1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 魔法使いの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 魔法使い
R指定 R指定なし R15 R18
  • 151
    短編 完結 R15
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    魔法使いは春に死ぬ 去年の春、僕は罪をおかした。 一年間通い続けたパン屋に、もう行かないと決めていた日。 春の嵐が街にくる。 魔法使いの末裔の僕と、パン屋の青年の間に起こったこと。 全10話。一万字ちょっとです。
    文字数 13,257 最終更新日 2020.4.5 登録日 2020.4.5
  • 152
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 22 24h.ポイント : 0
    魔王を倒すという勇者一行に同行していた魔法使い… なぜか魔王と勇者に求婚されて…。 ちょっと待って!!会話したことないですし、初対面ですよね!? そして私は……。 魔法使いは.........だった。 魔王様と勇者様はそれでもいいんですか!? 魔法使いが魔王と勇者に求婚させられる話。 一人称・二人称  魔法使い(主人公)=私  魔王=俺・お前  勇者=僕・君  勇者一行の仲間たちはどこ行ったんでしょうかね。  自分でも分かりませんw  魔王城のどこかに閉じ込められてたり、しなかったり… あと上の方で「魔法使いは…」って書いてるけど普通に男っていうことだけなんですよねw BLなんだからそりゃそうだわって話ですねwww
    文字数 3,844 最終更新日 2020.3.25 登録日 2020.3.24
  • 153
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 38 24h.ポイント : 0
    この世でいちばん美しい魔法使い 「森には昔から、迷い込んだ人を食べてしまう《この世でいちばん美しい魔法使い》が住んでいる――」 主君を亡くした騎士と、その人の愛する者の姿に見える呪いをかけられた《世界で一番美しい》魔法使いの話。おとぎ話はいつも「めでたしめでたし」で終わります。 (元騎士人間×長命魔法使い)
    文字数 23,401 最終更新日 2020.3.27 登録日 2020.2.16
  • 154
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    茨に囲まれた城がある。 ひっそりと佇む、かつての白亜の城は深い呪いが掛かっていた―――。 百年の眠り。 城には使用人や王やお后、そして王女ミア。 その全てが時を止められ眠りに落ちていた。 恐ろしい魔女、アメリアの呪いである。 王女に嫉妬した魔女は、城ごと呪いを掛けたのだ。 呪いを解くには『王子様のキス』……それだけである。 そんな呪われた城に一人の青年。 魔法使い、ノア。 自らも掛けられた呪いの影響で歳を取らず、ずっとこの城で眠り続ける者達の世話を一人でしてきたのだ。 ―――いばら姫と魔女と魔法使い、そして王子。 彼らの時計が、百年の時を超えて動き出す。
    文字数 6,229 最終更新日 2019.12.30 登録日 2019.12.30
  • 155
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    占いで生計を立てる青年、アルフレッドは国から魔女(魔法使い)と疑われ、追放と言う名の処刑を言い渡されていた。いざ火あぶり、の瞬間、何者かの手引きによって逃げ出す。隣国との境の森で、アルフレッドは助けた人物、サファイアに出会った。 電子書籍、電子書籍雑誌たんぺん 第3号 に掲載した『魔女狩り』の転載です。春のJ gardenにてこれの完全版を同人誌にする予定です。完全版はR18になる予定ですので、ご注意下さい。
    文字数 4,067 最終更新日 2019.10.8 登録日 2019.10.8
  • 156
    短編 完結 なし
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    僕は野川 隼人。高校二年生だ。 よくある異世界トリップに巻き込まれ、勇者として召還された。 可愛い女の子達に囲まれるのではなく、魔法使いと僧侶のムキムキなおじさん二人と一緒に僕は旅をしていたのに。 なぜ誘拐されてしまったんだ。 第二話です。
    文字数 1,940 最終更新日 2019.7.16 登録日 2019.7.16
  • 157
    短編 完結 なし
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    僕は野川 隼人。高校二年生だ。 よくある異世界トリップに巻き込まれ、勇者として召還された。 チート能力を使い、可愛い女の子達に囲まれながら魔王を退治しに行く――のではなく、魔法使いと僧侶のムキムキなおじさん二人と一緒に僕は旅をした。 いずれ続きを書くならBLになりそうなので、このジャンルにしています。
    文字数 1,851 最終更新日 2019.7.14 登録日 2019.7.14
  • 158
    短編 完結 R15
    お気に入り : 294 24h.ポイント : 0
    第二王子と婚姻せよ。 はい? 自分、末端貴族の冴えない魔法使いですが? しかも、男なんですが? BL初挑戦! ヌルイです。 王子目線追加しました。 沢山の方に読んでいただき、感謝します!! 6月3日、BL部門日間1位になりました。 ありがとうございます!!!
    文字数 7,900 最終更新日 2019.6.3 登録日 2019.5.30
  • 159
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    昔々、貧しい村が沢山集まった集落があった。 そこでは病が流行っていた。その病はとても恐ろしく、患ってしまえば生き残るのは難しいとされていた。徐々に体を蝕み最後には体が腐ってゆくという病だった。 誰もが絶望している中、一人の青年が現れた。 彼はとても美しい外見をしており、その美しい笑みを携えて村人にこう言った。 「その病を治す薬を貴方達に渡そう。」 村人は歓喜し、青年を讃え、彼をこう呼んだ。 『魔法使い』と。 だが、ある日一人の村人が長年の病流行の末に来た魔法使いに安心し、大事を犯してしまった。村人は怯え、全てを魔法使いに擦り付けた。 「あいつは偽物の薬を売っている。」と。 これがこの国の真実。 決して公にはされていない、一部しか知らない真実。 そしてその魔法使いが僕の父だ。 その後どうなったかって?もちろん僕と父は逃げたさ。本当にどうしようも無いよ。人間って奴はね。あぁでも、この後僕と父はどうなったか言ってなかったね。その後僕達は........。 初めまして!あいかです! 初めて小説を書くので、拙く、汚い点もありますが、御容赦下さい........。 文章力も無ければ語彙力もありません...。すいません........。それでも宜しければ読んで頂けると有難いです。。。
    文字数 2,257 最終更新日 2019.5.28 登録日 2019.5.27
  • 160
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 62 24h.ポイント : 0
    トースト 私は魔法使い。魔法使いは童貞を失うと、その力を失ってしまう。人並みの幸せすら望めず、普段は文官として働き、戦いが起これば前線へと連れて行かれる。私はおそらく、魔法使いであることに疲れていたのだろう。ある日、子どもを拾った。汚れ穢され、私よりも惨めな子どもを。 子どもを溺愛するも、成長した子ども(攻)には塩対応の魔法使い(受)という、そこまでの日常をぐだぐだ書き連ねる、もだもだ系ハッピーエンドです。
    文字数 14,675 最終更新日 2019.4.11 登録日 2019.4.8
  • 161
    長編 完結 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    魔法をかけて -2人の見習い魔法使い- 魔法学園に通うソーサラー科のレニーとミスティック科のノア。 戦闘能力は高いと自負する一匹狼のレニーと戦闘能力は無くいじめられっこのノアがタッグを組み、進級試験の旅に出る。 魔女狩り、魔女裁判が盛んな時代。 生死をかけた闘いがはじまる。 【BL要素あり】【一部グロあり】
    文字数 38,301 最終更新日 2019.2.19 登録日 2019.2.15
  • 162
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 0
    だいたい一方通行の片想いBL。なかなか進まない幼馴染み同士の恋の話 「傍にいれるなら、俺は幼馴染みのままでいたい。あいつから離れるのなんて、無理だ」 幼馴染み非魔法士な相棒 × 国家魔法士史上最年少魔法士 魔法使いが国家魔法士として、国の認定が必要な世界でなかなか進まない二人の話。 この二人に好意を寄せるその他登場人物など、大体一方通行の片想いBL。 エロは無いです。 片想いの連鎖が好きなんだから仕方ない。
    文字数 26,764 最終更新日 2021.11.7 登録日 2018.10.3
  • 163
    短編 完結 R18
    お気に入り : 52 24h.ポイント : 0
    華散るその時まで 魔法使い×人狼 ~登場人物~ ○ラルフ・オルロ ・受け(主人公) ・人狼の父親と人間の母親とのハーフ ・見た目20代前半(実年齢は50越え) ・髪:黒 ・眼:金 ・肌:褐色 ○ウィリアム・E(エドワード)・クロフォード ・攻め ・白銀の魔法使い ・見た目30代半ば(実際は400才越えだが、その辺りから数えるのを止めた) ・髪:銀 ・眼:灰 ・肌:白 ※BLove様でも掲載済みの作品です。 ※表紙絵は友人様からです(最終ページに掲載)。 ※感想、質問大歓迎です!!
    文字数 31,069 最終更新日 2021.3.15 登録日 2021.1.31
  • 164
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 0
    初作品です! どうすればいいのかさっぱりですw とりあえず甘々にしたい! 微シリアスにしようかな 前置きはここまで! 内容は↓↓ 全てが平均な主人公の直也(仮) 性格はとっても優しい 直也は突然異世界の学校に行くハメになる 学校では魔法使いが居るのは当たり前!? しかも担任の先生がめっちゃカッコイイ! イケメンで優しい先生を慕う直也 しかしイケメン先生には裏の顔と悲しい過去が。 そしてイケメン先生からの告白 優しいと思ってた先生はドSだよー! 皆さんが楽しめるように作品を完成させたいです! 今宵、禁断のパーティーへ誘いましょう。
    文字数 10,951 最終更新日 2017.7.8 登録日 2017.6.18
  • 165
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    荊棘王の備忘録 《魔法》と《科学》。 二つの概念の存在する世界。   “魔法が不得手な魔法使い”レイヴンは自分の特異体質を克服する為の旅の途中、奴隷商人から一人の少年を救い出す。 ─── その少年には“秘密”があった。
    文字数 8,717 最終更新日 2017.4.16 登録日 2017.3.26
  • 166
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    優輝は、真っ裸にターバン姿の男と、仲良く(?)食事をすることに。 BL要素のある、ちょっぴりコミカルタッチな二人です。
    文字数 3,494 最終更新日 2016.9.16 登録日 2016.9.15
  • 167
    短編 完結 R15
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    僕は帰宅途中に、タヌキのような生き物と出会った。その場の流れで、うちに招いてお茶とお菓子を振舞ったのだが、それに気を良くしたタヌキ君(勝手に名付けた、僕の中だけの呼び名)に「願い事ひとつ叶えてやる!」と言われた。タヌキ君はどうやら偉大な魔法使い――っぽい。僕の願い事は「あいつになってみたい!」だった。校内の人気者であるあいつが、毎度毎度、僕をからかってくる理由を知りたかったから。そんなこんなの、僕とタヌキ君とあいつの話。
    文字数 6,769 最終更新日 2016.9.4 登録日 2016.9.4
  • 168
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 0
    紋章という名の物語 黒髪黒瞳しか持ち得ない人間たちは魔法を使う金髪碧眼の魔法使いのことを恐れながらも、どこか憧れを抱き、こんな話を語り継いでいた――――今からおよそ20年ほど前、突然、『黒い』髪に『蒼い』瞳を持つ男が魔法使いの国、ナサニエルに現れた。その姿は魔法使いでもなく、人間でもありえない、異形の者の姿。黒髪碧眼を持つ男の魔力はすざまじく、ナサニエル国王を瞬殺すると、ナサニエル国王ただひとりが継承するはずの『王の紋章』を継承し、こう笑ったと言う。「我こそが、『魔王』」魔法使いたちは、魔王による恐怖支配を覚悟したが、何故か魔王はその言葉を残し、忽然と姿を消してしまった。ナサニエルの国王ただひとりが継承する『王の紋章』を誰にも継承せずに。それは「誰にも王の座は渡さない」という、魔王の固執した狂気。膨大な魔力でナサニエルを支えるはずの『王の紋章』を持つ国王がいなくなった今。ナサニエルは絶望の危機に瀕(ひん)し、魔王の再来を待ちわびていると言う。たとえ、魔王による恐怖支配が待ち構えているにしても――――待て。こう聞くとシリアスだが、真実を知ればコメディーじゃないか。突然『王の紋章』を継承してしまった人間、オルランド・サルヴァトールは、人間に戻るため『迷える森』の神殿へと目指すが……腹黒王子×ツンデレ王(自覚なし)官能要素高めですので苦手な方はご注意下さい。
    文字数 129,941 最終更新日 2016.6.9 登録日 2016.4.20
  • 169
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    世界を渡り歩くことができる魔法使いガーディ・スティングレイ。いくつかの世界を渡り歩く中、銀河系にある惑星『地球』を旅をしていた、この世界で得た知識を有効活用し、また新たな世界で自由気ままな旅をする。次に辿り着いた世界『アルムドゥスキア』、この世界も魔法という概念が一般的ではない世界。その世界で彼は様々な人と出会い、さらなる成長を遂げる。彼の持つ魔法で、旅を共にする元騎士団長という仲間を見つけるが、思わぬ失敗で……。
    文字数 4,155 最終更新日 2016.2.15 登録日 2016.2.15