1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 立場逆転の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 立場逆転
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 112 24h.ポイント : 198
    営業2課の恥!枕営業でも何でもして契約取ってこい!と怒られる日々に嫌気がさしたので、ガチで枕営業で営業成績1位を目指します。 一ノ瀬リョウは華やかな生活と給料アップを夢みてシステムエンジニアから営業職に転職。しかし、配属された課は実力主義の超体育会系部署だった。営業成績1位の齋藤は高級車を乗り回し夜な夜な派手な生活を嗜むが、契約のとれない一ノ瀬には最低賃金しか払われず、生活と奨学金、さらには借金を返すだけで精一杯。ろくな引き継ぎもなく業務未経験の一ノ瀬に契約が取れるはずもなく、上司や他の社員からもバカにされ遂には枕営業をしろと嘲笑される日々。堪忍袋の緒が切れた一ノ瀬は、前職の知識を活用し、ゲイの金持ち男を調べあげ単身枕営業に踏み込んでいく。
    文字数 85,485 最終更新日 2021.9.10 登録日 2021.1.26
  • 2
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 7
    遣らずの十六夜 【ざっくり内容紹介】 合コン会場で出会った二人の馴れ初め的なSS。年下大学生×疲れて心が荒んだ会社員。ちょっとだけエッチ。 【詳細なあらすじ】  仕事ばかりで彼氏を作る場合じゃなかった大輔にもそれなりの余裕が出てきた。SNSをふと見ていたら、こっち向けの合コン開催の広告に目がいく。大輔は興味本位で参加する事にした。  しかし、会場は安い大衆居酒屋。身内ばかりで騒がしいし、イライラする。テーブルの向こう側にタイプの子が居たが、おっさんにガッチリと囲まれ、声をかけにくかったし、なんか面倒だった。大輔は開き直って、会費の元を取る為にビールを呑みまくり、飯もガッツリ食べた。そして、合コンはお開きになり、大輔は足早に帰る事にした。  大輔がスクランブル交差点で信号待ちをしていたら、後ろから声をかけられる。大輔が面倒くさそうに後ろを振り返ると……。
    文字数 4,087 最終更新日 2021.9.20 登録日 2021.9.20
  • 3
    短編 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    R18短編。29歳教師(平凡童貞)×高校生(美形誘い受け)。 最初は受けが主導権を握っていて、途中で立場逆転する系。 【あらすじ】 「じゃあ、先生は来年には魔法使いになるんですね」  来年で30歳になると伝えた次に、美少年で真面目なクラス委員長・雪本にそう言われ、担任教師・綿部は耳を疑う。  その『魔法使い』は、所謂『30歳を過ぎても童貞』を指す言葉だ。  俺は童貞じゃない!と嘘をついた綿部に、雪本は「では、試してみていいですか?」と、突然キスをしてきて……?  先生×生徒です。明るめの短編(6部編成)。
    文字数 10,325 最終更新日 2021.6.06 登録日 2021.6.05
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 0
    ボクは人里離れた地に別荘を購入した。隠されるようにあった地下へと降りていったボクを照らす淡い光と、耳に障る奇妙で淫靡な声。 不動産屋からの連絡で一旦は地下を出るも、会話の中で別荘の何気ない歴史が語られていく。 今から100年ほど前、劣等種オメガに対する差別がまだ色濃く残っていた時代の話。ささやかなご先祖様の英雄タンを聞き終えたボクは、改めて地下に残された水晶を見に行った。 球面に映るのは乱れるボクの姿。聞こえるのは、ボクの悩ましい声と見覚えのない男の快楽へといざなう言葉。 劣等種に良いように扱われることへ不快感はあったけど、そこを耐えて解決策を考えることにした。ボクの奪われた精神のために・・・。
    文字数 9,887 最終更新日 2020.10.29 登録日 2020.10.22