚えのない男の快楽へといざなう言葉。 劣等種に良いように扱われることへ不快感はあったけど、そこを耐えて解決策を考えることにした。ボクの奪われた精神のために・・・。
    文字数 9,887 最終更新日 2020.10.29 登録日 2020.10.22