1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 第3王子の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 第3王子
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 2,530 24h.ポイント : 411
    人違いです。 [攻]敵国の賢王×[受]忠義の騎士 *基本総愛されです  長年険悪な状態が続いている我らがフィオーレ王国と隣国のヘイデル王国。両国は、この度長引く戦いに1度終止符を打つべく停戦協定を結ぶこととなった。  そして、国力的にも、戦況的にも不利な状況にあったフィオーレ王国は、ヘイデル王国の要求に応じ、第3王子を向こうの第1王子の側妃候補として(一応は留学という名目だが、実質人質のようなものだ)、送り出すこととなる。当然、第3王子付きの護衛騎士であった俺も、ともにヘイデル王国に向かわねばならず。 「――――セレネ?」  どうやら俺は、ヘイデル国王陛下がかつて最も気に入っていたという騎士に、顔がそっくりであるらしい。 王城編終了。 学園編終了。 本国編、始動。 表紙絵:萩森じあ様(@jirujiaru826)に有償にて描いて頂きました。本当にありがとうございます。 ※話数の横に(※)がついているものは、キス以上の性的表現が含まれています。ご注意ください。 ※女性キャラも主要人物として普通に登場します。苦手な方は申し訳ございません。 ※Twitterの方で、本編の軽い伏線や本編には登場しないちょい設定などを不定期更新していきます。キャラ同士の関係性についての設定など、リクエストなども受け付けておりますので、良ければフォローお願いいたします。 ※この物語には、違法行為、残酷な表現、性的な表現が数多く含まれますが、そのような行為を推進、助長するような意図は一切ございません。
    文字数 547,566 最終更新日 2022.1.23 登録日 2021.1.14
  • 2
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 111 24h.ポイント : 134
    ☆全3話  僕の双子の妹は、病弱な第3王子サーシュ殿下の婚約者。 でも、病でいつ儚くなってしまうかわからないサーシュ殿下よりも、未だ婚約者の居ない、健康体のサーシュ殿下の双子の兄である第2王子殿下の方が好きだと言って、今回もお見舞いに行かず、第2王子殿下のファンクラブに入っている。 妹の身代わりとして城内の殿下の部屋へ向かうのも、あと数ヶ月。 けれど、向かった先で殿下は言った。 「…………今日は、君の全てを暴きたい。 まずは…そうだな。君の本当の名前を教えて。 〜中略〜 ねぇ、君は誰?」 僕が本当は男の子だということを、殿下はとっくに気付いていたのだった。
    文字数 4,282 最終更新日 2022.4.23 登録日 2022.4.23
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 22 24h.ポイント : 71
    第3王子バヤールの婚礼の日。彼の少年姫だったレナは城を去った。だが、故郷は彼を受け入れてはくれなかった。 そんな彼を、護衛騎士のジルはほっとけず、自宅へと連れて帰る。やがて、2人の関係が変わってきた。
    文字数 2,597 最終更新日 2022.4.27 登録日 2022.4.27
  • 4
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 167 24h.ポイント : 35
    天使を見た・・・ そう思った第3王子殿下はその天使をそばに置きたくなった。 誰にも見せたくない。閉じ込めるか? どんどんこじらせていく殿下が更生(?)していく話。 「BLゲームに転生したオレは鬼畜王子から逃げ出したい」のスピンオフ『殿下』から見たお話しです。 安定のゆるゆる設定です。
    文字数 538 最終更新日 2020.12.4 登録日 2020.12.4
  • 5
    短編 完結 なし
    お気に入り : 63 24h.ポイント : 0
    オーロラ魔法士と第3王子 全16話 ※2月18日に完結しました。ありがとうございました。 辺境伯爵家次男のリーシュ・ギデオン(16)が、突然第3王子のラファド・ミファエル(18)の専属魔法士に任命された。 「なんで、僕?」 一人狼第3王子×黒髪美人魔法士 設定はふんわりです。 小説を書くのは初めてなので、何卒ご容赦ください。 嫌な人が出てこない、ふわふわハッピーエンドを書きたくて始めました。 感想聞かせていただけると大変嬉しいです。
    文字数 23,926 最終更新日 2022.2.18 登録日 2022.2.14
  • 6
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 0
    勇者召喚の儀を見ることになったノッテは昔からこの世界に違和感を持っていた。 そんな時、魔王討伐のために召喚された勇者の言葉を皆が理解できない中、唯一理解できたノッテに教育係と言う面倒な仕事が回ってくる。 だが、年下のコノハの教育をしていくうちに、ノッテにある感情が芽生えてしまう。 前世を思い出せない第3王子とツンデレ?勇者のお話です。 勇者×王子 全年齢対象です
    文字数 6,689 最終更新日 2020.3.16 登録日 2019.12.21